韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年1月4日12時51分 月曜日 【レポ&セットリスト】「CROSS GENE JAPAN LIVE 2016 BE HAPPY TOGETHER~New Year Luv Luv Night~」 at Zepp DiverCity Tokyo(2/2)

20160102_CROSSGENE_3

【レポ&セットリスト】「CROSS GENE JAPAN LIVE 2016 BE HAPPY TOGETHER~New Year Luv Luv Night~」 at Zepp DiverCity Tokyo(2/2)

サブステージのトークでは、先ほどのVTRの女装についての話題に。
セヨンは「恥ずかしかった。」と照れた様子。キャスパーは自分の女装姿を見てどうだったか聞かれると、飲んだ水を吐くというパフォーマンスで気持ちを表し、会場を驚かせた。
ソロステージの話題では、サンミンとヨンソクが披露した自作の曲について、「CROSS GENEになる前から今までの人生を歌詞にしました。」とヨンソク。
「タクヤと僕も一緒に書いた曲だし、今回みんなソロのコーナーでもCROSS GENEをやりながら、自分が思ったことを(歌詞で)書いたのが感動でした。」とシン。

続いて、「みなさんに心を伝えたい、という曲です」とシンが紹介した『そばにいて』を歌うと、最後はメインステージに戻り、「みなさん、今日は本当にありがとうございます。僕たちはこれからもずっとこうやってみなさんのそばにいます。だからみなさんもこれからもずっとこうやって僕たちのそばにいてください。ハンサン コマウォヨ(いつもありがとう)。これからもよろしく。」とシンが感動的なメッセージを伝えた。
ここでアップテンポな『Watch Out』でスタンドマイクを使ったパフォーマンスを見せ、再び賑やかな雰囲気になると、続けて『Amazing -Bad Lady-』を歌い大歓声を浴びた。

今日は口数が少なめだとツッコミを受けたサンミンが「今年本当にありがとうね。ごはんは食べましたか?」と独特な雰囲気のトークを繰り広げると、ここでシンから重大発表が。
神妙な面持ちで、「CROSS GENEは・・・、1月を・・・。はぁ。これ言ったら絶対泣くよみんな。こういうところで発表していいの?本当に申し訳ございません。」とためにためて、「CROSS GENEが1月、韓国でカムバックします!」と発表。「みんなびっくりした顔して~(笑)。ちょっとふざけてみました。」をいたずらっ子の笑顔を見せた。
5曲全部が新曲のミニアルバムでカムバックするとの発表に、ファンの声が小さいから「2曲をはずします。」とまたしてもいたずらな発言をするシンに会場は大歓声を送り、満足気な表情を浮かべたシンは、「全力で僕たち、韓国でまた1位を狙って頑張るので、日本から全力で応援してください。2016年、最高の年に、みなさんを最高の笑顔にしてあげられるように、もっと頑張ります!」と宣言。
そして、シン曰く“完全スーパーグレート新曲”の『MY FACE』を初披露。
アップテンポなダンスナンバーでメンバーも気合のパフォーマンス。
続く『CRAZY』では会場一体となって「CRAZY!」と叫び、最高に盛り上がったところで、「一体になりましょう!」というタクヤの呼びかけにファンも「イェー!」と応え、最後の曲『LOVE&PEACE』へ。
タオルを振り回してメンバーも会場も一体となって本編が終了。

