韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2023年10月17日23時11分 火曜日 リュ・スンリョン×ヨム・ジョンア×オン・ソンウ共演『人生は、美しい』、藤井隆、大島美幸、花くまゆうさく、辛酸なめ子ら総勢14名より絶賛コメント&イラスト到着!さらにキャラクター映像解禁!

『エクストリーム・ジョブ』のリュ・スンリョンとドラマ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」のヨム・ジョンア。数多くの映画やドラマで人気を博す実力派俳優の二人が初共演し、人生最後の旅を共にする夫婦をポップな音楽とともに描いたハートフルなロードムービー『人生は、美しい』が、いよいよ11月3日(金・祝)シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次公開!
この度、公開に先駆けて本作を鑑賞した、森三中・大島美幸、ドランクドラゴン・塚地武雅、藤井隆らより感涙&絶賛コメントが到着!花くまゆうさく、辛酸なめ子からは劇中のワンシーンとともにコメントイラストも届いた。
さらにリュ・スンリョン、ヨム・ジョンア、オン・ソンウらキャスト自ら役どころを紹介する本作のキャラクター映像が解禁となった!

典型的な亭主関白の夫・ジンボンと、思春期真っただ中の息子と娘。そんな家族に時にうんざりしながらも、健気に尽くしてきた平凡な専業主婦のセヨン。だがある日、自分の命が残りわずかと知らされる。突然の余命宣告に激しく動揺したのも束の間、何かが吹っ切れたセヨンは、自身のおそらく最後となる誕生日プレゼントに、学生時代の初恋相手との再会を熱望。よりによって彼を一緒に探してほしいと夫に頼み込み、夫婦の奇妙な最後の旅が始まるのだが――。

今回解禁となったキャラクター映像は、個性豊かなキャスト自身がそれぞれの役どころを紹介!妻が余命僅かと知りながら優しく接することができない不愛想で不器用な夫ジンボンを演じたのは、『7番房の奇跡』(14)、『エクストリーム・ジョブ』(20)や、最近はディズニープラススターオリジナル作品「ムービング」でも話題のリュ・スンリョン。「時間の針は戻せない?」とイ・ムンセの曲「未知の人生」で戸惑う気持ちを歌いながらも、仕事中にかかってきた妻セヨンの電話に「忙しいんだ」とそっけない。演じたリュ・スンリョンも「妻が無謀にも”初恋の人に会いたい“」という願いに対し「仕方なく捜そうとするツンデレな夫」で「怒っているようだけど実は温かい。笑っているようで悲しんでる、そんな面にフォーカスした」と実力派ならではの役作り。続いて、劇中ステキな歌声を聞かせるヨム・ジョンアは、演じた妻セヨンについて「家族のために犠牲になるいい母親やいい妻になろうと懸命に生きる女性です」と話し、突然余命2カ月と宣告されショックを受けるが、「とにかく初恋の人を捜して」と夫に依頼し、死ぬ前に自分のやりたいことをやると決意する「愛らしい女性」。リュ・スンリョンとヨム・ジョンアの夫婦漫才のような掛け合いも見もの。一方、そんなセヨンの初恋相手ジョンウを演じたのは “Wanna One”出身のオン・ソンウ。若きセヨンを演じたパク・セワンとともに、初デートシーンで流れる「アイスクリーム愛」(イム・ビョンス)を軽やかに歌い踊り、「好きな人に会ったときの微笑みやまなざしにこだわりました」(パク・セワン)、「初恋の先輩っぽい姿を見せたかった。皆さんにときめく初恋を感じてほしいです」(オン・ソンウ)とフレッシュな魅力で、甘酸っぱい初恋の思い出を体現している。

そして、公開に先駆けて本作を鑑賞した、森三中・大島美幸(芸人)、賀来千香子(女優)、辛酸なめ子(マンガ家・コラムニスト)、田代親世(韓流ナビゲーター)、塚地武雅(ドランクドラゴン/お笑い芸人)、NICE73(KPOP MC、作詞作曲家)、パパイヤ鈴木(振付師・タレント)、はるな愛(タレント)、藤井隆(コメディアン)、ふせえり(女優)、プチ鹿島(芸人・コラムニスト)、みんしる(韓流ナビゲーター/MC)、湯川れい子(音楽評論・作詞)より、本作への絶賛&感涙コメントが到着!
ミュージカル出演経験もある藤井隆は「ドラマ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」を夢中で観ていたので、ヨム・ジョンアさんの最新作を観ることが出来て嬉しかったです。この何年かで、生きるとか生きていけないだとかが思わず身近なことになり、映画やドラマを観てクタクタになることが増えてしまったのですが、大泣きしそうになる手前で泣くのを堪えられたのは歌のおかげでした。」と絶賛!森三中・大島美幸は「重いテーマなのに、涙と一緒に笑いもこぼれる。きっとこれが日常であり、リアルなのかも。笑える日もあったり、泣いてしまう日もあるけど、愛する人に愛を真っ直ぐに伝えられる人生にしたいなと強く思う」とコメント。ドランクドラゴン・塚地武雅は「笑って泣いて、泣いて笑っての連続。決して特別ではないどこにでもいる夫婦。いつかは直面する出来事。誰もみんな主人公で誰もみんな物語がある!いや~ほんと人生は素晴らしい!」と感動の余韻が伝わる言葉が。本作が描く家族愛、夫婦愛、誰もが共感できる人生の物語に早くも絶賛の声が寄せられている。
さらに、花くまゆうさく(イラストレーター・漫画家)、辛酸なめ子が本作の魅力を描いたイラストも解禁!
ヨム・ジョンアも「タイトルのように美しい映画」と語る本作にぜひご注目ください。

各界著名人より感涙&絶賛のコメント、続々!(五十音順・敬称略)

重いテーマなのに、涙と一緒に笑いもこぼれる。
きっとこれが日常であり、リアルなのかも。
笑える日もあったり、泣いてしまう日もあるけど、
愛する人に愛を真っ直ぐに伝えられる人生にしたいなと強く思う。
森三中・大島美幸(芸人)

切なさ、痛快!軽やかさに包まれる涙の後に押し寄せる感動!!
とても素晴らしくて、私は大好きな映画です。
賀来千香子(女優)

ミュージカル映画の主演はキラキラした若者のイメージがありましたが、この映画では真面目で不器用な中年男女が歌い踊っていて、自分や家族の物語のようで感情移入してしまいます。心に封じ込めていた思いを歌うことで昇華させるミュージカルセラピーを疑似体験しました。
辛酸なめ子(マンガ家・コラムニスト)

どこか懐かしいメロディーのミュージカルマジックで、
本来なら悲しい話がファンタジーに包まれて、なんてチャーミング!
田代親世(韓流ナビゲーター)

笑って泣いて、泣いて笑っての連続。決して特別ではないどこにでもいる夫婦。いつかは直面する出来事。誰もみんな主人公で誰もみんな物語がある!
いや~ほんと人生は素晴らしい!
塚地武雅(ドランクドラゴン/お笑い芸人)

止まらない涙の訳はなんだろう?悲しみか笑いか感動か…80~00年代の韓国歌謡達がより一層心揺さぶる。
きっと私の人生も美しい!と思わせてくれる温かい余韻が続く映画。
NICE73(KPOP MC、作詞作曲家)

『嫌な旦那だな~』と思って観ていました。しかし、ラストは大どんでん返しの感動作です!
フラッシュモブ風のダンスナンバーも必見ですよ!
パパイヤ鈴木(振付師・タレント)

人と関わるから人生に彩りがあり、
そしてあなたのことを思ってくれてる人がたくさんいることを
この映画は教えてくれました。
はるな愛(タレント)

ドラマ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」を夢中で観ていたので、ヨム・ジョンアさんの最新作を観ることが出来て嬉しかったです。この何年かで、生きるとか生きていけないだとかが思わず身近なことになり、映画やドラマを観てクタクタになることが増えてしまったのですが、大泣きしそうになる手前で泣くのを堪えられたのは歌のおかげでした。
藤井隆(コメディアン)

どのシーンも、この夫、イラッとする。どのシーンも、この夫の上を行く妻が面白い。どのシーンも笑う。辛い物語だけど、爽やかさが残る作品です。
ふせえり(女優)

この映画を日本でやるとしたらどんな俳優さん?どんな曲が流れるのだろう?
そんな見方も楽しめる作品でした。韓国の曲の歴史も知りたくなる!
プチ鹿島(芸人・コラムニスト)

リュ・スンリョンとヨム・ジョンアが歌って踊る!
韓国歌謡にのせて描かれる夫婦の軌跡は笑って泣いて温かい。
みんしる(韓流ナビゲーター/MC)

まさか、ミュージカル仕立ての映画だったなんてびっくり❣️
その歌の多さ、ヴァラエティの見事さを楽しみました。
日本にもいそうな亭主関白のジンボンを演じる名優、リュ・スンリョンがさすがです。
本当にいい俳優さんですね❣️❣️
湯川れい子(音楽評論・作詞)

『人生は、美しい』
監督:チェ・グッキ(『国家が破産した日』)
出演:リュ・スンリョン、ヨム・ジョンア  パク・セワン、オン・ソンウ、シム・ダルギ、ハ・ヒョンサン、キム・ダイン
特別出演:チョン・ムソン、パク・ヨンギュ、キム・ヘオク、シン・シネ、キム・ジョンス、コ・チャンソク、ヨム・ヘラン、キム・ソニョン、リュ・ヒョンギョン
2022年/韓国/韓国語/123分/5.1ch/シネスコ/原題:인생은 아름다워/字幕翻訳:本田恵子/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン G
(C) 2022 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.
11月3日(金・祝)シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町他 全国順次ロードショー!

人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています