韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年5月1日19時24分 水曜日 【オフィシャルレポ】新たなキャストを迎えた新シーズンが上演中!ヒューマンバディミュージカル『マイ・バケットリスト』ゲネプロ&制作発表にドンヒョン、ヨンミン(BOYFRIEND)、キム・ヨンソク(CROSS GENE)、インジュンが登場!

4月26日(金)~5月5日(日)にわたり浅草六区 ゆめまち劇場にて上演中の、韓国発ヒューマンバディミュージカル『マイ・バケットリスト』のゲネプロが、公演前日となる4月25日(木)に行われた。
この作品は、不良少年カングと余命宣告された少年ヘギが出会い、ヘギの死ぬまでにやりたい100個のバケットリストを埋めていく感動のストーリー。
4回目となる今回のキャストは、カング役に、これまでの1回目~3回目すべてに出演し、この作品の登場人物であるカングとヘギの両方を演じた経験を持つキム・ヨンソク(CROSS GENE)、数多くの舞台、ミュージカルに出演し、その実力を評価されて活躍の幅をひろげており、昨年同じカング役を好演して2度目の出演となるカラム、そして、K-POPグループBOYFRIENDのメンバーとして2011年のデビュー以来日本でも精力的に活動し、初めて日本で上演された韓国語版「マイ・バケットリスト」でカング役を演じたドンヒョン(BOYFRIEND)が初めて日本語での演技に挑戦する。
ヘギ役には、2005年にSS501のメンバーとしてデビューし、韓国・日本のみならず世界中で歌手、俳優、モデルとして幅広く活躍し、人気を博しているキム・キュジョン(SS501)と、ドンヒョンと同じくBOYFRIENDのメンバーで、メンバー内で双子の兄として人気を集めているヨンミン(BOYFRIEND)が出演。

ゲネプロが始まると、ヘギ役のヨンミンとカング役のドンヒョンがステージに登場。2人でコンサートを開くことになった経緯を語り始め、物語が始まっていく。
ドンヒョンは持ち前の深みのある声を生かし、楽しい曲も悲しい曲もその圧倒的な歌唱力で感情を込めて歌い上げる。ヨンミンは、初めてのミュージカル出演にもかかわらず、ヘギが毎日様々な葛藤に悩まされる様子を見事に演じた。

ゲネプロ終了後に行われた制作発表では、ゲネプロを終えたドンヒョンとヨンミンに加え、カング役のキム・ヨンソクも登壇。そして、5月6日(月・祝)には「マイ・バケットリスト special edition」としてカラムとの共演が決まっているインジュンがスペシャルMCとして登場。スムーズな日本語による進行でキャスト3人から今回の作品に対する思いやエピソードを語ってもらった。

Q.今回出演のオファーを受けていかがでしたか?
ドンヒョン「2年前に韓国語でカングを演じた事があったので、本当に嬉しかったです。」
ヨンミン「ミュージカルも初めてでしたし、心配する事が色々ありました。でも僕もオファーをいただけてとても嬉しいと思いました。」
キム・ヨンソク「去年2月に初めてインジュンさんも一緒にシーズン1に出演しましたが、もうシーズン4になって、今回は僕が先生のような立場でした。韓国で稽古をしていたんですが、ダンスがある曲の振り付けとかを皆さんに教えました。」

Q.韓国語版に出演経験のあるドンヒョンさんは、日本語版とどこが違うと感じましたか?
ドンヒョン「内容が韓国語バージョンとは少し違っていて、追加されている部分もありますが、一番違ったのは前回カングを演じた時から自分が変わりました。本当に上手くなりました!(笑)」

Q.BOYFRIENDのお二人は普段同じグループで活動されていますが、一緒に出演することになっていかがでしたか?
ヨンミン「ドンヒョンさんに習うことも多いですし、とてもよかったと思っています。」
ドンヒョン「元々はヘギ役でオファーをもらっていたのですが、ヨンミンと一緒に舞台に立ちたかったので、カング役で出演することにしました。」

Q.お隣に座っている方をどのようなカング、またはヘギだと思っているか教えてください。
キム・ヨンソク→ドンヒョン「元々先輩なので、こんな先輩になりたいと思いました。歌う時にも自分の空気を作って演技しながら歌っているところは本当にすごいと思いました。歌い方もそのままの歌い方ではなく、少しずつ自分らしく変えて歌っていてとてもびっくりしました。」
ドンヒョン→ヨンミン「ヨンミンはとても目が大きいヘギです。一緒に演技をする時に、目が大きいのですべての感情を目から読み取ることができます。すごく羨ましいと思います。あと、とても純粋なヘギだと思いました。」
ヨンミン→キム・ヨンソク「本物のカング。カングが本当にいたら、こんなイメージだと思います。」

明日からスタートするミュージカル「マイ・バケットリスト」は、K-POPアーティスト達が”すべて日本語”で”たった2人”で1つのミュージカルを演じきるという非常に難易度の高い作品ではあるものの、一人一人の出演時間が長い分、それぞれのこの作品に対する思いをよりリアルに感じる事ができる作品でもある。
2019年のゴールデンウィーク、様々なパターンのキャストの組み合わせも必見の感動の友情ストーリー「マイ・バケットリスト」をぜひ劇場でご覧いただきたい。

ミュージカル『マイ・バケットリスト』公演概要

【日程】2019年4月26日(金)~5月5日(日)
【会場】浅草六区 ゆめまち劇場
【出演】カング役:キム・ヨンソク(CROSS GENE)、ドンヒョン(BOYFRIEND)、カラム
    ヘギ役:キム・キュジョン(SS501)、ヨンミン(BOYFRIEND)
【料金】全席指定 9,300円(税込) ※小学生未満入場不可
【主催】RISE Communication
【協力】CI ENT/コンテンツレインジ
【公演スケジュール】

※出演スケジュールはやむを得ず変更になる場合があります。
 キャストが変更になった場合の払い戻しはございません。あらかじめご了承ください。

□ミュージカル「マイ・バケットリスト」特設サイト:http://r-t.jp/mybucketlist
□ミュージカル「マイ・バケットリスト」公式Twitter:https://twitter.com/mybucketlist_jp
□ミュージカル「マイ・バケットリスト」公式Instagram:https://www.instagram.com/mybucketlist.jp/

人気記事 おすすめ記事