韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2020年9月2日23時36分 水曜日 CJ ENM × 韓国コンテンツ振興院 共同開催!世界中で楽しめるオンラインイベントKCON:TACTが再びやってくる!『KCON:TACT 2020 FALL』、YouTubeで10月16日~25日の10日間開催決定!

エンターテインメント&ライフスタイルカンパニーのCJ ENMと韓国コンテンツ振興院は10月16日(金)から25日(日)までの10日間、『KCON:TACT2020 FALL』を開催します。今年の夏に開催した「KCON:TACT 2020 SUMMER」よりも3日間拡大し世界中の韓流ファンがより長く滞在できるようになり、KCONを待ち望んでいた世界中の韓流ファンにとっても楽しめるイベントとなることでしょう。

KCONは2012年に始まり、アメリカ、フランス、オーストラリア、メキシコ、日本などで計24回のイベントを通じて累積オフライン観客110万人以上を集めた代表的な韓流コンベンションイベントです。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響でアメリカ、日本、タイなどでオフライン開催予定だったイベントが進行できず、CJ ENMは6月20日からの1週間、「KCON:TACT 2020 SUMMER」を開催しました。153地域で405万人のファンがこのイベントを訪れ、盛況のうちに終了しました。

『KCON:TACT 2020 FALL』は10日間、YouTubeの「Mnet K-POP」チャンネルを通じてKカルチャー関連コンテンツを披露します。「KCON:TACT 2020 SUMMER」に続き、様々な新技術を導入し、デジタルに特化したアイテムを強化する計画です。オフライン公演の臨場感をオンラインでも感じられるよう、ファンのイベント参加機会を増やしてアーティストとファンのインタラクションを最大化する予定です。またAR技術のアップグレードやホログラムを活用した舞台演出、マルチフィードの多様化、新しい音響技術の導入などを通じて「見る楽しさ」と「聞く楽しさ」をさらに拡大する計画です。すでにMR(Mixed Reality)技術やAR、VRを含めたXR(eXpanded Reality)技術などを導入し、多彩な舞台を現実化した経験を活かし、今回のイベントにも優れた技術力が集結する見込みです。

コンサートとMeet&Greetには数十名に及ぶK-POPアーティストが参加し、多様な姿を見せてくれます。イベント期間が10日となっただけに、DIA TVとともに、KCON STUDIOコンテンツのジャンル拡大やコンベンションライブプログラムの新設など、様々なプログラムを行う予定です。CJ ENMの関係者は、「KCONは今まで韓国文化を世界にお知らせする先導役をしてきただけに、アンタクト(非接触)時代にも世界の韓流ファンにKカルチャーコンテンツの新たな経験を提供する」とし、「今は海外公演が難しい時期であるだけに『KCON:TACT2020 FALL』を通じてアーティストとファンがもっと近づける時間ができれば」と開催への意気込みをコメントし、準備を進めています。
イベントに関する今後の情報は公式ホームページ(http://kconjapan.com/)または公式Twitter(@KCONJapan)、公式Instagram(@KCONJAPAN)で随時発信されます。ぜひご確認ください。

■KCONについて
KCONはCJ ENMが2012年から毎年開催している世界最大級のK-Cultureコンベンション&フェスティバルです。K-POPコンサートをはじめ、K-フード、K-ビューティー、K-ライフスタイル、K-ドラマなど、韓国の様々なライフスタイルコンテンツを海外のファンに披露しつづけています。これまで、北米、アジア、中東、ヨーロッパなどで111万4,000人以上の観客を魅了してきました。現在KCONは、韓国の音楽、フード、ビューティー、ライフタイル、ドラマに関するイベントとして、ファンが直接交流するだけではなく、アーティストや韓国エンターテインメント事業者とつながる最大級の場となっています。日本では2015年に初開催して以来、毎年成長を続けており、昨年は3日間で8万8,000人を動員、日本の累積観客数は25万人を突破しました。日本国内で最大級K-Cultureコンベンションです。

人気記事 おすすめ記事