韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2017年6月13日19時07分 火曜日 【レポ】『キム・ヒョンジュン カミング・バック&Birthday ニューシングル「風車<re:wind>」発売記念トーク・イベント』 at ディファ有明(2/2)

20170606_KimHyunJoong_2_0020

【レポ】『キム・ヒョンジュン カミング・バック&Birthday ニューシングル「風車<re:wind>」発売記念トーク・イベント』 at ディファ有明(2/2)

そしてYumiから突然サプライズゲストの紹介があると、何と登場したのは、じゅんいちダビッドソン!
じゅんいちダビッドソンといえば、2014年6月17日にお台場パレットタウンで行われたヒョンジュンの日本4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント(⇒詳細はコチラ)でも登場した、ヒョンジュンファンにはお馴染みの芸人さん。あの時の記憶が蘇ったファンも多かったのではないだろうか。
じゅんいちダビッドソンは「明日(日本)代表の試合があるんですけど、合宿を抜け出して、ヒョンジュンさんのお祝いに来ましたね。」とサッカー日本代表、本田圭佑のものまねで挨拶。さらに「この度は『風車<re:wind>』(発売)とお誕生日おめでとうございます。グラッチェ!」と持ちネタを披露し、これにはヒョンジュンからも笑みがこぼれた。

2014年のイベント時の懐かしい話もあり、久々の再会を喜ぶ2人だったが、ヒョンジュンからは「3年間全く変わっていらっしゃいませんよね。何か歳をとらない秘訣があるんじゃないかな、と思ったんですが。」との質問が。
「逆に3年前はヒョンジュンさんも金髪でちょっと髪の毛かぶってるね、みたいな話をしたんですけど、逆にすごく髪型変わられましたよね。」とじゅんいちダビッドソンが答えれば、「久しぶりに黒髪がいいなと思っていたので、しばらくこの黒い髪を維持して、来年あたりにまた染めようかな、と思っています。」とヒョンジュンが返し、「ものまねをしているので、本人の本田圭佑選手が金髪である限り、金髪でしかしょうがないんですよ。それがたぶん3年経っても変わらない秘訣だと思います。」とじゅんいちダビッドソンが返す。
「じゃあ、本田選手が髪を染めたら、その色に染めるんですね。」と真面目に聞き返すヒョンジュン。しかしながら、じゅんいちダビッドソンからは「深い話するとですね、本田選手ちょこちょこ髪型を変えているんですね。色も少しずつ変えたりしてるんですけど、いちいち全部真似してたらキリがないんで、僕は常にこの髪型に統一させていただいています。」と裏の事情も明かされた。
このコメントに言葉を失ってしまったヒョンジュン。じゅんいちダビッドソンから「この話、興味あります?」と突っ込まれると、「興味ありますよ。」と答え、本田選手や香川選手の話題も交えて、サッカー好きの部分を覗かせた。

20170606_KimHyunJoong_1_0886これが良いフリになって、じゅんいちダビッドソンが「日本のサッカーファンの前でやったら絶対にウケる体操があるんですけど、教えましょうか?」と提案。
まずは立って、両足を広げ、股関節に力を入れ、両手を前にまっすぐ伸ばして、左手を下げ、伸ばした右手の平を外側に返して、「真司ちょっと右」という本田選手がフリーキックをするときのものまねをさせれらたヒョンジュン。これには会場のファンも大喜びで、「僕のファンのみなさんをこんなに喜ばせてくださってありがとうございます。」とじゅんいちダビッドソンにお礼の言葉を贈る場面も。

また、サッカーをしたことがないというじゅんいちダビッドソンが水球をやっていたことを知ると、「一緒にやりたいです。」というヒョンジュンに会場からは大きな拍手。
喜ぶファンに「ファンのみなさんがどうして喜んでいるのかわかりました。水球だったらプールの中で水着でやるわけですよね。ということはみなさん僕が水着姿でコンサートをしたら大喜びですね。」とイタズラな笑顔をみせていた。

