韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年7月13日16時58分 水曜日 【レポ】ドラマ『ミス・リプリー』特別試写会イベント

【レポ】ドラマ『ミス・リプリー』特別試写会イベント

7月11日、ドラマ『ミス・リプリー』特別試写会イベントに行ってきました!
梅雨明けしたので、四谷三丁目駅から会場まで、そんなに遠くないのですが、午前中だというのに、会場に到着するまでに汗だく。

韓国文化院は、韓国文化を伝える交流事業の中心的役割を担う場所として建てられた建物なので、韓国関係のイベントの時、よく使われる会場です。
韓国文化院のハンマダンホールは、座席が約300席くらいで、天井は韓国の伝統民俗舞踊“僧舞”のイメージを曲線的に表し、音響機能を考慮した壁面は“ポジャギ”のイメージを立体化させたデザインで作られているそうです。
昨年できたばかりなので、新しくて、座り心地もよく、なかなか観やすいです。

今回は、整理券をもらえれば、誰でも見られるという無料試写会なので、朝早くから並んでいた人もたくさんいたようです。
平日の午前なので、年齢層がやや高めで落ち着いた雰囲気でしたが、会場は満員。
3回の試写イベントが行われ、その初回の11時の回を観ました!

1話、2話を先行上映ということで、大画面で観る字幕付き『ミス・リプリー』ということで、楽しみに行ってきました。

やはりmnetモバイルの方のコラム「Mさんのひとりごと」でも書かせてもらいましたが、大画面で観る魅力や楽しさは、また違った味わいだと思います。(この辺は、mnetモバイル是非読んでください)

このドラマは、「嘘で飾った女と、騙される男たち―。真実とは、本当の愛とは何なのか?!」というキャッチで表現される通り、不幸な生い立ちを背負いながら日本(福岡)の歓楽街で働き、借金を清算して偽造パスポートで韓国へ移ったイ・ダヘ演じるミリが、自身の過去を偽り仕事、金、そして2人の男を手にしていく…。
“騙される人間が間抜けで、騙す人が得をする”という世の中の勝利の法則を見せながら、本当の愛、真実とは何かを解明していくドラマです。
その2人の男が、ユチョンとキム・スンウです。

1話、2話は、ミリのかわいそうな境遇が描かれており、スタイル抜群なイ・ダヘが福岡の歓楽街などを駆け抜けるシーンなどが入っていたのですが、イ・ダヘという女優を知らない日本人が見ていても、かなりダヘちゃん目立ったろうなぁと思わせるシーンでした。

そして、1話、2話では、ユチョンより出番が多くて、ドラマの引き締め役になっているベテラン俳優、キム・スンウ。
ドラマ『ホテリアー』以来10年ぶりに再びホテリアー役に挑んでいますが、やはりホテリアーが本当によく似合います、スンウさん。
スンウさんが出ると、厚みのあるドラマだと思わせるところが、スンウさんの演技の素晴らしさでしょうね。
『IRIS-アイリス-』、『ATHENA-アテナ-』でも本当に素晴らしい演技でしたよね。

そして、本当にかわいらしいカン・ヘジョン。
「Epik High」のタブロと結婚、出産し、本作でドラマ復帰を果たしたカン・ヘジョンですが、やはり上手い女優さんは、ブランクを感じさせません。
そして、主婦で一児の母には、絶対、見えません。本当にかわいい!

このベテラン勢に、韓国ドラマでの演技が2度目となるユチョンが、フレッシュな風を送り込みます。
スンウさんとユチョンとの対比がまた、いい感じでした。
このベテラン勢の中では、かなりの新人ですが、違和感なくユチョンの天性というか、感性のある演技感で、ほかの俳優さんたちに上手くとけ込んでいました。
ユチョンは『トキメキ 成均館スキャンダル』の時と比べて、1話、2話では、笑顔が多く、本当にその笑顔に癒されました。
そして、ドラマの中のひとコマですが、ビシッと決めたスーツ姿で、ユチョンの流ちょうな英語のスピーチに、みんな目をハートにしていたと思います。本当に素敵なシーンでした。

ドラマが終わると、記者会見の時の様子などが出たのですが、ユチョンとユファンの2ショットインタビューがあり、ユチョンは「親戚中大変で、母親もユファンのドラマは、生で観るのに、僕のは再放送なんです」って拗ねたことを言っていましたが、ユファンを見るユチョンの目はとても温かくてうれしそうでした。
そして「ユファンは、無口であまり喋らないけど、目で通じ合える」というような話をしていました。
本当に弟のことが大好きなユチョンが画面からも伝わりました。

あと「今回のドラマのみなさんからの期待は、うれしいプレッシャーとして受け止める」とユチョンが話していました。

あと記者会見で、記憶にあるのは、「イ・ダヘさんとカン・ヘジョンさんはどちらが好みか?」との記者の質問に、しどろもどろで、何て答えたら…と困り果ているユチョンに助け船を出したのがスンウさんで、「俺ってことで」と言われ、「はい、そういうことで」みたいに、優しいスンウさんの助け船にユチョンが胸を撫で下ろしていました。
本当に、真剣にどう答えようと、困っているユチョンを見ているのも楽しかったですが…。

あと、ユチョンが、ユヒョンという人物は、涙を心にしまいこんでいるという点が、よく似ているって言ってたかな…。

いよいよ、Mnet japanで、日本初放送の『ミス・リプリー』が始まります。
ちょっと、重そうなドラマで、真剣に入り込んでいきそう…、そして、4人のキャストに大注目!
本当に、楽しみなドラマです!

【放送情報】
Mnet Japanで日本初放送!
ユチョン出演最新作「ミス・リプリー」見どころガイド
放送日:7月30日(土)午後11:00~0:00
再放送:8月2日(火)深夜2:00~3:00、8月3日(水)午後4:00~5:00

ドラマ「ミス・リプリー」
8月13日(土)放送スタート!
初回放送:(土)(日)午後8:45~10:00
再放送:(月)(火)朝10:30~11:45、(土)朝10:30~11:45、午前11:45~12:00(2話連続放送)
*8月29日(月)~9月5日(月)までの月~金朝8:00から#1~#6をキャッチアップ放送!

人気記事 おすすめ記事