韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2020年11月19日22時16分 木曜日 “あの日を記憶する すべての人に捧げる物語”映画『君の誕生日』、キャラクターコメンタリー映像が到着!

来週11月27日に公開される韓国映画『君の誕生日』。
喪失感を抱えながら生きる父と母、そして娘――3人のキャラクターを紹介する特別映像と、前を向いて生きていく父と母を収めた場面写真1点が到着しました。

2000年の『ペパーミント・キャンディー』で新人俳優賞を総なめにし、2002年の『オアシス』、そして2003年の『公共の敵』でも数多くの主演男優賞を受賞、近年もアルツハイマーの連続殺人鬼を演じた『殺人者の記憶法』や、『1987、ある闘いの真実』での民主運動家役が記憶に新しいソル・ギョング。
そして、2007年の『シークレット・サンシャイン』でカンヌ国際映画祭の主演女優賞を獲得し、2010年の『ハウスメイド』がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、“カンヌの女王”と称されるチョン・ドヨン。
韓国映画界を代表するトップ俳優二人が2001年の『私にも妻がいたらいいのに』以来、18年ぶりの共演を果たしたことで大きな話題を呼んだ本作。大事な子供を亡くした喪失感と、切ない愛を抱きながら生きる遺族の姿を名優にふさわしい渾身の演技と真心で熱演しています。

更には『シークレット・サンシャイン』『オアシス』『バーニング劇場版』などで世界の映画界を魅了する巨匠イ・チャンドン監督のもとで経験を積んだ新鋭イ・ジョンオン監督が本作で長編デビューを飾ります。監督自身がボランティア活動を通じ、長い期間遺族と接する中で生まれた本作は、韓国全土が悲しみに包まれた2014年4月16日、修学旅行中の高校生ら300人以上が犠牲となったセウォル号沈没事故を初めて正面から取り上げた作品となります。亡くなった息子の、近づいてくる誕生日を軸に、共に記憶し、悲しみを分かち合うことがどれだけ生きていく上での励みになるか、忘れられない傷を持つすべての人々に寄り添う、温かな感動作として仕上がりました。

今回解禁となった特別映像には、まず事故で兄を失った妹イェソルを演じた子役キム・ボミンについての紹介が収められており、共演したチョン・ドヨンとソル・ギョングから「こちらも自然な感情が生まれた」「感じるがままに反応するのでウソがない」と称賛を惜しみません。2010年生まれながら、2016年にはドラマ「凍える華」でKBS演技大賞男女青少年演技賞の候補にも上がった天性の演技力は本作でも遺憾なく発揮されています。

続いて、海外勤務のために息子がこの世を去った日にそばに居られなかったこと、そして家族を支えられなかったことに罪悪感を抱えている父ジョンイルを演じたソル・ギョングが、自身の演じた役柄について「抑えた演技をするはずが、演じていると胸がいっぱいになり抑えられませんでした。」と振り返る一方、監督のイ・ジョンオンは深い苦しみや悲しみを抱え込み一切表に出さないキャラクターと説明しています。

最後に息子を失った深い悲しみから抜け出せない母スンナムについて、チョン・ドヨン自身が「感情移入しすぎて客観的に見られなくなるのが怖かった」と振り返るとおりの熱演を披露。一度は出演オファーを辞退したものの、イ・ジョンオン監督がボランティアや遺族に向き合い、リサーチやインタビューを重ねて書き上げたシナリオの力強さに出演を決意したと語る本作への没入度が、短い映像ながら伝わります。

『君の誕生日』
<あらすじ>
2014年4月16日…この世を先に去った息子スホへの恋しさを抱きながら生きるジョンイル(ソル・ギョング)とスンナム(チョン・ドヨン)。やがて1年にたった1日だけのスホの誕生日が近づいてくる。母スンナムは主役不在の誕生日は息子がいない現実を認めるようで怖くてたまらない。一方、ある事情により息子が亡くなった日に父親としての役目を果たせなかった父ジョンイルは、家族に対して罪悪感を抱えたまま、あの日から2年後に韓国に戻ってくる。彼にとってすべてが見慣れない現実の中、家族と一緒にスホの誕生日を迎えるが…。

<キャスト>
ソル・ギョング『ペパーミント・キャンディー』『オアシス』『1987、ある闘いの真実』、
チョン・ドヨン『シークレット・サンシャイン』『ハウスメイド』『男と女』
キム・ボミン『ザ・ネゴシエーション』
ユン・チャニョン
キム・スジン『1987、ある闘いの真実』
イ・ボンリョン『EXIT イグジット』

<スタッフ>
監督・脚本:イ・ジョンオン
撮影:チョ・ヨンギュ『シークレット・サンシャイン』
編集:シン・ミンギョン『ザ・キング』
音楽:イ・ジェジン『アシュラ』

2019年/韓国/120分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/日本語字幕:小西朋子/原題:생일/英題:BIRTHDAY/配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/birthday/
予告編:https://youtu.be/PgBmajmDh-8
11月27日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー
(c)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & NOWFILM & REDPETER FILM & PINEHOUSEFILM. All Rights Reserved.

人気記事 おすすめ記事