ここでじゅんいちダビッドソンが一足先に退場することに。「せーの!」の掛け声で、会場のファンが「ヒョンジュ~ン!」と叫ぶと、「伸びしろですね~」というネタで締め、ステージを後。
ヒョンジュンは、応援に駆け付けてくれたじゅんいちダビッドソンに「本当に来てくださって、少しこの会場が退屈だったかな、と思っていたんですけど、笑いでいっぱいにして、ムードを変えてくださって、心から感謝しています。そして明日はシリア戦がありますよね。日本の選手も怪我をしないでがんばっていただきたいと思いますし、サッカーファンのみなさんも、楽しみながら日本の選手を応援していただければと思います。」とサッカーも交えたコメントで感謝の気持ちを表した。

ここでイベント終了ということで最後のコメントを求められると、「最後にあえて申し上げることは特にはないんですけど、これから大勢のファンのみなさんと(握手会で)お会いしますので、握手会についてお話ししたいと思います。今までの握手会は、あまりにも早く終わってしまう、という声がファンのみなさんの間にあると聞きました。ですから、今日はお1人お1人とゆっくり、歴史上、1番ゆっくりな握手会にしたいと思っていますので、みなさん言いたいことがあればおっしゃってくださいね。僕は握手会をする度に思っていたんですけど、握手が終わっても待っていて下さるファンの方がいらっしゃいますよね。今日は暑いですし、また明日(コンサートで)お会いできますし、今日の握手会ではゆっくりとお話もできますので、握手会が終わってみなさんが帰ってしまっても、僕は寂しいと思いませんので大丈夫ですよ。暑い中、ずっと立っていたりなさらずにそのままお家に帰っていただいても大丈夫です。」とどんな言葉よりもファンにとってはうれしい、ヒョンジュンらしい気遣いを見せて、イベントを締めくくった。
そして最後はファンをバックにしたフォトセッションも行われ、最後の最後までファンとの交流を深めた幸せ溢れるイベントとなった。

前頁

20170606_KimHyunJoong_2_0039

「KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2017 “INNER CORE”」
6月7日(水) 静岡市民文化会館大ホール(静岡)
6月13日(火) オリックス劇場(大阪)
6月16日(金) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(愛知)
6月17日(土) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(愛知)
6月19日(月) 中野サンプラザ(東京)
6月22日(木) 仙台サンプラザホール(宮城)
6月24日(土) 新潟テルサ(新潟)
6月27日(火) 大宮ソニックシティ 大ホール(埼玉)
6月29日(木) 広島文化学園HBGホール(広島)
6月30日(金) グランキューブ大阪 メインホール(大阪)
7月3日(月) 福岡サンパレス コンサートホール(福岡)
7月5日(水) パシフィコ横浜 国立大ホール(神奈川)
7月6日(木) パシフィコ横浜 国立大ホール(神奈川)
7月8日(土) サンポートホール高松 大ホール(香川)
7月10日(月) 別府ビーコンプラザ フィルハーモニアホール(大分)
7月13日(木) わくわくホリデーホール(北海道)
7月17日(月) 盛岡市民文化ホール(岩手)
7月19日(水) 市川市文化会館(千葉)
7月21日(金) 栃木県総合文化センター(栃木)
7月24日(月) 神戸国際会館こくさいホール(兵庫)

価格:¥10,800(税込) ※全席指定。6歳以上チケット必要、5歳以下のお子様は入場不可。
チケット販売:ローソンチケット
主催:デジタルアドベンチャー
企画制作:デジタルアドベンチャー
制作協力:モストプランニング/キョードープロデューサーズ
協力:KNTV/DATV
チケットに関するお問合せ:ローソンチケットインフォメーション 0570-000-777(10:00~20:00)
*チケット販売スケジュール、イベントに関するお問い合わせ、開場・開演時間など詳細情報については、キム・ヒョンジュン日本公式サイトにてご確認ください。
*KNTVおよびDATV契約者先行の対象者など詳細については、両局の公式サイトにてご確認ください。

□HENECIA JAPANキム・ヒョンジュン日本公式ファンクラブ:http://henecia.jp/
□キム・ヒョンジュン公式モバイルサイト:http://kimhyunjoong.jp/
□キム・ヒョンジュンInstagram:https://www.instagram.com/hyunjoong860606/
□キム・ヒョンジュンUniversal Music HP:http://www.universal-music.co.jp/kim-hyun-joong/

風車 <re:wind>(初回限定盤A)(DVD付)

風車 <re:wind>(初回限定盤B)(DVD付)

風車 <re:wind>(初回限定盤C)

風車 <re:wind>(通常盤)