韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年10月26日02時46分 水曜日 【レポ】ASTRO(アストロ)日本初お披露目!『ASTRO THE 1ST SEASON SHOWCASE IN TOKYO 2016』 at 渋谷TSUTAYA O-EAST(1/2)

20161014_astro_01

次世代ボーイズグループとして大注目の6人組「ASTRO(アストロ)」の日本初となるショーケースが10月14日(金)東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで開催された。

【レポ】ASTRO(アストロ)日本初お披露目!『ASTRO THE 1ST SEASON SHOWCASE IN TOKYO 2016』 at 渋谷TSUTAYA O-EAST(1/2)

チケットは即完売、急遽追加公演が行われたというだけあって、会場を埋め尽くす熱烈なファンからは、紹介VTRですでにかなりの歓声が。幕が一気に落とされると、いよいよ6人が登場!さらわれてしまいそうな歓声の波が起こり、会場はすぐさま興奮状態に。

20161014_astro_02デビュー曲の『Hide&Seek(숨바꼭질)』が始まると、会場からは6人の歌声に負けないほどの掛け声と歓声が。すぐに2曲目の『Puss in Boots(장화 신은 고양이)』が始まり、愛嬌たっぷりのパフォーマンスを見せる6人。あまりの可愛さに6人の一挙手一投足にまで悲鳴にも似た歓声が起こる中、最初の挨拶へ。
「こんにちは~!!Wanna be your star!みなさんアストロです!」と言ったところで、MCの古家正亨が登場。
続いて、ラップとダンスを担当している“頼れる男”ラッキー、リーダーで“SLOWなラッパー”ジンジン、ボーカルとモーニングコール担当のウヌ、ボーカルとダンス担当で東方神起の『風船』のMVに出演、子役としても活躍していたムンビン、みんなの“ハッピーウイルス”MJ、ボーカル担当で最年少16歳のサナの順に自己紹介。

日本に来る前は初来日なので、とても心配して一生懸命練習したという6人。
会場の熱気と先ほどのパフォーマンスですでに汗びっしょりになってしまったので、「僕たちは“タム(땀:汗)ストロ”です。」とムンビンが愛嬌たっぷりに答え、こんなに熱い声援を受けるとは予想していなかったというウヌからは「日本のみなさん愛してるよ~♡」という甘い言葉も飛び出した。

20161014_astro_03そして最初のコーナー“これはオレがNo.1”がスタート。メンバーの中で自分がNo.1だと思うことをそれぞれが発表、本当かどうか実際に確認していくことに。
トップバッターのラッキーは代表クラスの実力だという“テコンドー”で、ペットボトルを足蹴りで飛ばすという見事な技を披露。
続くサナは“炭酸飲料を早く飲める”ということで、ジンジン、MJと競争。見事1番に飲み終え、「イェーイ!やったー!」と大喜び。
そして、“食べ物を飛ばして口に入れる”ことがNo.1だというMJはマシュマロキャッチに挑戦。巨大なマシュマロに悪戦苦闘し、最後は手を使って無理やりキャッチ。ジンジンも挑戦し、成功となったため、No.2となったMJは、罰ゲームのセクシーダンスで会場を沸かせた。
そして、時間の関係でこのコーナーはここまで。残りのメンバーは2部での発表ということになった。

再び歌のステージとなると、『풋사랑(Innocent love)』『성장통(Growing Pains)』の2曲を披露し、聞かせるバラードで歌唱力も証明した。そして続いては特別に準備したという嵐の『果てない空』を歌い、会場からも手拍子や一緒に歌う歌声が聞こえてきた。

(つづく)→次頁