韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2016年2月22日10時02分 月曜日 チソン×ファン・ジョンウムが再共演!『キルミー・ヒールミー』オフィシャルインタビュー《パク・ソジュン編》

20160222_killme-healme_ParkSeoJun_02

日本でも大ヒットした「秘密」で2013年KBS演技大賞最優秀演技賞をそろって受賞したチソンとファン・ジョンウムの名コンビが再共演した「キルミー・ヒールミー」。
本作は、多重人格や幼少時の事件というミステリアスな要素を主軸に据え、次第に明らかになる主人公たちの繋がりと悲しい真実に心震える一方、「相手を守りたい」という主人公たちの“愛”に心温まり、更には随所で笑いをも誘う、至高の癒し系ロマンスコメディとなっている。
記憶との“再会”によって二人に訪れた愛と癒し…胸が熱くなるヒーリング・ラブコメディ「キルミー・ヒールミー」は4月2日(土)にDVD-BOX1がリリース!

『キルミー・ヒールミー』オフィシャルインタビュー《パク・ソジュン編》

20160222_killme-healme_ParkSeoJun_01―出演を決めた理由は?
脚本家のチン・スワンさんにはとても実力のある方ですし、あとは作品が面白いと思ったのが一番大きな理由ですね。

―リオン似ている点、違う点は?
快活でポジティブな性格が似ていると思います。人に会うときも何かに取り組むときも、できるだけ楽しくなるように考えるところも似ていますね。似ていないのは…文章を書くのが苦手なところですね(笑)。俳優という職業柄、言葉や態度で表現するのは慣れていますが、オ・リオンはそうした感情を文章で表現することに長けている人物で、そういう部分は大きく違うのではないかと思います。

―現場の雰囲気は?
撮影自体も楽しかったですし、現場の雰囲気は本当に良かったですね。監督は、撮影がうまくいかないときは無理して続けずに、違うアプローチを考えてくださる方でした。監督をはじめ、俳優、スタッフみんながベストを尽くそうとしていましたし、そうした方たちと仕事ができたとこは本当に幸せでした。どんな現場でも1つくらいはうまくいかないところがあったりするのですが、今回は全てがうまく回っていて、僕自身も撮影をとても楽しめました。こんなに息の合うチームにはなかなか出会えないと思います。

―役作りはどのように?
役作りをするのは本当に難しいですね。まず、韓国のドラマは話が進めば進むほど結末が変わっていきますよね。これは韓国ドラマの特徴でもあり魅力でもありますが、役者も結末を知らないまま撮影に臨むので、最初は僕もこのオ・リオンというキャラクターが何をどこまで知っていて、どうなっていくのかわからず、受け取った台本の部分だけで役作りをするしかありませんでした。そして、次にできあがった台本に合わせて、気持ちや表現の仕方を調整しながら撮影を進めていきました。リオンが初めて登場するシーンを見ると視聴者は「裏表のない明るいキャラクター」と思うのではないでしょうか。しかし、僕としてはそれはあくまでも“フリ”だったんです。こうやって僕の話を聞いた後にご覧になると、また違って見えるかもしれませんね。「明るいだけではなく、明るい“フリ”をしていたのか」とわかってくると思います。それから、面白くしなければならないシーンでは少し過剰に演じてみたり、シリアスなシーンでは余計なものは一気にそぎ落としたりして、ギャップを出すようにしました。

―共演者と早く打ち解ける秘訣はありますか?
特にこれといったものはないのですが、やっぱりいろいろと話すことが一番ですね。あと、スキンシップのシーンが多いほど親しくなりまし、ライバル役よりは家族などの関係のほうが、すぐに仲良くなれますね。

20160222_killme-healme_16―チソンさん演じる女子高生ヨナとのコミカルなシーンは話題にもなり、2015MBC演技大賞でお二人はベストカップル賞も受賞しました。ヨナに勢いでキスをしてしまうのはアドリブだったそうですね。
監督からの提案だったんです。お互いにつかみ合っているシーンで、もともとは(キスしようとするヨナに)「これ以上近づくな!」と拒否し続けることになっていたのですが、監督が突然、リジン役のジョンウムさんに「(ヨナとリオンの)二人を止めている手を一瞬はずせ」と言うんです。それで……、あっと言う間にそういう展開になってしまいました。リハーサルを含めて5、6回はキスしたと思います(笑)。それにしても、その日の撮影は走り回ったりして本当に大変でした。ファンの皆さんを含め、ロケ現場には多くの人が集まっていました。ただでさえたくさん走り回る大変なシーンなのに、とにかく人が多くて余計に疲れました。視聴者の皆さんにはコミカルに見えたと思いますが、「もう、早く! 早く終わりにしよう!」という気持ちでした。キスシーンについて皆さんから「どうだった?」とよく聞かれますが、当時は特に何か思う余裕もありませんでした(笑)。

―本作はパク・ソジュンさんにとってはどんな作品?
いつも、自分が演じる役や作品に対してベストを尽くそうと思っていますし、作品を一つ終えるごとに着実に階段を一段ずつ上っていこうと思って取り組んでいますが、「キルミー・ヒールミー」では学ぶ部分が本当に多かったことが印象に残っています。この作品は後から見れば、27歳の12月から28歳の3月までの僕の姿を撮りためた“映像日記”とも言えますよね。いつも、その時その時で、一番いい姿でいられるように努力して、これからもいい芝居ができればと思っています。

【演出】キム・ジンマン「スキャンダル」「エデンの東」
【脚本】チン・スワン「太陽を抱く月」
【出演】チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ
【STORY】
僕に足りなかったカケラは、君の笑顔だった
アメリカで静かな生活をおくるスンジン財閥の御曹司チャ・ドヒョン(チソン)。お人好しで誰にでも好かれる性格だが、実は多重人格という家族にも明かせない秘密を抱えていた。ある日ドヒョンは別人格の一人であるセギの仕業により、いつの間にか韓国へ向かう飛行機の中へ。その帰国途中で覆面小説家のオ・リオン(パク・ソジュン)と精神科の研修医であるリジン(ファン・ジョンウム)兄妹に出会う。その後、ドヒョンはリジンと再会するが、その時ドヒョンはセギの人格に切り替わり、なんとリジンに告白してしまう!セギの行動が全く記憶にないドヒョンと、めまぐるしく変化する彼の様子に混乱するリジン。やがて、リジンはドヒョンが多重人格であることを知り、ドヒョンはリジンに自分の主治医になって欲しいと依頼する。多重人格になった原因を探り始める二人、そこには過去の事故とリジンの影が見え隠れしていた。一方で、セギは主人格であるドヒョンを抹殺し、リジンを手に入れようと画策していて…。
【日本公式サイト】http://killme-healme.jp/
20160120_killme-healme_BOX1「キルミー・ヒールミー」
DVD-BOX1 2016年4月2日発売
DVD-BOX2 2016年5月3日発売予定(全2BOX)
価格:各19,000円(本体)+税
発売元:コンテンツセブン/デジタルアドベンチャー
販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C)2015 MBC