韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年5月20日15時08分 日曜日 鈴木おさむ企画・構成、若手俳優たちによる恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい』に韓国俳優テジュが出演!恋愛ドラマで共演すると本当に恋に落ちてしまうのか?

インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」では、オリジナル恋愛リアリティーショーの新番組として、俳優・女優たちの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描く恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい』を、2018年5月26日(土)よる11時から放送。

このたび放送が決定した『恋愛ドラマな恋がしたい』は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。
本番組は、ネクストブレイク期待の若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく、恋愛リアリティーショーです。
全10回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に毎回用意されているキスシーンも演じていきます。
番組内の恋愛ドラマの脚本も鈴木おさむ氏が担当。ドラマ内に描かれている濃密なラブストーリーと様々なシチュエーションでのキスシーンは、「恋愛ドラマの作品として演じているのか?」「それとも恋心が生まれているのか?」視聴者たちもドキドキしてしまうような展開となっています。

若手俳優たちの本当の気持ちと恋愛ドラマで演じている役の気持ちが交錯し、「恋心」「嫉妬」「葛藤」などといった感情がさらけ出されていくなかで、共演者同士の8人が恋に落ちていくかどうかを追いかけていきます。
本番組の特徴である“共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛模様に、スタジオMCとして切り込むのは、タレントの渡辺直美と、俳優の大野拓朗、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介の3人。
様々な番組のMCを務めてきた渡辺は今回の番組出演にあたり「AbemaTVでは10代向けの恋愛リアリティーショーが多いですが、20代向けの大人の恋愛リアリティーショーを待っていました!ドラマでのキスシーンのあとに何が起きているのか、普通は見られない『キスのその後』をお楽しみ下さい!」、大野は「恋をしている人も、恋をしたい人も、恋を忘れた人も、『恋愛』を楽しめる番組です。ドラマのような恋を見て、ワクワクドキドキ、明日への活力となる何かを見つけてもらえたら嬉しいです。また、渡辺直美さんもそうですが、僕もファッションが大好きです。MCメンバーのファッションにも注目していただき、『恋』に生かしてください!」とコメント。また、生粋の恋愛小説好きと知られる福徳は「学生時代、誰しもが親友の恋バナを、真剣に聞きました。視聴者に、あの頃の感覚を、呼び起こせたら幸いです」とコメントを寄せています。

AbemaTVではこれまで、女子中高生の1番好きな恋愛リアリティーショーランキング1位(※1)にもランクインした、本気で恋愛したい女子高生とイケメン男子による、出会いからデートを繰り返し恋に落ちていくまでを追った恋愛リアリティーショー番組『オオカミくんには騙されない』シリーズや、彼氏・彼女のいない現役高校生たちが限られた時間の中で本当の恋を見つけられるか?に追った青春純愛リアリティーショー『今日、好きになりました。』など、多くの人気恋愛リアリティーショー番組を制作してきました。
今までは、女子中高生の視聴者たちが同世代の恋愛模様を自分や友人の恋愛観と重ね合わせて楽しんでいるという反響が多くありましたが、『恋愛ドラマな恋がしたい』は「ドラマの撮影現場」という未知の世界で起こる共演者同士の恋愛模様を20代~30代の視聴者にもお楽しみいただける内容となっています。
「そのキス本気?それとも演技?」撮影現場とその外で繰り広げられる葛藤や恋愛模様。ネクストブレイク期待の若手俳優男女8名の、恋と夢と青春の記録をお楽しみください。

※1出典:マイナビティーンズ調べ

テジュ コメント
選んでいただけて本当に嬉しかったです!今回の番組で、演技も!恋も!真剣に挑戦し、今だせるすべての力を出し切って頑張ります。応援して下さい!!

『恋愛ドラマな恋がしたい』放送概要
放送日時:毎週土曜よる11:00~11:30
初回放送:5月26日(土)よる11:00~12:00 ※初回は1時間拡大
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/E86QQoGNBiAmuH
MC:渡辺直美・ジャルジャル福徳・大野拓朗
出演者:縣豪紀・岡田龍太郎・川村海乃・テジュ・橋本裕太・姫野佐和子・三秋里歩・米山穂香(50音順)

人気記事 おすすめ記事