韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2017年6月19日01時37分 月曜日 【レポ】FTISLAND、CNBLUEの後輩ボーイズグループ“SF9(エスエフナイン)”、日本デビュー曲『Fanfare』リリースイベントを開催!

20170606_SF9_0222

日韓のみならずアジア各国で活躍するロックバンドFTISLANDやCNBLUE、そして注目のガールズグループAOAらを輩出してきたFNC ENTERTAINMENTが初めて手掛けた男性ダンスボーカルグループ“SF9(エスエフナイン)”。
韓国では2016年10月にデビューした彼らが早くも6月7日(水)に『Fanfare』で日本デビューを果たした。
そして、デビュー前日の6月6日(火)には、東京・お台場のヴィーナスフォートにて、リリースイベントも行われた。

20170606_SF9_01メンバーが登場するや否や、『Fanfare -Japanese ver.-』がスタート。
会場は大きな歓声の渦に飲み込まれ、一気に熱が上がる。間近で観るSF9に大興奮のファンの熱気に応えるように、ステージから飛び出してしまいそうな勢いのパフォーマンスを見せる9人。
パフォーマンスを終えると、長身でスタイル抜群の9人が一列に並び、「To Be Sensation!こんにちはSF9です!」と挨拶。
MC古家正亨から「どうですか、この雰囲気」と聞かれると、「とっても気分がいいですね。」と興奮気味に答えるダウォン。テヤンからは「とてもたくさんの方が来てくださって、すごく感動しています。このあとも頑張ります!」と喜びの声が。
ここで、1人ずつ自己紹介をすることに。
「190cm、彫刻プリンス、ボーカル担当のロウンです。」
「ツンツンデレデレ、ツンデレセクシー、カリスマラップ担当のジュホです。」
「パワフルなダンスとボーカル、テヤンです。」
「キュートな末っ子、ラッパーのチャニです。」
「笑顔120点のリーダー、ヨンビンです。」
「猫大好き、フィヨンです。」
「毎日毎日セクシーなダウォンです。」
「優しいハニーボイスのジェユンです。」
「愛嬌満点のイケメンブレイン、ボーカル担当インソンです。」
と日本語でそれぞれがアピール。

20170606_SF9_05ここで改めて、古家からSF9についての説明が。
SF9というグループ名は「Sensational Feeling 9」の頭文字を取ったもので、「世界を驚かせる少年たち」を意味しており、また、数字の「9」は人数だけではなく、チームの人気が永遠に続きますように、という「久」という漢字の意味も込められているという。
そんなSF9の魅力、アピールポイントを聞かれると、ロウンが「メンバーが9人いますよね。その9人全員のカラーが違うので、それぞれのカラーも美しいんですが、それが1つになった時に、ちょうど虹のように、さらにいろいろな魅力を見せられるのが、SF9の魅力だと思います。」と美しい表現で魅力をアピールした。

明日の日本デビューを控えた今の気持ちを聞かれると、ヨンビンからは「待ちに待った瞬間です。こんなにたくさんのみなさんが僕たちに会いに来て、応援してくださって、緊張もしてドキドキしているんですが、僕たちが日本でファンファーレを鳴り響かせることができるように、最善を尽くして、舞台に臨みたいと思っています。」という意気込みが発せられた。

昨年の韓国デビューから日本デビューまでの期間は約8ヶ月と短かったが、日本デビューの話を聞いた時はどんな気分だったか、と聞かれると、インソンが勢いよく「僕が答えます!」と手を上げ、「日本でのデビューが決まったと聞いた時は、ああこれで日本の美しいファンのみなさんの前に立てるんだ、という風に思いました。とても興奮してワクワクしました。」とその時の様子を伝えた。

日本でやりたいこと、目標はについては、ジェユンから「ここ日本でもライブをたくさんして、みなさんに来てもらえるようになるのが1つ目の目標です。2つ目は、僕たちが日本語の勉強をして、積極的にみなさんとお話ししたいです。そして、最後はSF9の曲を聞いた時に、『あ、SF9だ!』と思ってもらえる、そんなグループになるように努力をしていきたいです。」と熱い気持ちが語られた。

20170606_SF9_0216その言葉に古家も「本当に一生懸命日本語の勉強をしているんですよ。」と明かし、さらにここで日本単独公演決定のうれしいお知らせが発表された。
この発表に沸く会場にダウォンも「うれしーーー!!!」と声を上げ、フィヨンも「とてもうれしいです。日本のファンのみなさんと僕たちの単独の公演でお会いするために、一生懸命頑張りますし、ステージで楽しめるように、一生懸命準備して臨みたいと思います。」と意気込みを語った。

さらにデビュー当日となる6月7日にはLINE LIVEでの生放送『日本デビュー記念!SF9と一緒に気持ちいいこと、はじめようか』が放送されることが伝えられた。この番組タイトルに会場も内容が気になる様子だったが、チャニからは「それ(内容)は、秘密です。みなさん、なので、LINE LIVEをぜひ見てください!」と日本語で思わせぶりなコメントが。

ここでメディア向けのフォトセッションが行われ、客席をバックに写真を撮ることに。
カメラに向かってポーズを決める9人だったが、フラッシュのせいなのか、なぜかロウンがくしゃみを連発し、会場からも笑いが起こった。
さらに、会場のファンにもフォトタイムがプレゼントされ、思い思いの素敵な表情で会場を魅了した。

続いて、SF9らしいダイナミックなパフォーマンスで『ROAR -Japanese ver.-』『K.O. -Japanese ver.-』の2曲を披露。
興奮冷めやらぬ会場にダウォンが「楽しかったですか?」と呼びかけると、大歓声が起こった。
さらに「8月には1stライブが決定していますので、みなさんぜひ来てください。」と流暢な日本語で伝えると、最後は「以上、SF9でした!」と全員で挨拶し、ステージを後にした。

20170606_SF9_03

□SF9 JAPAN OFFICIAL SITE:http://sf9-official.jp
□SF9 JAPAN OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/SF9_official_jp
□SF9 JAPAN OFFICIAL Facebook:https://www.facebook.com/SF9.official.jp
□SF9 JAPAN OFFICIAL Instagram:https://www.instagram.com/sf9_official_jp

Fanfare<初回限定盤A>

Fanfare<初回限定盤B>

Fanfare<通常盤>