韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年10月18日13時18分 金曜日 JYJ ジェジュン、1stソロアルバム期待感いっぱい!GLAYのTAKURO、BEAST ヨン・ジュンヒョン、ユン・ドヒョンなど豪華アーティストが参加!

18日cJesエンターテイメントは、「キム·ジェジュンがソロ初の正規アルバム『WWW:Who, When, Why』で、ハ・ドンギュン、BEAST ヨン・ジュンヒョンとコラボを披露する予定だ。
ジェジュンは大衆的で、様々なロックのジャンルの音楽に今回のアルバムを構成し、いろいろな魅力を持ったアーティストと呼吸を合わせてアルバムに期待感を加えた」と明らかにした。
関係者は「キム・ジェジュンとハ・ドンギュンが一緒に歌った曲は、「Luvholic」というタイトルのPop punkジャンルの曲でアップテンポの2つのボーカルがクールな唱法で歌をやりとりするのが特徴である。強烈で魅力的なジェジュンのボイスと低音のパワフルなハ・ドンギュンのボーカルが最高の相乗効果を発散して、ユニークで洗練された音楽が誕生した」と説明した。
続いて「BEAST ヨン・ジュンヒョンは、ソフトなロックのジャンルである「Don’t Walk Away」のラップフィーチャリングに参加した。
ヨン・ジュンヒョンの個性あるラップとエキサイティングなダンスビート、キム・ジェジュンの爽やかなボイスが交わってトレンディーなロックを完成した」と伝えた。
キム・ジェジュンは去る15日先公開曲「日差しの良い日(Shiny Day)」でイ・サンゴンとの甘いデュエットを披露し、国内チャートはもちろん、4カ国のiTunesチャートで1位を占めており、大きな話題を集めた。
今回の正規アルバムでは、ハ・ドンギュンそしてBEAST ヨン・ジュンヒョンと呼吸を合わせてアルバムに対する期待感を高めた。
一方、キム・ジェジュンは23日収録曲「Butterfly」を追加先行公開して29日ソロ初の正規アルバム『WWW:Who, When, Why』を発表する。その後11月2日~3日の両日、ソウルCOEX、11月15~16日、日本の横浜スタジアムで「2013 Kim Jae Joong 1st Album Asia Tour Concert」でアルバム活動を続けていく予定である(韓国経済)
キム・ジェジュン、彼が帰って来る
10月29日ソロ初の正規アルバム『WWW:Who, When, Why』でカムバック
1月ソロミニアルバム「I」で初めてRockというジャンルに挑戦したキム・ジェジュンのソロミニアルバム「I」の先行公開曲「One Kiss」は、9カ国のiTunes Rockチャート1位席巻。
キム・ジェジュンはソロミニアルバム「I」とリパッケージアルバム「Y」に合計20万枚の販売高を記録して熱い反応と評論家の好評を博して、イメージの変身に大成功を遂げる。そしてNOW!!キム・ジェジュンは変わらなかった。キム·ジェジュンは進化した。
今回、初のオリジナルソロアルバム『WWW:Who, When, Why』でさまざまなRockをベースにキム・ジェジュンは自分の音楽的才能の炎を思う存分ふき出した。すっきりとしたメロディラインにポップなサウンドをベースにPost Grunge、Brit Pop、Neo Punk、J-Rock、New Metal、Free Fork、Emocore、Balladなど様々なスタイルで自分の威厳を存分に揮発したキム・ジェジュンの今回のアルバムは、韓国内外の有名アーティストの参加も非常に印象的。
日本の伝説的なバンドGLAYのTAKUROと韓国Rockの自尊心ユン・ドヒョン。
ブラックストリートのアルバムに参加キャリアの作曲家D.Brown。
強力なコアバンドピアのドラム、ベースメンバーヘスン、キボムとハ・ドンギュン、ノウル イ・サンゴン、BEASTヨン・ジュンヒョンのボイスも加えて一層期待感を加える。
また、キム・ジェジュンは13曲の収録曲の中の10曲の作詞に参加して愛という共通のテーマの下、自分が持っている考えをそのまま伝えて彼だけの繊細さと深い感情と感性で一方の映画のようなアルバムを完成させた。
一方、今回のアルバム収録曲の中15日先公開されたバラード「日差しの良い日(Shiny Day)」は、国内音源チャートはもちろん、日本、台湾、タイ、香港の4カ国のiTunesチャート1位を占めており、公開直後の熱い愛を受けており、来週23日に公開予定の収録曲「Butterfly」の追加先公開にすでに多くの関心が集まっている。
キム・ジェジュンの様々なボイスで伝える愛の物語『WWW:Who, When, Why』(シンナラレコード
ソロ1集アルバムは、ジェジュンの人脈を活かした期待感いっぱいのアルバムになりそうですね。
ジェジュンらしいところは、韓国のアーティストだけでなく、日本にむけてのプレゼントも忘れてないところ。
GLAYのTAKUROとの曲は、「Modem Beat」という曲で作詞ジェジュンTAKURO、作曲TAKURO、編曲TAKUROのようです。
日本でのライブでのお披露目が楽しみですね。
【関連記事】
JYJジェジュン、ソロ曲「日ざしのよい日」、日本iTunesで1位、 5冠王の栄誉 !
JYJキム・ジェジュン1stフルアルバムティザーイメージをFBで公開!ソウル公演チケット15分で完売!
JYJジェジュン、横浜スタジアムで6万規模のソロ公演決定!
JYJジェジュンが10月末ソロアルバム発売と同時に11月2日と3日ソウル公演を皮切りにアジアツアーに!
JYJジェジュン、10月末に1stソロアルバムをリリースそしてcofee cojjee2号店が明洞に!
JYJ、「第17回アジア競技大会」のテーマソング「Only One」MVが50万回超え、公開当日に日本 iTunes 総合1位の快進撃!
JYJの仁川アシアソング「Only One」、アジア全域爆発的反応!ダンスver.も公開
JYJ、仁川アシアソング「Only One」 2次ティーザー公開、期待感アップ!
JYJ「2014仁川アジア競技大会」成功祈願コンサート、ベトナムの他、中国、フィリピンへ
JYJ、2014年仁川アジア大会公式大使として、ベトナムで公式応援ソング「Only One」を10/24にステージ初披露!
JYJ、仁川アジアソング「Only One」をのティーザー映像公開!
進化するキム・ジュンス(JYJ)『息の音さえ 「死」に似ている』記者やミュージカル関係者も認めるミュージカル俳優
Korean Enta 10th Awards中間発表、男優部門1位ペ・ヨンジュン、2位チャン・グンソク、3位ユチョン(JYJ)
Korean Entertainment 10th Anniversary Awards in Japanドラマ大賞 中間発表!1位冬ソナ、2位イケメンですね、3位「屋根部屋の皇太子」

