韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年12月17日21時42分 金曜日 【オフィシャルレポ】世界最大級のK-POP音楽授賞式『2021 MAMA』、世界約200地域を熱く盛り上げ閉幕!K-POPで共感するグローバルファンとアーティスト、音楽で1つに!BTSが大賞4つを総なめ!

世界最大級のK-POP授賞式の「2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS(2021 MAMA)」が、地域や文化を超えて世界中の音楽ファンたちとK-POPという言語のなかで共感しあう中、盛況の内に幕を閉じました。

「2021 MAMA」は歴代級のステージスケールと先端公演技術の融合、そしてアーティストたちの驚くべきパフォーマンスがひとつになり、MAMAの歴史の新しい一ページを飾りました。イ・ヒョリとMnetの人気番組「STREET WOMAN FIGHTER」(通称:スウパ)全クルーがパフォーマンスを通して見せてくれた新しい時代の価値や第4世代アイドルグループたちが表現する希望の未来など、多様なストーリーがあるパフォーマンスに加えて、RAIN、ソン・ジュンギ、エド・シーラン、ハン・イェリまでアンバサダーたちのメッセージを通じて国、人種、世代の壁を乗り越え、偏見なくお互いの価値を尊重し、世界がより大きなひとつになる強力な音楽の力を経験させるという“MAKE SOME NOISE”コンセプトにもとづき、アーティストとファンが一緒に音楽でコミュニケーションし、楽しめる祭典の場を作り上げました。

「2021 MAMA」に世界中が注目!…Twitterリアルタイムトレンドの順位が上位を占領・圧倒的な投票数
「2021 MAMA」は韓国ではMnet・tvN SHOW・Oliveで同時生中継されました。Mnet Japan、tvN Asia、JOOXなどアジア各地域のチャンネルとプラットフォーム、YouTube「Mnet K-POP」他、全4つのチャンネルを通じて世界200以上の国や地域でも生中継されました。

MAMAが行われている間、オンライン上でもグローバルK-POPファンたちの反応は終始熱いものでした。「2021 MAMA」がTwitterリアルタイムトレンドで世界1位となりました。また、MAMAイベント関連キーワードが全世界36の地域で1位となる底力をみせつけました。MAMA出演アーティストへの関心も高かったです。「2021 MAMA」イベント名と出演者アーティストなど関連キーワードが韓国をはじめ、アメリカ、ベルギー、イタリア、ブラジル、マレーシア、アラブ首長国連邦など113の地域でTwitterトレンドランキングに名を連ねました。また、「Worldwide Fans’ Choice TOP 10」を選定したApple Music、Twitter公式ホームページで行われた投票数を合算すると、約1億1,221万あまりの票を記録し、グローバルK-POPファンの熱い関心を証明しました。

Mnetの独創的な企画力と最先端技術のコラボレーションで作り上げた最高の舞台!
2年ぶりに観客を招待して行われた「2021 MAMA」は、舞台演出力の頂点に立ち、なぜMAMAが国内外のアーティストに一度は立ってみたいと思わせる羨望のステージであるのかを確実に見せてくれました。Mnetの独創的な舞台演出力にAR(拡張現実)、XR(仮想空間技術及び空間拡張技術の総称)など各種先端技術とアーティストたちのパフォーマンスが加わり、国内外のK-POPファンに見どころを提供しました。

NCT127は韓国最大規模のXR技術を活用した圧倒的なステージを披露しました。XR技術で過去と現在、未来の光化門を再現した背景がステージの周りを囲みヴァンパイアの世界観を表現した「Favorite (Vampire)」がステージの集中度を高めました。3年ぶりのステージとなったWanna Oneもまた、AR技術でステージ上を華やかな春に変え、再会のよろこびを表現し、ステージで成熟した姿を見せながら待ち構えていたファンに素晴らしいひとときをプレゼントしました。

ATEEZはレーシング・ドローン共同でステージを飾りました。「Turbulence」のステージでは、ワールドドローンレーシング選手権1位のキム・ミンチャン選手が操縦したドローンで動く灯台の火とともに感性豊かなダンスを踊り、ATEEZの強みであるパフォーマンスをさらに際立たせました。唯一無二のメタバースな世界観を誇るガールズグループaespaのステージは、目を引くのに十分すぎるほどでした。aespaがアバター“ae”と“Black Mamba”に対抗するというアーティスト特有の世界観であるストーリーをAR技術を通じてステージ上で初めて具現化しました。現実のメンバーaespaとアバター“ae”は完璧な呼吸で楽曲「Savage」に合わせてカル群舞を披露しました。AR技術で完成した仮想現実のアバター“ae” aespaの登場は、K-POP公演の新しいパラダイムを示しました。

