韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年9月10日18時47分 木曜日 ユイ(AFTERSCHOOL)&ソンジュン&パク・ヒョンシク(ZE:A)出演、ドラマ『上流社会』オフィシャルインタビュー《イム・ジヨン編》

20150910_HighSociety_091

「自分を本当に愛してくれる人と結婚したい。」
家柄と自由の狭間で悩む、ひとりの財閥令嬢。彼女の切実な願いは叶うのだろうか?
AFTERSCHOOLのユイ、『ハイド・ジキル、私』のソンジュン、ZE:Aのパク・ヒョンシクら、いま最も注目の若手が勢ぞろいした甘く切ない最新ロマンス『上流社会』(原題)がKNTVで日本初放送!

KNTVオフィシャルインタビュー《イム・ジヨン編》

20150910_HighSociety_MG_2010_Rイ・ジイという人物を演じられましたが、役の紹介とご自身と似ている部分、異なる部分を教えてください。
今回私が演じるイ・ジイは貧乏だけど凛々しくてたくましく生きようと努力する漫画の『キャンディ・キャンディ』のキャンディのようなポジティブで活発な役です。
似ている部分は私もとても肯定的で、さばさばしていて、よくないことが起きてもすぐ忘れて立ち直りが早いほうで、そういった部分が良く似てると思います。違う部分は私はイ・ジイのようにしっかりものではないような気がします。

冒頭部分ではジュンギ(ソンジュン)のことが好きですよね。ソンジュンさんとの演技の相性はいかがでしたか?実際のタイプはソンジュンさんに近いのかヒョンシクさんに近いのかも聞きたいです。
ソンジュンさんとは同じ年で、もともと友達のような親しみがありました。ただ、私が劇中でソンジュンさんを追い回すシーンの撮影が最初の頃にあって緊張してましたね。実際私が高校の時に片思いをしていた先生のことを思い出して夢中に追い回す感じを表現したかったんです。面白くて本当にそのシーンは真心を込めて追い回しながら撮影しましたが、後で画面でそのシーンを見るとおかしくておかしくて(笑)それで未だに記憶に残ってます。もう少し追い回したらよかったんじゃないかと思います(笑)

私のタイプですが、視聴者から見ればソンジュンさんの男らしさが魅力だと思うかもしれませんが、私個人的なテイストはユ・チャンス本部長(パク・ヒョンシク)ですね。カッコよく自分を見せようとしますが、どこか2%足りなくて不器用な部分があります。そういう部分を女性たちは慰めたり、受け止めたくなる魅力があるので、私の個人的な好みはユ・チャンス本部長じゃないかと思います。

今までの作品を見るととても神秘的で謎めいたイメージが多かったのですが、今回大きく変わったと思います。このような挑戦をした特別なきっかけや理由はありますか?
デビューは去年映画を通じてでしたが、私はそんな神秘的なイメージでデビューするとは想像もしませんでした。(笑)もともとの性格やイメージとはかけ離れているので・・・。偶然、映画出演という良いチャンスを頂いてデビューすることになりましたが、そのデビューのイメージで注目されるのが少し心配で負担に思ったのは事実です。もともとその役の性格と私は違ったので。女性らしさとは距離があるのでむしろ今回の役が私と合う部分が多いからか、正直イ・ジイというキャラクターを演じるのが少し気楽な部分もあります。今後も可愛いとか神秘的なイメージ だけでなく、様々な姿でより良い作品で皆さんにご挨拶できればと思います。

今作では涙の演技が多いですが、感情移入するための自分ならではのノウハウは?
ジイはもともととてもおしゃべりで活発なキャラクターですが、何かのトラブルや葛藤状況におかれて涙を流します。そのようなシーンが多いんですけど、正直難しいです。結構集中力が必要ですし・・・私ならではのノウハウと言えるものではないですが、相手役とのやり取りが大事だと思います。どんなに集中して涙を流そうとしたって、相手役との息が合わないと無理だし、その点、パク・ヒョンシクさんとはとても息がぴったりで、二人とも涙の演技はスムーズにできたと思います。

ドラマ『上流社会』でもっとも記憶に残る場面があるとしたら?見どころも教えてください。
記憶に残ってるシーンはやはり本部長(パク・ヒョンシク)との初デートするシーンが…。女性なら誰もが一度は夢見たことのあるデートシーンだと思います。でも、ありきたりな内容かもしれのせんが、演じる私たちは堂々と張り切って演じましたね(笑) だから他のデートシーンとは違う魅力が感じられると思います。

『上流社会』(原題)
KNTVにて10月19日(月)日本初放送スタート
毎週(月・火)午後10時05分~11時15分
再放送:毎週(水・木)午前8時20分~9時35分
©SBS