韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2020年4月17日18時09分 金曜日 【オフィシャルインタビュー】「かくれんぼ」マクチャンドラマの女王イ・ユリ オフィシャルインタビュー

2018 MBC演技大賞 最優秀演技賞獲得!マクチャンドラマの女王イ・ユリの身代わり愛憎劇「かくれんぼ」のDVDが好評発売&レンタル中です。

国民的“悪女”女優の地位を確立した、愛憎ドラマの女王イ・ユリが、生まれつき体の弱い令嬢スアの厄を移すために生贄にされた、児童養護施設出身のヒロイン・チェリンを熱演。
養女となった先の祖母からは虐げられ孤独と闘いながら、それでも家族と会社のために血の滲む努力を重ねるチェリンの壮絶な生き様を見事に体現し、2018 MBC演技大賞 最優秀演技賞を獲得しました。

この度、DVDリリースを記念して、イ・ユリのオフィシャルインタビューが到着しました。

【オフィシャルインタビュー】「かくれんぼ」イ・ユリ

―「かくれんぼ」で演じた人物についてご紹介をお願いします。
私が演じた役はミン・チェリンという人物です。彼女は児童養護施設で育ち、養子に出された過去を持っていますが、夢と情熱をもって人生を必死に生きる、愛情の深い人です。

―ご自身の性格と比べて、似ている部分や異なる部分はどこですか?
何事も一生懸命やろうとするところが私と似ています。また、私も情熱的なタイプなので、そこが彼女と同じだと思います。

―作品のどのようなところに魅力を感じて出演を決めましたか?
あふれ出る感情を思い切って表現できると思い、出演を決めました。同時に自分の情熱を注ぐようにして演じなければならないとも思いました。それほどチェリンが人生にすべてをかけて立ち向かうパワフルな女性であり、そんな彼女を演じたいと思ったんです。

―役作りのために特別に準備したことはありますか?
特にありません。そもそも彼女の人生が吹き荒れる暴風雨のようなものなので、事あるごとに逆境と苦難が待ち受けているんです。だから物語の設定に身を委ねて演じるだけで、精神的にも消耗して自然とチェリンを演じることができたと思います。

―共演者の皆さんが同じように仰っていました。
撮影している時に「カット」と声が入るとうれしかったですね。撮影中はグッと演技に集中しますが、オッケーのサインが入った瞬間にとても和やかなムードになるんです。韓国で初放送された日が同時に撮影の最終日でもあり、24話の撮影をまた始めたいと思うほど撮影が終わることが残念でした。

―演技のシナジー効果を起こす俳優を選ぶとしたら誰ですか?
皆さんから影響を受けましたが、生母として登場するキム室長(ユン・ダギョン)は特に相性がよかったように思います。演じていると力強さやエネルギーがしっかり伝わってきたので、キム室長とのシーン撮影は気分も上がりました。それと、チェリンの祖母(チョン・ヘソン)であるナ・ヘグム会長とのシーンも特別でした。精神病院に強制的に入院させられるなど、祖母から虐待を受けるシーンがあります。そのような場面では、私の中にチェリンのタンポポのような雑草のたくましさや底力が湧き上がってくるのが分かりました。

―最も記憶に残っているシーンはありますか?
精神病院でのシーンが記憶に残っています。それと、ホテルでウニョクと取っ組み合いをしたのもよく覚えています。精神病院でのシーンは、チェリンの人生が本格的に始まることを示しています。一見、財閥の孫娘として華やかに見えますが、実際は祖母の手によって囚われた人形のような仕打ちを受けてきました。そこから抜け出そうと立ち上がる重要な場面なのでよく覚えています。ウニョクとの取っ組み合いは、チェリンの内に秘めた強さを表しています。財閥の嫁という誰もが羨む境遇ですが、現実はひどいものです。結婚した夫はホテルの隣の部屋で愛人と一緒にいて、自分の部屋には運転手が勝手に入り込んで盗聴器を探している。誰もがチェリンをぞんざいに扱うけれども、彼女は果敢に立ち向かう。そういう場面なので覚えているのでしょうね。