パク・ユチョン(JYJ)、ポン·ジュノ監督制作の映画「海霧(ヘム)」の主人公に正式決定!
【2013JYJ東京ドーム 関連記事】
1.「2013 JYJ Concertin Tokyo Dome – The return of the JYJ」レポ(1/5)
2.「2013 JYJ Concertin Tokyo Dome – The return of the JYJ」レポ(2/5)
3.「2013 JYJ Concertin Tokyo Dome – The return of the JYJ」レポ(3/5)
4.「2013 JYJ Concertin Tokyo Dome – The return of the JYJ」レポ(4/5)
5.「2013 JYJ Concertin Tokyo Dome – The return of the JYJ」レポ(5/5)
「2013 JYJ Concertin Tokyo Dome – The return of the JYJ」 セットリスト
JYJ東京ドーム3年ぶりの気迫のこもった感動のステージを披露!
JYJジェジュン久しぶりの日本のラジオ生出演でもなめらかに日本語で語る、恋愛の詞を作る時は…
【ジェジュンソロ公演inソウル】
1.ジェジュン初の単独公演『Your、My and Mine』inソウル レポ1(ファンミ編)1/2
2.ジェジュン初の単独公演『Your、My and Mine』inソウル レポ1(ファンミ編)2/2
3.ジェジュン初の単独公演『Your、My and Mine』inソウル レポ2(ライブ編)1/2
4.ジェジュン初の単独公演『Your、My and Mine』inソウル レポ2(ライブ編)2/2
5.ジェジュン初の単独公演『Your、My and Mine』inソウル 26日セットリスト
【韓流Mpostアンケート結果】
【韓流Mpostアンケート結果】 『2013年最も活躍を期待するK-POPアーティスト』ベスト15発表、1位JYJ、2位超新星、3位CODE- V、4位キム・ジェジュン・・・
『2012年K-POPアーティストで最も活躍した人は?』ベスト15発表!1位JYJ、2位超新星、3位CODE-V、4位東方神起・・・
興味のあるKPOPアーティスト1位JYJ、2位東方神起、3位少女時代、4位BIGBANG 、5位スーパージュニア! 
第2弾俳優編! 好きな韓国の男性俳優1位に輝いたのはジェジュン、2位ユチョン、3位ソン・スンホン、4位クォン・サンウ 、5位イ・ミンホ! 
第3弾女優編! 好きな韓国の女優1位ハン・ヒョジュ、2位ユン・ウネ、3位キム・テヒ、4位ハ・ジウォン、5位ユナ(少女時代)!

韓国で興味のあるジャンル1位ドラマ、2位音楽、3位映画、4 位化粧品、5位食べ物・飲食店!