韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年6月23日16時26分 日曜日 【レポ】『KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN』@幕張メッセ 1日目(5月17日)~Wanna One出身AB6ix、HA SUNG WOON、KIM JAE HWANが集結、そしてIZ*ONEなどスーパールーキー達が華やかなステージを飾る!

世界最大級のK-Cultureフェスティバル『KCON 2019 JAPAN』が5月17日から19日まで千葉・幕張メッセで開催された。イベントのメインステージである『KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN』5月17日(金)の初日を飾ったのは、Wanna one出身のAB6ix、KIM JAE HWAN、HA SUNG WOON、『PRODUCE 48』から誕生した日韓ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)。そしてATEEZ、Cherry Bullet、JEONG SE WOON、MOMOLAND、THE BOYZといったフレッシュなスターが勢ぞろいした。

【レポ】『KCON 2019 JAPAN x M COUNTDOWN』@幕張メッセ 1日目(5月17日)

トップバッターはATEEZ。『HALA HALA』『Say My Name & Pirate King』でインパクトのあるステージを披露し、5回目となる記念すべきKCON JAPANのオープニングを飾り、初っ端から観客を魅了した。

その後、スペシャルMCとしてIZ*ONEのウンビと奈子が登場し、今年のKCONの見どころや、今年からローンチしたスピンオフ企画KCON GIRLS、そして、次のステージに立つCherry Bulletを紹介。
Cherry Bulletは『PRODUCE 48』で一緒だったへユンがいるグループである。
『Q&A』などのヒットナンバーを披露し、KCON初登場とは思えない堂々としたステーを披露した。

そして、なんといっても『KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN』ならではのスペシャルステージが、毎年楽しみである。初日のスペシャルステージは、“Beginning of NEXT LEGEND”と題して、ATEEZがBTS『I Need U』を、THE BOYZが東方神起『Rising Sun』を披露し、日本でもおなじみのヒットカバー曲に観客をからは大歓声が上がった。

JEONG SEWOONのステージでは、ギターの弾き語りで、しっとりと『Feeling』を披露。「みなさんにお会いできてうれしいです。みなさんのために、特別な曲を選びました」と言うと、米津玄師の大ヒット曲『LEMON』を披露。歌の上手さを改めて感じさせるステージとなった。

続いて、デビュー前から期待値大のAB6ix登場!
メンバーは、Wanna one出身のイ・デフィ、パク・ウジン、MXMのメンバーのイム・ヨンミン&キム・ドンヒョン、そしてベールに包まれていたチョン・ウン。
スポットライトがメンバーひとりずつに当たると、そのたびに歓声が上がり、全員出そろった時の会場は半端ない大歓声に包まれた。
『PRODUCE 101 シーズン2』の事務所別の披露曲の時に、BRANDNEW MUSICとしてイ・デフィ、パク・ウジン、イム・ヨンミン、キム・ドンヒョンが披露した『Hollywood』を、チョン・ウンを加え、完成型として改めてこのステージで披露した。
この曲は、デフィが楽曲を作り、ウジンが振り付けを担当したと言っていた曲であり、その曲を生で観る日が来ようとは!と感慨もひとしお。その曲が、さらに磨きをかけ、5人ならではの光を放ち、その圧巻なステージングに引き込まれた。
『SHINING STARS』では、メンバーの息がぴったりと合ったパフォーマンスを披露した。
さらにWho’s Nextのコーナーでは、SEXY、BABYなどのお題に対する一発芸を披露したり、コーラの一気飲みやランダムダンスに挑戦したり、AB6ixのまた違った魅力あふれる姿に、観客は自然と目尻が下がり、さらに新たなファンを増やしたに違いない。

今度はIZ*ONEのチェヨン&チェウォンがスペシャルMCとして登場し、MOMOLANDのステージへ。
KCON JAPANには2回目の出演となる彼女たちが、日本でも人気のナンバー『I’m So Hot』『BAAM』『BBOOM BBOOM』を立て続けに披露すると、誰もが口ずさめる曲に会場のボルテージは一気に上がった。