会場からはすぐに「アンコール」が起こり、『sHi-tai!』で6人が再び登場。
最後は新年ということで、2016年の抱負で締めることに。
サンミン「去年はみなさんの素敵な笑顔と良いエネルギーをもらって本当に幸せでした。今年はもっともっとたくさんのイベントとコンサートをやりたいです。いつか僕の曲がCROSS GENEのアルバムに入るように頑張ります!」
タクヤ「去年は本当にありがとうございました。さっき聴いていただいた『sHi-tai!』『LOVE&PEACE』という曲で、みなさんのおかげでいい結果が出せて、うれしかったし、幸せでしたので、今年は目標を一つ掲げたいと思います。CROSS GENEのライブを武道館でやるということを。この1年、去年以上に頑張って、夢を実現できるようにメンバー一丸となって、頑張っていきたいと思います。まずは韓国でのカムバックを皮切りに頑張っていいきたいと思いますので、みなさん、これからも応援よろしくお願いします。」
セヨン「去年はいろんな経験ができました。メンバーたちも僕も成長したんですけど、大変な部分もありました。でもみなさんの顔を見たら、舞台でもイベントでも、本当に幸せでした。心がスマイルになったから。今年はいろんな舞台をいっぱいして、(たとえお客さんが)一人でも歌って、どこでもみなさんが幸せになれる場所があったら、歌います。」
ヨンソク「まず、2015年、CROSS GENEのスタッフさんもそしてCROSS GENE大好きなファンのみなさん、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。2015年は本当に幸せでした。オリコン2位もファンのみなさんのおかげで取れたし、日本も熊本まで行ってきたし、本当に幸せな2015年でした。そして、今年2016年もみなさんの力が必要です。ですから、CROSS GENEはもっともっとかっこよくなると・・・かっこいいです!2016年もよろしくお願いします!」
キャスパー「2015年はみなさんのおかげで幸せでした。2016年は去年以上にみなさんの前でかっこいい姿をお見せできるように頑張るし、自分の曲も頑張って書いて、歌も頑張って歌って、2016年はもっとたくさんのファンのみなさんにお会いしたいし、たくさんのみなさんに愛をもらって、愛をあげたいと思います。よろしくお願いします。」
シン「みなさんの目を見ながらこの話をしたかったんですけど、僕は踊りもそこまで上手くないし、歌も昔と比べたら上手いけど、まだできないところが多いし、日本語もできないところがたくさんあるし、でもみなさんがいつも笑顔で笑ってくれるから、本当に幸せです。僕をCROSS GENEにしてくれて、本当にありがとうございます。そして僕たちを会わせてくれて、本当にありがとうございます。活動をみなさんのおかげですごく幸せにできて、本当にありがとうございます。そういうありがたいみなさんのために、ずっと僕たち全員一緒に、死ぬ時まで、6人でみなさんの前で、歌いたいと思います。そしてみなさんと会えたのは、僕たちの奇跡です。そのみなさんの笑顔を僕たちは6人いつも全員で守りたいと思います。だからずっとCROSS GENEの応援よろしくお願いします。
そういう奇跡のようなみなさんへこの曲を歌ってあげたいと思います。」と言って、最後の曲『MIRACLE』がスタート。途中シンが感極まって目を潤ませていたりと、6人全員の温かい気持ちが伝わるステージとなった。

曲が終わると、メンバーそれぞれがメッセージとサインを入れたボールを会場にプレゼントし、最後は全員で手を繋いで「ありがとうございました!」とファンへ挨拶し、名残惜しそうにステージを後にした。
(完)←前頁

20160102_CROSSGENE_4

《セットリスト》
1.Shooting Star(JP)
2.FUTURE(JP)
3.Sky High(KR)
4.オリョド ナムジャヤ(KR)
5.For This Love(KR)
6.DREAMER(JP)
7.Holiday(KR)
8.TAKUYA&SHIN ソロステージ
9.CASPER ソロステージ
10.SEYOUNG ソロステージ
11.SANGMIN&YONGSEOK ソロステージ
12.La-Di Da-Di(KR)DJ Remix-ver
13.On the floor(KR)DJ Remix-ver
14.ナハゴノルジャ(KR)DJ Remix-ver
15.そばにいて(JP)
16.Watch Out(KR)
17.Amazing -Bad Lady-(KR)
18.MY FACE
19.CRAZY(JP)
20.LOVE&PEACE(JP)
21.sHi-tai!(JP)
22.MIRACLE(JP)