韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年7月11日16時00分 木曜日 ソンフンがスクリーンデビュー!映画『ヒョンジェ~釜山港の兄弟~』、ソンフンの鍛えた肉体美をとらえたシャワーシーンやバスローブ姿の場面写真解禁!さらに韓国映画通の古家正亨から絶賛コメントも到着!

大ヒットドラマ「じれったいロマンス」のツンデレ王子、ソンフンがスクリーンデビューにして映画初主演となる、『ヒョンジェ~釜山港の兄弟~』が7月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他全国順次ロードショーとなります。

本作は二卵性双生児として生まれながら、刑事とマフィアとして再会した兄弟の哀しい秘密と運命を描いたアクションサスペンス。優等生の兄のテジュ(チョ・ハンソン)と不良の弟のテソン(ソンフン)。そんな中、2人が想いを寄せる娘・チャンミ(ユン・ソイ)が不幸な事件に襲われ、3人は悪夢のような記憶を抱えたまま、それぞれの道へ。時は流れ20年後、テジュはソウルの江南警察署の警官に、テソンは地元・釜山最大のマフィア組織「マリカーン」の後継者として、それぞれの人生を歩んでいた。釜山で起きた事件を捜査していたテジュは釜山に戻り、テソンやチャンミと再会。追う、追われるという関係になった双子の兄弟の運命は―!?。

このたびソンフンのシャワーシーンなどをとらえた劇中場面写真4点が解禁!
人気韓流ドラマ「じれったいロマンス」でツンデレ王子を演じた人気急上昇中の俳優ソンフンが初の悪役に挑戦。ソンフンの人気の武器ともいえる笑顔は本作では封印。シャワーシーンやバスローブを身にまとったシーンは、薄暗いシーンながらも上半身裸のソンフンの鍛えられたい身体をはっきりと確認することができる。

さらに本作の公開に寄せて、ラジオDJ/テレビVJ/司会者の古家正亨からコメントも到着。映画俳優として新たな可能性を開拓したソンフンを絶賛している。

ノワール的ビジュアルイメージに惑わされてはならない
この映画の本質は“兄弟愛”であり、それぞれの運命に翻弄されながら
生き方は違えど決して“離れられない”2人の男に兄弟を持つ者であれば共感せざるを得ないだろう。
ドラマを中心に活躍してきたソンフンが“映画俳優”ソンフンとして
時折、迷いながらも、新しい可能性を自身で開拓。
ラジオDJ/テレビVJ/司会者 古家正亨

映画『ヒョンジェ~釜山港の兄弟~』は7月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー。

『ヒョンジェ~釜山港の兄弟~』
<STORY>
事故で両親を亡くした二卵性双生児の兄弟、テジュとテソンは施設で育つ。不良となったテソンは施設の園長の娘・チャンミニ心を寄せるが、ある日、チャンミが不幸な事件に襲われ、3人はそれぞれの道へ。それから20年後、兄のテジュは刑事、弟のテソンは釜山最大のマフィア組織「マリカーン」の後継者として人生を歩んでいた。そんな中、テジュとテソンが再会。組織の後継者争いと施設の移転問題で組織と衝突したテソンは、ライバルのサンドゥにチャンミを人質に取られてしまう。

監督:パク・ヒジュン
キャスト:ソンフン(「じれったいロマンス」「高潔な君」「アイドルマスター.KR」)、チョ・ハンソン(「これが人生!ケ・セラ・セラ」「3度結婚する女」)、ユン・ソイ、パク・チョルミン、コン・ジョンファン、ソン・ビョンホ、イ・イクジュン、シン・セフィ
2017年/韓国/114分/カラー/原題:Brothers in heaven/配給:ブロードウェイ
(C)2018 CION Pictures All rights reserved
https://hyonje.net-broadway.com

7月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他全国順次ロードショー

人気記事 おすすめ記事