韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2022年7月22日23時30分 金曜日 ソル・ギョング×イ・ソンギュン共演『キングメーカー 大統領を作った男』本編映像解禁!カリスマ政治家と天才参謀、運命の出会い

韓国が誇る名優ソル・ギョングと『パラサイト 半地下の家族』のイ・ソンギュンが共演し、第58回百想芸術大賞で最優秀男性演技賞、監督賞、男性助演賞の3冠受賞を果たした話題作『キングメーカー 大統領を作った男』が、いよいよ8月12日(金)シネマート新宿ほかにて全国順次公開!
この度、ソル・ギョング演じるカリスマ政治家キム・ウンボムと、イ・ソンギュン演じる天才選挙参謀ソ・チャンデが初めて出会い、互いの理念をぶつけ合う本編シーン映像が解禁となった!

最高権力の座をめざして政治家同士が激突し、負ければ汚職など不正行為を問われて刑務所入りになることもある韓国の大統領選。本作は日本とも縁の深い第15代韓国大統領、金大中(キム・デジュン)と彼の選挙参謀だった厳昌録(オム・チャンノク)の実話を基に、生き馬の目を抜く苛烈な大統領選の裏側を赤裸々に描いた衝撃作だ。

劇中、光の当たる表の存在として民衆の希望となるカリスマ政治家キム・ウンボムを演じたソル・ギョング。そして同じ理想を追いかけながらも、影の存在として裏の仕事を引き受けるソ・チャンデを演じたイ・ソンギュン。韓国映画界を代表する実力派俳優が、誰よりもお互いを必要としながらも、決定的なところで混じり合わない2人の複雑な関係を熱演した。

今回、解禁となった本編映像は、そんな二人が初めて出会う場面。韓国東北部の江原道で小さな薬局を営むソ・チャンデは、独裁政権を打倒して世の中を変えたいという思いから、野党・新民党に所属するキム・ウンボムの選挙事務所を訪ね、いきなり効率的でないウンボムのやり方が間違っていると話し始める。実はチャンデはウンボムに手紙を送り「1票を得るより、相手側の10票を減らす」という”資本家思考“の提案をしていた。しかしウンボムは「商売は金稼ぎが目的になり得るが、政治は票稼ぎを目的にしてはならんのだ」と一蹴し、「ギリシャのアリストテレスはこう言った”正義こそが社会の秩序だ“」と説き伏せようとするが、逆に「“正しい目的のためなら手段は不問”」とアリストテレスの師匠であるプラトンの言葉を持ち出すチャンデ。そして「お手伝いをさせてください」と直訴し「私は北出身ですが、なまりがない。父を差別で殺されて完全に方言を直したんです。世の中を変えたいんです」と引き下がらない。するとウンボムは手紙に入っていた花は何かとチャンデに問いかける。「”草の王“という毒草で薬にもなります。私にも役割を」その言葉を聞いたウンボムは彼を迎い入れることになる。ソル・ギョングとイ・ソンギュンの丁々発止のやりとりに一気に引き込まれるシーンだ。

本作の監督を務めたのは、ソル・ギョングが主演した『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』の俊英ビョン・ソンヒョン。第58回百想芸術大賞では、現在日本でも絶賛公開中の『モガディシュ 脱出までの14日間』と並び高く評価され、本作でソル・ギョングが最優秀男性演技賞、ビョン・ソンヒョン監督が監督賞を受賞。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの韓国映画の中でも注目の一本となったが、ビョン・ソンヒョン監督は、この作品を通して「正しい目的のために正しくない手段をとることは果たしてどこまで正当なのかという疑問を投げかけたかった」と本作への真摯な思いを語っている。キム・ウンボムとソ・チャンデ、理念もキャリアも違う二人がこのあと、どのような方法で熾烈な選挙戦を戦っていくのか、2人の熱きドラマとその結末をお見逃しなく!

『キングメーカー 大統領を作った男』
<STORY>
1961年。韓国東北部の江原道で小さな薬局を営むソ・チャンデ(イ・ソンギュン)は、独裁政権を打倒して世の中を変えたいという思いから、野党の新民党に所属するキム・ウンボム(ソル・ギョング)に肩入れしていた。チャンデはウンボムの選挙事務所を訪ね、「1票を得るより相手の10票を減らす」戦略を提案する。理想家肌のウンボムにとって賛成できない案だったが、チャンデの豊富なアイデアに助けられ、ウンボムは補欠選挙で初当選。さらに63年の国会議員選挙では地元である木浦で対立候補を破り、新進気鋭の国会議員として注目を集めることに。チャンデも表にはでない影の参謀として活躍する。しかし、勝利のためには手段を選ばないチャンデに次第に党内から不満の声が漏れ始め、ウンボムも徐々に理念の違いを感じ葛藤していく。

監督:ビョン・ソンヒョン『名もなき野良犬の輪舞』
出演:ソル・ギョング『茲山魚譜 チャサンオボ』
   イ・ソンギュン『パラサイト 半地下の家族』
   ユ・ジェミョン「梨泰院クラス」
   チョ・ウジン『SEOBOK/ソボク』
2021年/韓国/123分/5.1ch/ビスタ/原題:킹메이커/字幕翻訳:小寺由香/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン
公式サイト:kingmaker-movie.com
(c)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
8月12日(金)シネマート新宿 ほか 全国順次ロードショー!

人気記事 おすすめ記事