韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2020年12月22日08時36分 火曜日 【オフィシャルインタビュー】「彼はサイコメトラー -He is Psychometric-」DVDリリース記念 ジニョン(GOT7)オフィシャルインタビュー

【オフィシャルインタビュー】「彼はサイコメトラー -He is Psychometric-」ジニョン(GOT7)

―「サイコメトリー あいつ(原題)」についての初印象はいかがでしたか?作品のどんなところに惹かれて出演を決めましたか?
まずタイトルを聞いた途端、愛着が湧きました。もちろん監督と脚本家が素晴らしい方たちなので惹かれたのもあります。“サイコメトリー”という超能力は重みがあるんですが、“あいつ”という軽快な言葉を合わせたアンバランスな組み合わせに魅力を感じました。完璧でない役柄だというのもこの作品を選んだ理由です。超能力者というと超人的なイメージがありますが、「彼はサイコメトラー」のイ・アンは完璧ではない能力で筋違いの捜査をするんです。でもそれがのちに解決の鍵になるのが魅力的で、是非演じたいと思いました。

―イ・アン役を演じられましたが、どんな役柄ですか?
暗い過去を持った人物です。痛みを隠すために、あえて大げさに明るくふるまうキャラクターです。そしてタイトル通り、サイコメトリーという超能力を持っていて、その能力を隠しているんですが、後でジェインと運命的な出会いをします。そして過去の苦しみを克服していくんです。

―落ち着いているイメージがあるジニョンさんですが、ジニョンさんご自身と、元気でハツラツとしているイ・アンの似ている点、異なる点はありますか。
両方あると思います。予想外に似ていた点は明るい性格でした。僕にももちろん明るい要素はあるけど、アンほど活発ではないと思っていました。ただこの役を演じる過程で僕もアンのような愉快な部分があるということに最近気づきました。

―イ・アンという役柄の一番の魅力は?
アニメに出てきそうなケンカが強いキャラです。強いからかっこいいというわけではないのですが。自分の愛する人々を守ることができる力を持っている魅力的なキャラクターです。それから相手の悪い部分をあからさまに表現しない寡黙で慎重な面もあると思います。

―今回、役を演じる上で参考にした人物やキャラクターなどはいましたか?
たくさんありますが記憶に残っているのは「スラムダンク」の桜木花道で、アンの序盤の性格に非常に近い部分があったので参考にしました。桜木花道のバカだけど明るくて気性の荒いところがアンに似ていると思いました。

―物語の序盤では高校生役を演じていましたが、久しぶりに制服を着た感想はいかがでしたか?
ジニョン:あくまでも僕個人の意見ですが、また着てもいいなと思いました。まだまだイケると思います(笑)

―また、高校生役を演じるにあたって気を使ったところはありますか?
ジニョン:一応高校生役なのでシワが気になりました。アイクリームをたくさん塗りました(笑)

―第2話では素晴らしい腹筋の披露が話題となりましたが、いつごろから準備なさったのですか?どのように鍛えられたのかも教えてください。
3ヶ月ほどです。11月末くらいから運動を始めました。筋肉がつきにくい体質なので厳しくやりました。でも努力した分、効果があったのでとても満足しています。週に4~5日は運動をしていて、撮影に入る2~3週間前くらいからは食事制限もしました。運動することは難しくないです。食べられないことが一番つらかったです。

―食べることは好きですか?
食べるのが好きだということに今回初めて気づきました。空腹でいるからこそそれがよくわかりましたね。

―役柄から抜けない習慣などはありますか?
人に触れるのを避けるクセがつきました。撮影が後半に進むほど、心を開いて人に触れるようになりましたが、それまでは人と接触することを避けていました。人が近づくとなぜか自分から離れていました。

―シン・イェウンさんと共演してみた感想はいかがですか?撮影中のエピソードがあれば教えてください。
情熱的で賢い方だという印象です。まだ若いのに演技もうまいし、礼儀正しくて誠実なので共演できて光栄でした。同じ事務所なので練習する機会が多かったです。練習した分に比例して、現場では息が合って満足しています。またチャンスがあれば共演したいですね。

―呼吸がぴったりあった瞬間やシーンは?
たくさんありますが、後半になるほど忙しくなり練習時間が減ってしまいました。練習時間がなくても息が合った時に僕らがアンとジェインとしてお互いの役になりきれてると感じました。

―キム・グォンさんとのブロマンスが印象的でしたが、撮影現場ではいかがでしたか?
ドラマについて色々話しましたが、すごく気遣ってもらいました。例えば僕が感情移入ができないと最後まで待っていてくれました。“アンの感情のスイッチが入ったら始めてくれ。楽な時に。待ってるから”と。気遣いやマナーが素晴らしい方です。

―日本のファンの方に絶対見て欲しい!というシーンはどんなシーンですか?
雨に打たれるシーンです。アンにとってジェインとの関係性を表すこのドラマで最も大事なシーンだと思います。2人の秘密と過去が明らかになって…アンとジェインの関係を一番よく見せているシーンだと思います。

―GOT7の派生ユニットJUS2がOSTを歌っていますが、<TAKE>を聞いてどのように感じられましたか?
最初は知りませんでした。誰も話してくれなかったんです。1話が放送される前日にJBに“楽しかったよ”と言われたんですが、その時は何の話かわかりませんでした。次の日に1話を見ていたんですが、エンディングにメンバーの歌声が流れたんです。初めはわからなくてメンバーの声にとても似てるなと思ったら、本物だったので驚きました。

―今後挑戦したい役柄はありますか?
色んなジャンルの作品に挑戦してみたいです。年を重ねる前にもう一度制服を着てみたいです(笑)その時はもっと体を絞ってきます。

―最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします。
こんにちは。「彼はサイコメトラー」でイ・アン役を演じたGOT7のジニョンです。日本でリリースされるそうで光栄に思っています。日本のファンの皆さんにとっておもしろく感動的なドラマになってくれた嬉しいです。多くのスタッフと役者たちが一丸となって撮影に挑んだ大事な作品です。そんな僕の気持ちが皆さんに伝わればと思います。ありがとうございます。

【商品情報】
「彼はサイコメトラー -He is Psychometric-」
TSUTAYA先行でレンタル中
DVD-BOX1&2 発売中
各¥14,400+税
発売元:「彼はサイコメトラー – He is Psychometric-」パートナーズ
レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント
セル販売元:ハピネット・メディアマーケティング
TSUTAYA TV先行配信中
(c) STUDIO DRAGON CORPORATION
公式サイト:http://www.kandra.jp/psychometric/
予告編:https://youtu.be/uu6LZcezY5U

彼はサイコメトラー -He is Psychometric- DVD-BOX1

彼はサイコメトラー -He is Psychometric- DVD-BOX2

人気記事 おすすめ記事