韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2022年10月3日19時05分 月曜日 【レポ】LEO(VIXX)、3年ぶりのソロ公演『2022 LEO 3rd CONCERT [PIANO MAN OP.9] IN JAPAN』~止まらないトークと深みの増した歌声でMUSEを魅了!「今、写真撮ってます、僕の頭の中に」(2/2)

【レポ】『2022 LEO 3rd CONCERT [PIANO MAN OP.9] IN JAPAN』 at CLUB CITTA’(夜公演)(2/2)

先ほど流されたドキュメンタリー映像の話題になると、「僕の人生である音楽について、いろんな話をしてみました。日本語で(字幕が)書いてあったでしょ?」と茶目っ気たっぷり。
「軍隊にいる間、みなさんに僕の新しい姿をお見せしたくて、いろいろな勉強も努力もしました。今回出したアルバムでは新しい音楽の色、パフォーマンスをコンサートまで続けてお見せしたかったんです」と真剣に話すと、「この気持ち届いたんですか?」とMUSEの反応を確かめる。
そしていちばん悩んだのはセットリストだと明かし、自分の見せたいステージ、MUSEの観たいステージを「上手く調節しながら、流れを作っていくことが重要」と話すと、MUSEにどんなステージが観たかったのかと質問。早い段階から、「愛嬌」の声が上がっていたが、それをスルーするように(笑)、「カッコいい姿?かわいい姿?セクシーな姿?」と被せていたLEOだが、ついに諦めた様子で「愛嬌…」と受け入れると、両手で指ハートを贈る。「まだ恥ずかしいな」と照れていると、会場からは「ハンボンド(もう一度)!」コール。「ごめんなさい。このくらいの声で愛嬌は出ないです」と言ってあおると、さらに大きくなった「ハンボンド(もう一度)!」コールに応えていた。

「僕にとっては何ひとつ大切じゃないステージがないので、みなさんにもその気持ちが伝わったらいいと思います。本当に懐かしいよ。みなさんと話をするのが、みなさんと一緒に遊ぶのが。一緒に顔を見て、目を見ながら、いいですね。ちょっと見てもいいですか?」とじっくり会場を見渡し、次の曲へ。
『Touch & Sketch』では、掛け声が起こり、セクシーな振り付けに歓声も。続く『Tight(타이트해)』もセクシーに披露し、大きな歓声が上がっていた。

ステージ上でマイクチェンジを終えると、「昨日、牛カツがめっちゃ食べたくて、(日本に来て)すぐ食べました。めっちゃ美味しかったよ」とLEO。この会話から「僕も好きですか?どのくらい?返事しない人は?」と、初々しい恋人同士のようなやり取りに発展。
そして「僕ががんばっていることがもうひとつあります。知ってますか?」と本題に入ると、MUSEはすぐに「ミュージカル」と返答。LEOもご機嫌で「それはミュージカル俳優としての姿ですね」と続けると、会場から起こった拍手に「今日は拍手は必要ないんですよ、声だけ」と歓声を求めたところ、「話ちょっと、忘れちゃった」と言って笑いを誘う場面も。話すことを思い出したLEOは、「(声を出すのが)ちょっと恥ずかしければ『(手を上げながら)えー!』で」と歓声のお手本を見せ、MUSEが声を上げると、「『えー!』じゃなく『え~~!』ですね。やっぱり『わ~!』で、『わ~!』じゃなく『ぅわ~!』です」と、ここでもLEOならではのこだわりを見せていた。
ミュージカルの話題に戻り、ここ最近コロナのせいで韓国で上演されたミュージカルを観に行くことができなかった日本のMUSEに「少しずつ状況が良くなっているから、そろそろ観ることができると思います」と話すと、MUSEから先ほど自分でレクチャーした「わ~!」の声が上がり、たじろぐLEO(笑)。「『ぅわ~!』じゃなくて『ふぅ~!』」と反撃するも、すぐに対応するMUSEに「からかうなよ」とうれしそうにしていた。

気を取り直して「ミュージカルはジャンルが違うだけ、僕にとって成長していきたい分野」と話すと、2021年から2022年にかけて出演したミュージカル『フランケンシュタイン』からのナンバー『君の夢の中で(In Your Dream)』を披露。
LEOのコンサートでは、本格的なミュージカルナンバーが楽しめるのも醍醐味のひとつ。特に今回は本場韓国でミュージカルを観ることが長らくできなかった状況の中での歌唱とあって、スタンディングオベーションさながらの大きな歓声が上がっていた。

