韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2024年3月14日12時00分 木曜日 キム・ヘスク × シン・ミナ ダブル主演!母娘に訪れたかけがえのない3日間を綴る、愛と奇跡の物語『母とわたしの3日間』日本公開決定!心もお腹も満たされること間違いないポスタービジュアル&予告映像解禁!

この度、2023年12月に本国で公開され話題を呼んだ映画『3日の休暇(3일의 휴가)』が、邦題『母とわたしの3日間』として、5月24日(金)に待望の日本公開が決定しました!併せてポスタービジュアルと予告編も一挙解禁となりました!

天国から3日間の休暇を与えられた母が帰ってきた――
思い出のレシピをたどりながら蘇る、後悔と幸せの記憶。
あの時言えなかった、愛する人に伝えたい最後の言葉とは。

本作は天国から休暇をもらって降りてきた母ポクチャと、母のレシピで定食屋を営む娘チンジュの3日間を描くファンタジーストーリー。映画『薔薇色の人生』、『バンガ?バンガ!』、『僕の特別な兄弟』ほか好評を博したユク・サンヒョ監督が演出を担い、近くて遠い関係である家族間の複雑な感情を深く描く。さらには映画『7番房の奇跡』、『あの日、兄貴が灯した光』、『82年生まれ、キム・ジヨン』などのヒット作を次々と生み出す脚本家ユ・ヨンアがシナリオを執筆したことでも大きな話題を呼んだ。

監督のユク・サンヒョは脚本に初めて目を通した時に涙が溢れて止まらなかったと振り返る。「年老いた母のことを思い出すとともに、娘を育てる立場でもあるので自然と物語に没入しました。また、妻にも見てもらったが、彼女も号泣していたので普遍的な物語に違いないと判断しました。人々を癒やせる作品を作りたかったんです」

また、“国民の母”として慕われるベテラン女優キム・ヘスクと、“癒しのアイコン”として愛されるシン・ミナが、初めて母娘役で共演を果たした。キム・ミスクは共演したシン・ミナとの呼吸を合わせるのに苦労しなかったという。「二ヶ月間の撮影中、呼吸を合わせるためたくさんの会話をしましたが、何もかも話せるくらいに親しくなりました。“本当のお母さん”になったような気がします」

そして予告映像でも数多く登場し観るものの食欲を刺激すること間違いない、本作のもう一つの主役でもある料理も見逃せない。ランチョンミート入りキムチチゲ、チャンチクッス(にゅう麺)、大根入りマンドゥ(餃子)、

ユク・サンヒョ監督は、ポクチャとチンジュの記憶をつなぐ媒介である料理を丁寧に表現したかったという。「すべて家庭料理を選びました。最近の動画配信やドキュメンタリーなどでよく見受けられる見栄えの良い料理ではなく、自然な家庭料理を見せたかったんです。そして湯気をたくさん出すように気を配りました。食べ物は暖かくなければ美味しく見えないでしょう(笑)」

母と娘の愛という普遍的なテーマを感性豊かにファンタジーの要素も織り交ぜ愛らしく描くと共に、大切な誰かに思いを馳せる感涙必須の物語がついに上陸する。

また、ムビチケオンライン券の発売も3月15日(金)より決定した。

『母とわたしの3日間』
<あらすじ>
亡くなって3年目になる日、ポクチャ(キム・ヘスク)は天国から3日間の休暇を与えられ、ルール案内を担当する新人ガイドと共に地上に降りてくる。アメリカの名門大学の教授である誇らしい娘に会えることを楽しみにしていたのもつかの間、かつて自分が住んでいた故郷の家に戻り定食屋を営むチンジュ(シン・ミナ)の姿を見て戸惑ってしまう。いらだつ母親の気持ちも知らないチンジュは、ソウルから訪ねてきた親友のミジン(ファン・ボラ)とポクチャが残したレシピを再現しながら、なじみのある料理と共に次第に母との思い出が蘇っていく…。

監督:ユク・サンヒョ
脚本:ユ・ヨンア
撮影:キム・ジヒョン
編集:キム・ソンミン
音楽:JAWAN
出演:キム・ヘスク、シン・ミナ、カン・ギヨン、ファン・ボラ、パク・ミョンフン、チャ・ミギョン
2023年|韓国|105分|シネマスコープ|DCP5.1ch|日本語字幕:小西朋子
原題:3일의 휴가|英題:OUR SEASON|レイティング:G
配給:クロックワークス
(C) 2023 SHOWBOX AND STORY FOREST ALL RIGHTS RESERVED.
5月24日(金)シネマート新宿 ほか 順次公開

人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています