韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年5月9日13時54分 木曜日 CNBLUEは、国際救護団体飢餓対策広報大使に!

CNBLUEは、国際救護団体飢餓対策広報大使に委嘱された所感を伝えた。
CNBLUEは、8日午前11時西大門区フィルムフォーラムで開かれた国際救護団体飢餓対策広報大使委嘱式に出席し、委嘱状を受け教育事業担当広報大使としての決意を明らかにした。この席には、CNBLUEの学校を後援している支援者と記者団、関係者が参加した。

この日CNBLUEのリーダー、チョン・ヨンファは「小さな実践だと思いますが、良い意味で見ていただいて、励ましてくれ、さらに勇気を得ているようだ。本当に感謝してこの場をきっかけに、さらに多くの実践をしていきい」と話した。

イ・ジョンヒョンは「最初は助けることだと思いましたが、その後は、僕たがの助けを受けていると感じた。美しい世界という感じを受けている」と述べた。

カン・ミンヒョクとイ・ジョンシンは「こういう場に立てて嬉しくてこれからも頑張って活動したい」と感謝の挨拶を伝えた。

CNBLUEは、2010年から4年連続で飢餓対策が主催する青少年ボランティアフェスティバル「一粒分かちあい祭り」の広報大使として活動しており、昨年はアルバムとコンサートの収益の一部を寄付してアフリカのブルキナファソに『CNBLUEの学校』を設立して以来、今も着実に運営をしている。チョン・ヨンファは「CNBLUEの学校で勉強する子供たちの笑顔を見て、大きな感動を受け、夢のような感じだった。機会があれば実際に自分で行ってみたい。ぜひ行って『ひとりぼっち』を歌いたい」と明らかにした。

特にチョン・ヨンファはCNBLUEの学校の校歌を作曲、作詞している。彼は「歌詞を書く時も希望的なメッセージを入れようと努力した。もちろん距離は離れているが、すべて同じ心であり、すべての友人との思いを伝えたかった」と校歌にまつわる話も伝えた。一方、シエンブルーは、5月10、11日の両日間、香港のアジアワールドエキスポアリーナ(Asia world expo Arena)から次々と売り切れを記録している大規模なワールドツアーを継続する。(アジア経済)

CNBLUEは、コンサートの時もプレゼントを送ってくれるなら、ボランティア基金へお願いしますと呼びかけ必ず実践して、東日本大震災への基金に協力したり、ずっとボランティアを継続しているグループなので、国際的な飢餓対策広報大使になってさらに、幸せを運んでほしいですね。

Blind Love(初回限定盤B)

Arena Tour 2012~COME ON!!!~@SAITAMA SUPER ARENA [DVD]

Robot(初回限定盤)

CODE NAME BLUE(初回限定盤)