韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年11月8日02時08分 木曜日 【レポ】『ヤン・セジョン 1st ファンミーティング in JAPAN supported by TSUTAYAプレミアム』~“理想の年下男子”の「ヌナ達大好きです♡」にファンもメロメロ(2/2)

【レポ】『ヤン・セジョン 1st ファンミーティング in JAPAN supported by TSUTAYAプレミアム』 at 豊洲PIT(2/2)

カジュアルな装いに着替えたセジョンが登場すると、ポール・キムの『Every day, Every Moment(모든 날, 모든 순간)』という曲で真っすぐな歌声を披露。途中とてもいい歌詞だからと、「その全てが輝いた」の部分を日本語で歌うサプライズも披露し、大きな拍手を浴びていた。
カジュアルな装いがセジョンの雰囲気にとてもよく似合っていたが、普段は「正直、トレーニングウェアが好きです。イヤホンと帽子とトレーニングウェアです。(今日のような衣装は)絶対に着ないです。」と笑いを誘う場面も。

そして後半は“セジョンはどうする?こんな時?”のコーナーからスタート。
セリフは「あ」のみで色々なシチュエーションを演じるというもので、“いいアイディアが閃いた時”“忘れ物を思い出した時”“そうか、そういうことか、と納得した時”“クリスマスの夜に雪が降って来た時”は考える間もなく感覚的に演じ、“高いところから落ちた時”では少し高いところから実際に落ちながら、“別れた彼女にばったり会った時”は少し悩みながらも何ともいえない「あ」を絞り出し、“何言ってんの?意味がわからない、という時”では、「そういう時も『あ』を使うんですね?」と言いながら、「ん?あ?」と可愛い声を出していた。
あまり悩まずにすぐにそのシチュエーションに入り込む姿は、天才肌を感じさせるセジョン。今後の俳優としての活躍に期待が膨らむコーナーとなった。

続いては、“サイコロころころDreams Come True”のコーナー。
1.手をつないで客席を散歩/2.携帯で2ショット自撮り/3.『愛の温度』ラブシーン再現/4.携帯にモーニングコメント録音/5.プレゼント/6.ハズレの6項目がサイコロの目に割り当てられ、セジョンがサイコロを振って、出た目の項目がファンに贈られることに。
会場の中から3名が選ばれ、ステージに招かれると、ファンの希望を聞き、なるべくその番号を出そうとするセジョン。しかし、サイコロはなかなか思うように転がらず・・・というところでステージの照明が暗転、その隙にスタッフがサイコロの目を操作するというサービス?!で、最初のファンの希望の“携帯にモーニングコメント録音”が当選。セジョンは「イロナ~、イロナ~、パリ~(起きて~、起きて~、早く~)」と韓国語で録音してくれた。
その後も何からの方法で(笑)、ファンの希望のサイコロの目が出て、残りの2名はそれぞれ“携帯で2ショット自撮り”、“プレゼント”を選択。
セジョンは上手に携帯で自撮りをし、プレゼントは自分で買ってきたのはもちろん、ラッピングもしてサインもしたという自分の好きな香水という心の込もったもの。「今つけている香水と同じものですか?」と聞かれると、「プレゼントは女性用で、僕は男性用を使っています。しかも、ジョンソンが使っていた香水を使いました。」とこだわりを見せ、ファンを喜ばせた。

まだ出ていないサイコロの目があるということで、さらに3名が抽選で選ばれることに。
“手をつないで客席を散歩”を選んだファンと客席をぐるっと一周すると、他のファンにもファンサービス。短い時間だったが、「手汗を掻いてしまいました。」と、ここでも初々しいセジョン。
“『愛の温度』ラブシーン再現”では、トークコーナーでも出てきた“雨の日の告白シーン”を再現。「僕はオ・ジョンソンだ、ジョンソンだ。」と呟きながら、ジョンソンになりきっていくセジョン。「付き合おう」と日本語で甘く告白し、ファンもうっとり。
最後のファンは“ハズレ”しか残っていなかったが、セジョンはもうひとつプレゼントを用意してくれていて、プレゼントをもらえることに。先ほどの香水は愛らしい香りだったのに対して、こちらは魅惑的な香りの香水。Yumi曰く、「セロテープがめっちゃ貼ってある」心の込もったラッピングがセジョンらしく、温かみが感じられた。

間もなくイベント終了ということで、セジョンからは最後の挨拶が。
「本当に正直に、本当に正直に言います。元々このイベントが終わったら、台本には握手を1回ずつするって書いてあったんです。もちろんそれでもうれしいですが、たとえ早く終わっても、台本になかったとしても、握手をおひとりずつしたいな、と思っていました。」という言葉で会場は大興奮。
さらに「僕のような者のために、ここまで来てくださって、本当にありがとうございます。心から感謝しています。何よりも健康で、本当に健康で、そして幸せでいて下さったらうれしいです。本当にありがとうございます。」と真心の込もった言葉を伝え、最後は歌のプレゼント。
キム・ジョハンの『愛に溺れたい(사랑에 빠지고 싶다)』を心を込めて歌い、「ありがとうございます、カムサハムニダ!」と言って帰るのかと思いきや、「大切な瞬間なので、写真を(撮りましょう)。」と、最後は全員で記念撮影。
「ありがとうございます。また会いましょう。」とファンに声を掛けながら、ステージを後にした。

初来日で日本初ファンミーティングということで、終始緊張した様子だったセジョン。ふとした瞬間に、マイクで話すのを忘れたり、通訳さんを見て話してしまったりという場面もあったが、それが逆に自然体のセジョンを見ることができたようで、ファンの好感度は上がったに違いない。
とても謙虚で、際どい質問も答えを濁すことなく、どこまでも正直で、そして時にはマイペースな部分も見せ、“理想の年下男子”という言葉通りの印象を受けた。
次はどんな役に没頭するのか、楽しみで仕方がない。

(完)←前頁

【「TSUTAYAプレミアム」サービス概要】 https://tsutaya.tsite.jp/premium/index
月額料金:1000円(税抜)~
内容:
(1)TSUTAYA店舗で旧作DVD/Blu-rayが借り放題
(2)動画配信サービス「TSUTAYA TV」の中から新作・準新作などを除く動画見放題作品約10,000タイトルが見放題
 返却期限/延長料金/レンタル更新料もナシ。

「愛の温度」
TSUTAYA先行で好評レンタル中
DVD-BOX1、DVD-BOX2 好評発売中
各¥17,500(税抜)
発売・レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント
セル販売元:TCエンタテインメント
(C)SBS
【公式サイト】http://culture-pub.jp/ainoondo/
【予告編】https://youtu.be/5T5-fKKZulA