洗練されたメンバーで構成されたTHE BOYZが登場すると、会場はさらにヒートアップ。
『NO AIR』『Bloom Bloom』『Keeper』では、切れの良いパフォーマンスを披露した。THE BOYZのメンバーにも『PRODUCE 101 シーズン2』出身のハンニョンがいる。『PRODUCE 101 シーズン2』に出演していたメンバーがこのKCONのステージにどれだけ参加しているかを見るだけでも、秀逸な人材がどれほど豊富にいたのだろうと感心する。

そして、2回目のスペシャルステージは、レジェンドのガールズグループの名曲をカバーするコーナーで、Cherry Bulletが少女時代の『Genie』を、MOMOLANDがKARAの『LUPIN』を披露した。KPOPファンならだれでも歌える曲に、会場も大いに沸いた。

再び、IZ*ONEのチェヨン&チェウォンが登場し、『PRODUCE 101』出身グループ、メンバーの紹介をすると、Wanna one出身のHA SUNG WOONが登場。
『BIRD』『Tell Me I Love You』では、軽快なダンスやステップを披露し、爽やかなステージを見せつけた。


続いてWanna oneで一緒だったKIM JAE HWANが登場すると、シン・スンフンの『I Believe』を披露。ボーカル力を改めて感じさせるステージにグイグイ引き込まれ、観客もうっとり。
そして、『Designer』では、意外な一面を感じさせるキレのあるダンス曲で、新しい魅力を披露した。
ふたりのソロステージの後には、HA SUNG WOONとKIM JAE HWANのトークもあり、Wanna One時代を彷彿とさせる場面に、胸を熱くしたファンも多かったに違いない。この日の会場は、多くの人がWanna oneのペンライトを手にしていたからだ。

『KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN』初日の最後は、IZ*ONEが登場。
『AIR PLANE』『La Vie en Rose』『Violeta』とヒットナンバーを次々に披露した。
グローバルスーパールーキーの名の通り、IZ*ONEには華やかなオーラがあり、ガールズグループの次世代を担う牽引力を感じた。
そして、最後は『PRODUCE 48』でおなじみのシグナルソング『PICK ME』を歌いながら、トロッコで会場を周り、後ろの方の席のファンにも挨拶。会場は興奮のるつぼとなり、大盛り上がりで、初日は大歓声と共に終了した。

セットリスト→こちら
フォトギャラリー→こちら

■KCONとは
KCONはCJ ENMが2012年から毎年開催している世界最大級のK-Cultureコンベンションです。華やかなK-POPコンサートをはじめ、ドラマ、映画、ビューティー、ファッション、食べ物など、韓国の様々なライフスタイルコンテンツを海外のファンに披露しつづけています。これまで、北米、アジア、中東、ヨーロッパ、中南米、オセアニアなどで合計91万1000人の観客がKCONを訪れました。日本では2015年に初開催して以来、毎年成長を続けており、昨年は6万8000人の観客を動員、日本の累積観客数は25万2500人に達しました。日本国内で最大級のK-Cultureコンベンションです。
【CS放送『Mnet』放送情報/動画配信サービス『Mnet Smart』配信情報】
「KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN 字幕版」
【字幕版】2019年6月27日(木)23:15~放送
※字幕版はMnet SmartでVOD配信予定!

★関連番組★
「KCON 2019 JAPAN コンベンションガイドSP」
【本放送】6月25日(火)18:00~18:45
【再放送】6月28日(金)5:15~6:00 ほか
これを見ればKCON 2019 JAPANコンベンションエリアの雰囲気が良くわかる!
コンベンションエリアをまるっと紹介するガイド番組です。お楽しみに♪

【Mnet チャンネル情報】 http://jp.mnet.com/
韓国100%エンターテインメントのCS放送局です。
最新K-POPや話題の韓国ドラマだけでなく、バラエティ番組など、様々なジャンルのコンテンツをお届けしています。
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能。

【Mnet Smart】 http://smart.mnet.com/
日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。
韓国で放送しているMnet Koreaと日本で放送しているMnet Japanのリアルタイム視聴ができるほか、番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。

人気記事 おすすめ記事