韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年5月27日18時38分 月曜日 【インタビュー】映画『ある会社員』ソ・ジソブ スペシャルインタビュー(2/2)

【インタビュー】映画『ある会社員』ソ・ジソブ スペシャルインタビュー(2/2)

Q.撮影中、大変なことの方が多かったと思いますが、面白かったこと、または印象に残るエピソードはありますか?
面白いことではなくて、つらかったエピソードになりますが、部下であった女性の同僚と戦うシーンがあって、実際に彼女があざになるくらい何回も叩いてしまいました。それがとてもつらかったし、その場から逃げ出したいなと思いました。実際アザになちゃうぐらいでした。

Q.ソ・ジソブさん自身が気に入っているシーンは?また、そのシーンを観客の方にどのように観てもらいたいですか?
映画の中で、最後の方でヒョンドがフンに向かって「幸せに、楽しみながら、誰かを愛しながら生きなさい」と言う言葉があるのですが、これはまさに、私が観客のみなさんに伝えたい言葉なのです。すごく幸せを感じながら、楽しみながら仕事をしている人は少ないんではないかと思います。ですからみなさんにも、今している仕事を一度振り返ってみて、自分は幸せに楽しみながらできているだろうかということを問いかけてみて欲しいと思いました。そういう思いで自分から提案したセリフです。観客のみなさんには、それを伝えたいなと思います。誰かに「今、幸せですか?」と問いかけたら、「幸せです!」と答える人はそんなに多くないのではないでしょうか。

Q.この作品の見どころは?俳優ソ・ジソブのここを見てほしいというところは?
見どころは、アクション、独特な設定、内容から伝わるメッセージですね。俳優ソ・ジソブを見てほしいというより、映画全体としてぜひ観てほしいです。映画を観て、私だけが見えてはいけないと思いますので。

Q.次回作の予定は?また、次回はどのような役をやりたいですか?
現在、次回作は検討中です。これからやってみたいものはありますが、今来ているオフォーの中には、アクションもあれば恋愛ものもあります。やりたい役というよりも、あくまでその作品のシナリオ次第ですね。

Q.「人生を楽しむ、仕事を楽しむ」ということが、この作品のテーマでもありますが、ソ・ジソブさんが仕事をしていていちばん楽しいと思う時は?
俳優としては、演技をしている時、その作品のキャラクターだからこそ、この行動を自然にできた時、するという演技が自然にできた時、カタルシスを感じて楽しいなと思いますね。

Q.会社員に見えるために気を付けたことは?
まずは、いつもスーツを着ていることです。一般の会社員の人も毎日スーツを変えることはないと思うので、同じようなスーツ、1着なのかなと思えるようなのを着ています。
ワイシャツは白を選びました。あと、ちょっと休みたいと思ったときには、ネクタイを緩めますよね。また仕事に取り掛かるときはネクタイを締め直す、そこに気を使いました。実際に自分もネクタイを締めてみると、本当にもどかしいですね(笑)。

(完)←前頁

ジソブさんのインタビューを終えて、とても真摯に適格に答えてくれる姿がとても印象的でした。
写真撮影の際も、モデルをされてたこともあり、一瞬にして色んな素敵な表情を見せてくれました。オーラがキラキラしていました。写真は別途ギャラリーとして紹介しますね。
そして、俳優という仕事をとても好きで、この映画でみんなに伝えたいと言っていた、幸せに、楽しみながら、周りのスタッフ、キャストを愛しながら、俳優という職業をやっているんだなあという感じがしました。この映画を観て、ジソブさんの演じる会社員からのメッセージを、ぜひ受け取ってみてください。

フォトギャラリー→こちら

人気記事 おすすめ記事