韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年3月19日17時47分 月曜日 【レポ】イ・ジュンギ ファンミーティング2012『Coming Back!』 at パシフィコ横浜(1/2)

俳優イ・ジュンギが3月18日(日)神奈川・パシフィコ横浜で、2月16日に2年間の兵役を終え除隊後初めてのファンミーティング『Coming Back!』を開き、昼・夜公演で、ファン1万人を熱狂させた。

【レポ】イ・ジュンギ ファンミーティング2012『Coming Back!』 at パシフィコ横浜(1/2)

パシフィコ横浜の会場は、イ・ジュンギのペンライトでブルーオーシャンに!

オープニングは、ジュンギの子供の頃のかわいらしい写真から入隊時の写真まで、成長してきた過程のプライベート写真が映し出され、ボルテージが上がり、そしてスタート曲『1言だけ(Rock ver.)』から、ライブ会場に変身。会場は、イ・ジュンギの歌とダンスに、釘付け!

2年ぶりの来日の挨拶は、息を切らしながら、「お久しぶりですね~。(青いペンライトが)きれいだねぇ!待っていてくれて本当にありがとう」と日本語で挨拶。
韓国語でも「オレンマニエヨ~(お久しぶりです)」。
「がんばったからのどがカラカラだから、水を飲ませて」と言った後、
ジュンギ「みなさんと大切な思い出作りたいと思います。昼より、2、3倍大きい歓声ですね。みなさんカッコいいですよ。楽しむ準備は?」
会場「オッケー!」
ジュンギ「僕が本当に歌が上手くて、涙を流すようなことは期待してないです(会場から笑い)。
そのかわり僕とジャンプしたり叫んで楽しんで帰ってください!」
「たくさんの楽しむ物を準備しました。一緒に楽しみましょう」と2曲目を披露。

入隊時の映像では、「突然の入隊でびっくりしたでしょう?」と語りかけ、入隊する場所に見送りに来たファンの前で、感謝の言葉を涙でつまらせながら、「いい俳優になって戻る。元気でいてください」と言葉を残し入隊。
除隊する時は、うれしさだけかと思ったけど、除隊してみると2年間の思い出にうれしさ半分、寂しさ半分だったと語った。

トークコーナーでは、横浜は新人の頃夢と希望を持たせてくれた場所で、軍隊入隊前の最後のファンミーティングが横浜だったと、横浜に対する思いも語った。

それから、芸能兵になって、今までは周りの人が色々やってくれたが、軍隊では全てひとりでやったので、改めて、今までは色々な人に愛されていたと感謝した。
面白いエピソードでは、パク・ヒョシンと芸能兵としてアメリカツアーに行った時、メイクするのも自分たちでやらなければいけないので、床に座ってお互いの顔をメイクして恥ずかしかった話など、秘話を披露。「肌がきれいだけど、軍隊では、お肌が悪くならなかったか」との質問に、「お肌がよくなるような化粧品など、心配してくれたファンたちが贈ってくれた愛情のおかげで、肌も保てて感謝している」とコメント。
「みんなの事をとやかく言う人がいたら、僕が銃で撃っちゃいますよぉー(会場から、ヒューの声)。
軍隊では、人を殺すことの技術も教えてるんですよぉ、恐い恐い。でも、これからは優しい男に戻ります」と軍隊での話も交えながら、話してくれた。

そして、俳優なのに何と除隊後初の日本でのニューシングル『Deucer』がオリコンデイリーチャートで1位になったと喜びの声を上げ、ファンに「みなさんのおかげ」だと感謝の気持ちを伝えた。「うらやましくないですか?みんなからこんなにパワーをもらってるんですよ」とも。

(つづく)→次頁

Deucer(DVD付)

Deucer(TYPE A)(DVD付)

Deucer(TYPE B)(DVD付)

人気記事 おすすめ記事