韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年5月29日23時19分 火曜日 韓流Mpost独占!イ・ビョンホン、キム・ユンソクW主演映画『天命の城』、演技派俳優パク・ヘイル、コ・スらが語るキャラクター・メイキング映像が公開!

『トガニ 幼き瞳の告発』『怪しい彼女』の俊英ファン・ドンヒョクが監督を務め、イ・ビョンホンとキム・ユンソクをW主演に迎えた歴史大作『天命の城』が6月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショーとなります。

極寒の地で繰り広げられる朝鮮王朝の存亡を賭けた男たちの熱き47日間の闘い
監督を務めたのは『トガニ 幼き瞳の告発』や『怪しい彼女』のファン・ドンヒョク。
主演には王と民が生き延びることを第一に考え、清との和平交渉を主張する吏曹大臣チェ・ミョンギル役にハリウッドでも活躍するトップスター、イ・ビョンホン。
そしてもう一人、大儀と名誉を重んじ最後まで戦うことを主張する礼曹大臣キム・サンホン役に『チェイサー』『哀しき獣』のキム・ユンソクを迎えた。
2人の大臣の対立の中で決断を迫られる朝鮮国王・仁祖には『神弓-KAMIYUMI-』のパク・ヘイル、山城の鍛冶屋役にコ・スと、韓国映画界を代表する俳優陣の豪華共演となっている。
また、今回音楽を手掛けた坂本龍一は本作が監督映画念願の初参加となっている。

第一線で活躍する演技派俳優パク・ヘイル、コ・スらが語るキャラクター・メイキング映像が公開。
この度公開されたキャラクター・メイキング映像では、朝鮮王・仁祖役パク・ヘイル、鍛冶屋のソ・ナルセ役コ・ス、朝鮮国将軍イ・シベク役パク・ヒスン、清の通訳官チョン・ミョンス役チョ・ウジンら豪華俳優陣が登場。撮影現場の映像に加え、彼らが演じた役についても語っている。
パク・ヘイルは「仁祖を演じるにあたり、制約された感じを出そうと努力しました。とても危機的な選択を迫られる状態で、これまでにない新しい役だったので考えることの多い現場でした。」と今回の役柄の難しさについて言及。

また、コ・スは「ソ・ナルセは王の檄文を伝達するという重要な任務を受けます。彼の馬鹿正直で不愛想だけどその中に秘めた人間的な魅力、温かさといった部分に惹かれました。」と役への想いを述べている。
実際に役者に寒さを体感させ、苦痛や苦悩を感じさせたかったというファン・ドンヒョク監督の意向で寒さの厳しい11月から5か月もの間、すべてのシーンを野外のオープンセットで撮影が敢行された。セリフを言う彼らの息は白く、頭に積もる雪からもその寒さが伝わる。また、ソ・ナルセ(コ・ス)が凍り付いた滝を登るシーンは楊洲のアイスフォール場で3~4日間にわたり撮影されており、聡明な現場感を伝えるための徹底したドンヒョク監督のこだわりがうかがえる。また、俳優陣に対しファン監督は「一つの作品で、これだけの良い俳優たちの演技を見られるということが、この映画の一番大きな楽しさでもあり、映画を観た観客に新たな体験をさせてくれると思う。」とコメントしている。

『天命の城』
監督:ファン・ドンヒョク『怪しい彼女』『トガニ 幼き瞳の告発』
音楽:坂本龍一
出演:イ・ビョンホン『王になった男』 キム・ユンソク『哀しき獣』 パク・ヘイル『神弓-KAMIYUMI-』 コ・ス『マルティニークからの祈り』
(C)2017 CJ E&M CORPORATION and SIREN PICTURESALL RIGHTS RESERVED
2017年/韓国映画/139分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:根本理恵/原題:남한산성/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン
公式サイト:http://tenmeinoshiro.com/
6月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
<STORY>
1636年、清が朝鮮に侵入し「丙子の役」が勃発。敵軍に完全包囲され、冬の厳しい寒さと飢えが押し寄せる絶体絶命の状況の中、朝鮮の未来を見据えた大臣たちの意見は激しく対立する。平和を重んじ清と和睦交渉を図るべきだと考える吏曹大臣チェ・ミョンギル(イ・ビョンホン)と、大義を守るべく清と真っ向から戦うことを主張する礼曹大臣のキム・サンソン(キム・サンソク)。対立する二人の大臣の意見に王・仁祖の葛藤が深まる。抗戦か、降伏か。朝鮮王朝の運命は――!?