とくにホストのイ・ヒョリとK-ダンスブームを巻き起こし、人気を博しているMnet「STREET WOMAN FIGHTER」クルーたちとのコラボステージは、“間違っても、上手くできなくても主体的に自分のやりたい通りに動く”というメッセージを伝え、自信と肯定的な態度で代表される新しい時代の女性像を見せました。彼らのパフォーマンスは、見る人々にパンデミックで身動きが取れない今、このような状況を乗り越える“希望と連帯”のメッセージを伝えました。

この他にも、MAMAならではの特別なステージは、ファンを虜にしました▲韓国HIPHOPの現在と未来を代表するDynamicduo、Paloalto、GIRIBOY、lIlBOI、JUSTHIS、イ・ヨンジ、チョ・グァンイルが作り上げた韓国ヒップホップのレジェンドステージ、▲第4世代ガールズグループを代表するITZYと「イカゲーム」でグローバルスターとなった俳優ホ・ソンテのコラボステージ、▲世界中で4500万枚以上のアルバムと1億5000万枚以上のシングルを売り上げた今を代表するアーティスト エド・シーランの特別ステージなどがファンを楽しませました。

審査方式変更初年度…BTSが大賞4冠に
今年の「2021 MAMA」はグローバルK-POPトレンドを反映した大衆性と作品性を審査にすべて反映するために、審査方式に大々的な変化を図った初年でした。

世界167ヵ国でサービスされているグローバル音源プラットフォームApple Musicのデータを審査に追加反映しました。また、様々な指標と専門審査委員による定量的な評価で、今年1年のK-POP発展に貢献したアーティストと作品を選定する部門と、グローバルK-POPファンが参加したグローバル投票で、今年のK-POPトレンドをリードしたアーティストを選定する部門に分けて審査を行いました。また、グローバル授賞式で公正性を確保するためにアカデミー授賞式の投票管理を90年近く行ってきたPwCの関連会社であるSamil PwCにおいて投票集計及び全過程の検収を行いました。

そして4つの大賞である「今年の歌手賞(Artist of the Year)」「今年の歌賞(Song of the Year)」「今年のアルバム賞(Album of the Year)」「Worldwide Icon of the Year」の栄光はすべてBTSが受賞しました。

BTSは「今年も僕たちがARMYの皆さんの愛のおかげで貴重な賞を受賞できました。今年一年努力しましたが、僕たちの心を込めた音楽に共感して一緒に楽しんでくださって感謝します。僕たちと一緒に素敵な曲とパフォーマンスを作るために努力したすべての方々と以上の栄光を分かち合いたいです。何よりも僕たちの音楽を熱く愛してくださる、ARMYの皆さんと一緒にもらう賞だと思います」と感想を述べました。「大変な瞬間にBTSの音楽が少しでも慰めと希望になれるようもっと頑張りたいです」と伝え、今後の活動をさらに期待させました。

MAMA初の女性ホストイ・ヒョリ、プレゼンターとして出演したオム・ジョンファ、ピ(RAIN)などK-POP新旧世代の出会い
毎年最高のアーティストラインナップを披露してきたMAMAは、今年もK-POPの過去と現在を代表する超豪華アーティストラインナップを誇る“世界最大級のK-POP音楽授賞式”としての地位を再び立証しました。

過去20年以上、K-POPの歴史をともにしてきた歌手イ・ヒョリがMAMA初の女性ホストとして「2021 MAMA」に参加し、K-POP代表ミュージシャンのピ(RAIN)、オム・ジョンファ、チェ・スヨン、ティファニー・ヤング(順不同)らがプレゼンターとして参加しました。また、aespa、ATEEZ、Brave Girls、ENHYPEN、ITZY、NCT 127、NCT DREAM、NCT U、Stray Kids、TOMORROW X TOGETHER、JANNABIなど今年1年間のグローバルK-POPトレンドをリードし、国内はもちろん海外ファンからも愛されてきたアーティストたちが参加し最高のステージでファンの声援に応えました。

