韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年5月11日11時19分 水曜日 ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~主演のキュヒョン(SUPER JUNIOR)から日本公開にむけてのメッセージが到着!

20160510_bongsooni_main

グローバルに活躍するSUPER JUNIORのメンバー、キュヒョンの初主演ドラマ『ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~』が、日韓ほぼ同時公開となり、日本では映画館での上映が決定。いよいよ5月14日(土)より2週間限定ロードショーとなります!

20160510_bongsooni_sub3本作は、「自分が造ったサイボーグを愛してしまう」というファンタジックな物語の中で、病気のため記憶を失いつつある男がピュアな愛を守ろうとする切ないラブストーリー。不治の病と闘いながらも、一瞬一瞬を楽しもうとする主人公ジュソンを、日本でも絶大な人気を誇るKpopグループSUPER JUNIORのキュヒョンが熱演!そして自分がサイボーグであることを知らぬままジュソンに思いを寄せるようになるボンスンには、ドラマ「愛するウンドン」でヒロインの若き日を演じ注目されたユン・ソヒがキャスティングされ、BoAなど多くのアーティストのミュージックビデオを手がけてきたクォン・スンウク監督が、切なくキュートに描き出す話題作だ。

そしてこの度、14日の公開に先立ち、先日韓国ソウルのスタジオにて本作で初主演を果たしたSUPER JUNIORのキュヒョンの貴重なオフィシャルインタビューを実施、日本公開にむけてのメッセージなどが届いた。

SUPERJUNIORのメンバーとして、アジアだけでなく世界中に多くのファンをもつキュヒョンは意外にもドラマ出演は初めて。

20160510_bongsooni_sub2しかも初主演ということで、「オファーをいただいた当初は、いろんなスケジュールが重なっていたので悩んだのですが、いい機会になるだろうと思い、出演することにしました」と話す。
さらに「今回演じたジュソンはエリート社員でとても賢く、完璧な性格ですが、愛するサイボーグを造りながらも、病気のために記憶をだんだん失い、そのサイボーグを自分が造ったこともわからなくなってしまう、という複雑な要素が多かったので少し大変でした」と主人公を演じた感想を語ったキュヒョン。その上で「日本で5月から劇場版として上映されると聞きました。たくさんの愛で見守っていただけるとうれしいです!」とファンへの熱いメッセージも!

加えて今回、「ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~」劇場公開記念プレゼント企画として、チケット半券キャンペーンが開催される。映画鑑賞後の半券を指定数送ると、キュヒョンの直筆サイン入りグッズが当たるこの企画、直筆サイン入りのチェキ、ポスター、台本と盛りだくさん!詳細は映画公式サイト( http://liveviewing.jp/bongsooni/ )をチェック。

■来場者特典を映画館にてプレゼント!■
5/14(土)~5/20(金) チケットホルダー(2種類のうち1種類をランダム配布)
5/21(土)~5/27(金) ICカードステッカー(2種類のうち1種類をランダムで配布)
※数量限定の為、 各種類とも期間内でも無くなり次第終了。 ※デザイン選択、交換不可

■映画本編終了後にはキュヒョンよりスペシャルメッセージあり!■

天才プログラマーとサイボーグの恋の行方…あなたもきっと“愛すること”の切なさに涙するはず!
キュヒョンの新たな一面が垣間見られるファン必見の作品、是非お見逃しなく。

『ラブ・コントロール~恋すると死んでしまう彼女ボンスン~』
2016年5月14日(土)全国ロードショー
20160429_bongsooni_sub1【ストーリー】
愛した相手はサイボーグ!?キミの“記憶(メモリー)”がふたりを永遠につなぐ---
BS電子先端ITチームのチーム長ジュソンは、友人でもある常務ジェボムと共に恋愛感情を生み出すソフトウエアを開発中。恋愛経験のない新入社員ボンスンのせいで苦労してばかり。しかし、ジュソンは純粋な彼女のことを密かに愛し始めていた。若年性のアルツハイマー病によって記憶を失いつつあるジュソンは、ボンスンに思いを伝えられないでいたが、ある夜、彼女が自分の開発したサイボーグで、BSプロジェクトの核心にいることを思い出す。とまどいの中、ボンスンとつきあいだしたジュソン。一方、ジュソンの病気がプロジェクトに影響することを恐れるジェボムは、ジュソンの元恋人ソヒを新たな責任者に任命。ソヒと会ったボンスンの感情は激しく動き、システムが誤作動を起こし始める。ジュソンは愛するボンスンとの最後の思い出を作ろうとするのだが…
【キャスト】
キュヒョン(SUPER JUNIOR)、ユン・ソヒ、チ・イルジュ、キム・ユミ
【スタッフ】
監督/クォン・スンウク 脚本/ムン・ジヨン
【チケット】
前売り券:1,800円(税込) 発売中5月13日(金)23:59まで
【イープラス】http://eplus.jp/bongsooni/
または全国のファミリーマート店内の端末「Famiポート」にて販売
【チケットぴあ】http://w.pia.jp/t/bongsooni/
または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて販売
当日券:2,000円(税込)

2016/韓国作品/カラー/133分/日本語字幕
原題:「사랑하면 죽는 여자 봉순이」/「愛すると死ぬ女 ボンスン」
英題:「Bongsooni」 映倫 G
製作/サンファ・ネットワークス
提供/ライブ・ビューイング・ジャパン、フロッグマン
配給協力/CJ Entertainment Japan株式会社
配給/ライブ・ビューイング・ジャパン
(C)SAMHWA NETWORKS Co., Ltd