―日本の視聴者に向けてドラマの見どころや魅力についてアピールをお願いします。
和食のお店が登場しますが、そこでとても重要なシーンがあるんです。1話でチェリンはウニョクから首飾りをかけられる場面があるのですが、物語の後半で、ウニョクがジェサンにその時のことを告白するんです。「あの時から彼女は俺のものになった」と。運転手のウニョクはお店で初めてチェリンに出会い、ジェサンの命令ではあるけど彼女に首飾りをかけます。その瞬間から、チェリンは自分のものだったと言うんです。チェリンがジェサンと互いに敵視しあう夫婦関係になったと思いきや、実はウニョクと初めて出会った瞬間から愛し合う運命だった…そういう展開に注目して楽しんでいただけると思います。

―ドラマではチェリンが目の前に立ちふさがる苦難をたくましく克服していきます。そんな姿が女性の視聴者に好評だったそうです。イ・ユリさんから見た、ミン・チェリンの魅力は何ですか?
私は「こう見せたい」と目的をもって演じていたわけではありません。でも、必死に生きるチェリンに成功してほしい、と視聴者に共感を呼んだのだと思います。チェリンは家族のために自分の人生を身代わりに捧げてきました。そして最悪の状況の中でもあきらめません。そんな風にすべてをかけて生きるチェリンを演じてみたら、1話~2話を見ただけで私自身、涙が出るほどでした。おそらく彼女の生き方が、同情などの心を寄せる感情を呼び起こすのだと思います。成功してほしい、愛されてほしいと応援したくなるのでしょうね。

―祖母から激しい仕打ちを受けますが、なぜチェリンは逃げ出さなかったのでしょう?
そうですね。確かに専務クラスになったら給与も十分もらっているはずなので、家を出てウニョクと幸せな家族を作って暮らせるだろうと思います。でもチェリンは過去に3回も養子破棄を経験しています。3回も新しい家族から捨てられたんです。生母を含めると4回ですね。その経験から、チェリンには家族に対するあこがれや執着が生まれたのではないでしょうか。だから、家族を失わないよう命を投げ出してでも守ろうとしたのだと思います。「逃げて」と思いながらご覧になった方もいるでしょうが、繰り返し捨てられたチェリンとしては、今まで自分を家に置いてくれただけで愛すべき家族という認識を持っていたのだと思います。

―イ・ユリさんにとって家族とは?
結婚してできた新しい家族のことを考えると、チェリンを理解できます。実家の家族と結婚してできた家族には、ちょっと違いがあると思うんです。生まれた時から与えられている家族は自分がすでに守られている感じがしますが、結婚してできた家族は自分が守ろうとする対象に感じています。撮影が始まってから、チェリンの家族に対する思いをより理解するようになりました。

―チェリンにとって唯一の味方はウニョクですが、チェリンとウニョクのシーンで記憶に残っているシーンやお気に入りのシーンはありますか?
いろいろありますが、中でも結婚式場でのキスシーンが記憶に残っています。今までそんなそぶりを見せなかったのに、急に愛の告白をしてくるんです。しかもチェリンは既婚者なので状況的に許されるはずもなく、そこに驚きました。さらにその場がウニョクの結婚式だったので、より衝撃的でしたね。

―ソン・チャンウィさんとの初めての共演はいかがでしたか?
実際に映像を通して見たら、思った以上に相性が良くて驚きました。ウニョクとチェリンの姿はお似合いですね。また、2人の境遇がどちらも悲しくつらい過去を抱えているので、その2人が醸し出す雰囲気もとてもよかったと思います。チャンウィさんともそんな風に話していました。

―ソン・チャンウィさんは、ユリさんがエネルギッシュで演技するうえでとてもいい影響を受けたとおっしゃっていました。
それはちょっと褒めすぎですね。はは。チャンウィさんはウニョクの抱えている苦悩をとても良く演じていて、チェリンとしては守ってあげたくなる存在でしたね。さらにアクションもかっこいいんです。温かさも、冷たいところも持ち合わせていて、さらに力強さもあるので、いろんな顔を持った人です。チャンウィさんとは演技についてよく話しあいました。例えば、ウニョクが優しい顔をして強靭な姿も見せるのが素敵だとか。通常は男性が戦うときは怒ったような表情で戦うと思うじゃないですか。でも彼はそうじゃなくて、むしろ柔和な表情をした強い人だという意外性がある。そこに魅力を感じる人も多くいると思うんです。2人で、ここがいい、あそこがいいと演技についてよく話したりしました。