この他にもK-コンテンツの無限の可能性を世界中に示し、今年一年グローバルな活躍を見せたクォン・ユル、キム・ソヒョン、キム・ヨンデ、キム・ヘユン、ナム・ユンス、ノ・ホンチョル、ソン・ジュンギ、アン・ボヒョン、ヨ・ジング、イ・ドヒョン、イ・ソンビン、チョ・ボア、チョ・ジョンソク、ハン・イェリ、ホ・ソンテなどがプレゼンターとしてステージに立ち、「2021 MAMA」を一層輝かせました。

MAMAは1999年にMnet「映像音楽大賞」としてスタートし、2009年にMAMAとして新しく生まれ変わり、今年で13回目を迎えました。韓国主催の授賞式として初のグローバル進出、初のアジア3地域同時開催、初のドーム公演場開催など、度重なる試みで進化と発展を遂げ、K-POPのグローバル化に貢献したという評価を受けています。

【CS放送『Mnet』放送情報/動画配信サービス『Mnet Smart』配信情報】
「2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」※日本語字幕版
2022年1月28日(金)22:30~ レッドカーペット オンエア!
2022年1月29日(土)22:30~ 第一部 オンエア!
2022年2月5日(土)22:30~ 第二部 オンエア!
2022年2月12日(土)22:30~ 第三部 オンエア!
出演者:
《ホスト》イ・ヒョリ
《アンバサダー》ピ(RAIN)、ソン・ジュンギ、エド・シーラン、ハン・イェリ(※順不同)
《プレゼンター》SHIN GA BEE、Monika、ピ(RAIN)、オム・ジョンファ、チェ・スヨン、ティファニー・ヤング、ハハ、クォン・ユル、キム・ソヒョン、キム・ヨンデ、キム・ヘユン、ナム・ユンス、ノ・ホンチョル、ソン・ジュンギ、アン・ボヒョン、イ・ドヒョン、イ・ソンビン、ヨ・ジング、チョ・ボア、チョ・ジョンソク、ハン・イェリ、ホ・ソンテ、イ・ジョンジェ(※順不同)
《パフォーミングアーティスト》aespa、ATEEZ、Brave Girls、Ed Sheeran、ENHYPEN、INI、ITZY、JANNABI、JO1、NCT 127、NCT DREAM、NCT U、Stray Kids、TOMORROW X TOGETHER、Wanna One(※ABC順)
[STREET WOMAN FIGHTERより]
CocaNButter、Holy Bang、HOOK、LACHICA、PROWDMON、WANT、WAYB、YGX
[SHOW ME THE MONEYより]
Dynamic Duo、Paloalto、GIRIBOY、lIlBOI、JUSTHIS、イ・ヨンジ、チョ・グァンイル
(※順不同)
※Mnet SmartでVOD配信予定。
公式グローバルホームページ:2021MAMA.COM(日本語表示あり)
☆Mnet Smartでは過去のMAMAもVOD配信中☆

■MAMAとは■
「Mnet ASIAN MUSIC AWARDS(MAMA)」はCJ ENM主催の世界最大級のK-POP音楽授賞式です。
Mnet ASIAN MUSIC AWARDSは1999年に「Mnet映像音楽大賞」からスタートし、2004年からの「Mnet KM Music Video Festival」、2006年からの「Mnet KM Music Festival」を経て、2009年に「Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」にアジアの音楽授賞式として生まれ変わりました。
その後は2010年のマカオでの開催を皮切りに、2011年にシンガポール、2012年~2016年は香港、2017年にはベトナム・日本・香港、2018年は韓国・日本・香港と様々な地域で開催。
世界中の音楽ファンたちが楽しむことのできる、アジア最高の音楽祭として成長し続けています。2019年は韓国と日本で開催。2020年は新型コロナウイルスの影響で韓国にて無観客でイベントを行いました。

【Mnet チャンネル情報】 https://mnetjp.com/
韓国100%エンターテインメントのCS放送局です。
最新K-POPや韓国ドラマだけでなく、バラエティや旅番組など、様々なジャンルの人気コンテンツをお届けしています。
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能。
Twitter:@MnetJP_Ch
LINE:Mnet_japan
Instagram:mnetjp_official

【Mnet Smart】 https://smart.mnetjp.com/
日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。
韓国で放送しているMnet Koreaと日本で放送しているMnet Japanのリアルタイム視聴ができるほか、番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。
Twitter:@mnet_smart
Instagram:mnetsmart

人気記事 おすすめ記事