LEOがステージを後にすると、再びドキュメンタリー映像がスタート。アルバムタイトルの“OP.9”の理由やLEOの精神論、タイトなスケジュールでも休むことなく尽くしてくれるマネージャーへの感謝の気持ちが語られていた。

再び登場したLEOは、優しい歌声で『So easy』を披露。全てのことが癒されるようなヒーリング効果をもたらすと、続けて『Nostalgia(향수병)』へ。先ほどの優しい歌声に切なさもプラスされ、その独特な世界観に引き込んでいった。

最後のMCでは、MUSEへの愛を語ったLEO。
昔は人見知りだったというLEOだが、「今は止まらなく、しゃべりたくなるんです。これがみなさんと僕が親しくなったという証拠だと思います」と話すと、喜ぶMUSEたち。「これからもみなさんとこのような関係でつながっていきたいです。相変わらず僕の全てになってくれて本当にありがとうございます。みなさんのおかげで、僕もいつももっといい人になりたいという気持ちです」と感謝の言葉がとめどなくあふれ出し、さらに「今日のコンサートも絶対忘れられないと思います。みなさんと会ったら心があったかくなる気がします」と続ける。そして、最後の時間が迫る中、無言で会場を見つめ「今、写真を撮ってます、僕の頭の中に」と言って、「日本でコンサートするのが本当に夢みたいですね。日本語の勉強もめっちゃがんばってしました。永遠に、一緒にいきましょう。オレカジャ(ずっと一緒に行こう)。みなさんは永遠に僕のMUSEですよ」と締めくくり、「僕のMUSEのみなさんに捧げる曲」と紹介して、最後の曲『MUSE』へ。
頭の中でシャッターを切るように、会場のMUSEの顔をじっくりと目に焼き付けながら歌い、「オレカジャ」の言葉を残してステージを後にした。

会場からはすぐに「チョン・テグン サランヘ(愛してる)」コール。程なく“To my muse”というタイトルの自筆の手紙を写した映像で、MUSEと再び会えた喜びを伝えると、
Tシャツとジーンズ姿に着替えたLEOが登場。曲の途中で腹筋を見せ、毎回大盛り上がりとなる『Give me something』へ。今回も序盤から惜しむことなく腹筋を披露し、熱気が増す会場。もちろん「ハンボンド!」コールに応え、サビを何度も繰り返すサービスもあり、最後は指ハートで締めくくった。

「アンコールまで、本当に、本当にありがとうございました」と噛みしめるように話し始めると、「幸せですし、残念でもあるし、いろいろな感情を感じてます。みなさんも同じでしょ?3年ぶりだから。けれど、これからは離れられないから。ずっと会えるから。心配しなくてもいいよ」とMUSEに優しく言葉を掛けると、「今日を忘れないように」とMUSEと一緒に記念撮影。右手はハート、左手はVサインと指定し、シャッターに合わせてMUSEが「サランヘ~」と声を上げると、LEOも「愛してるよ~」と応えていた。
スタッフにも感謝の気持ちを伝え、「みなさんにとっても幸せな時間としてずっと記憶に残ることを願います。僕がどこにいてもつながっていることを忘れないで。約束!」と小指をかかげてMUSEと固く約束を交わすと、「寂しいけど、また会いましょう!また遊ぼう!オレカジャ!オレポジャ(ずっと一緒に会おう)!ありがとうございました!」と深々とお辞儀し、MUSEに声を掛けながらステージを後にした。

3年前のステージでも日本語能力に驚かされたが、今回も最初から最後まで、さらに磨きのかかった日本語で、日本のMUSEたちと双方向のコミュニケーションを取っていたLEO。歌にもさらに磨きをかけ、深みの増した歌声で、説得力のあるステージを披露してくれた。素晴らしい歌と面白いトーク、これ以上はないというくらいのステージを堪能できた公演だった。

(完)←前頁
フォトギャラリー&セットリスト→こちら

【リリース情報】
LEO 3rd MINI ALBUM [Piano man Op. 9]
発売中
□VIXX Official FANCLUB「STARLIGHT JAPAN」:http://lovevixx.com/
□VIXX日本公式Twitter:https://twitter.com/realvixx_japan(@RealVIXX_Japan)

人気記事 おすすめ記事