―キム・ヨンミンさん演じるムン・ジェサンとの共演はいかがでしたか?
チャンウィさんとはラブシーンがあったせいか、あまり冗談を言い合うことができませんでした。冗談を言って演技に支障があると困るので少し真面目に演技をしました。でもヨンミンさんとは冗談ばかり言って、あまりに笑いすぎてNGをたくさん出すほどでした。お二人とも懐の深い方ですが、チャンウィさんは同い年だったので対等に真面目に接していた気がします。でも、ヨンミンさんは少し年上なので、その点甘えさせてもらった気がします。ヨンミンさんは、茶目っ気や可愛げのある方ですね。ジェサンはチェリンにとっては敵にあたります。いずれはジェサンもチェリンを愛していると気付きますが、それまでは会社を潰そうとしたり、浮気もして、暴力をふるうような場面もありました。だからチェリンは相手にしませんが、個人的にはヨンミンさんとの撮影は楽しかったです。

―ドラマではスア(オム・ヒョンギョン)と入れ替わりになりますが、オム・ヒョンギョンさんとの撮影はいかがでしたか?
チェリンとしてはスアに何もすることができませんでした。愛情が芽生えるわけでもなく、スアは被害者でもあるので悪役とも言い切れません。彼女の結婚式では、チェリンはウニョクからキスをされてしまいます。チェリンがそれを望んだわけではありませんが、同じ女性として結婚に対する思い入れも理解できる立場ですから複雑です。チェリンから見たスアは気の毒ではあるけど、自分も同じ男性を愛しているので余計に難しい立場です。さらに、後になってから彼女を本物のスアだと知っておきながらもそれを隠してしまいます。一番の被害者はスアでもあるので、スアとは堂々と対立することもできません。チェリンはそれを分かっているので、彼女につらく当たることもできず、自分も耐え難い人生を背負っているので彼女の人生をも憐れむようにして見ていたと思います。

―演技の相性はいかがでしたか?
オム・ヒョンギョンさんの演技はとても柔らかいですよね。実際、とても柔和な方なんです。とても愛らしくてかわいらしくて優しい方です。さらに私と笑いのセンスが似ているので、おしゃべりに花が咲いてしまい、監督からよく叱られました。

―オム・ヒョンギョンさんは、イ・ユリさんのことを寛大な先輩だと話していました。惜しみなく教示してくれる先輩であり、学ぶことが多いと言っていました。
私は彼女に役に立つアドバイスなどできる立場だとは思っていません。ただ、彼女は今でも十分にステキで性格もかわいらしいので、彼女の魅力がもっと伝わればいいと思って彼女に話しただけです。

―ドラマではオム・ヒョンギョンさんは悪女役として出演していますが、元祖悪女として何かアドバイスなどしたことはありますか?
悪女と一口に言っても、気の毒な悪女や、気の優しい悪女、過去を背負った悪女などさまざまです。本作の悪女役も今までと異なるので、アドバイスなど要らないほどヒョンギョンさんが自ら魅力的に演じたと思っています。むしろ、モニター越しに彼女の品があって清純な姿を見て「魅力的だ」と思いました。今後、自分がこのような役を引き受けたら彼女の演技を手本にしようと思いました。彼女自身が十分に魅力ある俳優なので、教えることなどありませんでした。

―NG王は誰でした?
私です。激しい感情を表現するシーンもセリフも多かった…というのは言い訳ですね。ただNGをたくさん出すタイプです。笑ってしまったりセリフを忘れたり、いろんな演技をしようとしてNGを出すなど。だからNG王は私でしょうね。

―日本のファンのみなさんにひと言お願いします。
皆さんの感想がとても気になります。チェリンの人生を通して、より楽しく、より情熱的な日々を過ごしていただけたらうれしいです。

【商品情報】
DVD-BOX1&2 好評発売中
各15,000円(税抜)
※好評レンタル中
発売元:COPUS JAPAN/コンテンツセブン/ストリームメディアコーポレーション
販売元:TCエンタテインメント
(c)2018MBC
公式サイト:http://c7fan.com/korean/kakurenbo.html
予告編:https://youtu.be/F6G8HiqfzCc

かくれんぼ DVD-BOX1

かくれんぼ DVD-BOX2

人気記事 おすすめ記事