韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年4月20日19時35分 金曜日 【レポ】「日韓友情フェスタ K-POP FESTIVAL 2018 in TOKYO」、NCT DREAM、IMFACT、TSTが完全体で出演し大盛況!(1/2)

20180415_yujofes_TST_1

新しい季節、春の到来と共に新しくバージョンアップされ開催された「日韓友情フェスタ K-POP FESTIVAL 2018 in TOKYO」、『K-POP』を楽しみながら、温かい分かち合いGFSCチャリティーへ貢献できる、他とは一味違う春の新音楽祭が、4月15日(日)豊洲PITにて昼公演と夜公演の2部で開催された。夜公演のレポをお届けします。

【レポ】「日韓友情フェスタ K-POP FESTIVAL 2018 in TOKYO」 at 豊洲PIT(夜公演)(1/2)

「日韓友情フェスタ K-POP FESTIVAL 2018 in TOKYO」は、ケガから復帰したジェミンの“初”日本公演で7人のステージとなったNCT DREAM、『THE UNIT~アイドル再起プロジェクト~』に出演後5人揃ってのステージを披露したIMFACT、療養中だったウヨンが復帰し久しぶりの7人揃い元気いっぱいのステージを披露したTST(TOPSECRET)が出演し、カラーの違う3組がそれぞれの個性を活かしたステージを披露し大盛況で終えた。

夜公演ではNCT DREAMのマーク&ジェノコンビが日本“初”MC挑戦。
二人が登場すると大歓声が上がり、その歓声に応えるように「ヒュー!ヒュッヒューヒュー」とテンションを上げてセンターへ!
「みなさんこんばんは。お久しぶりです。今日のスペシャルMCのNCTのマークです。どうぞよろしくお願いします。」「みなさんこんばんは。NCTのジェノで~す。よろしくお願いします。今日のMCは緊張しますが、マークヒョンといっしょにがんばりま~す!」「みなさん一緒にがんばりま~す!」と日本語で可愛らしく挨拶。
「今回のテーマ“K-POP SMILE”知ってますよね?みなさんが笑顔になるようなカッコいいステージを用意しました。」と韓国語で話した後、日本語で「みなさん、笑顔になる準備できましたか?」と呼びかけ、「ネー!(はい)」と会場から返事が返ると、「では、最初のアーテイストをご紹介します。(日本語)」「僕たちと同じ7人のグループTSTです。(韓国語)」と紹介し、紺色の揃いの衣装でTSTが登場。

TSTは、メンバーのキョンハとジョンフンが『THE UNIT~アイドル再起プロジェクト~』に出演、療養中だったウヨンも復帰し、久しぶりの7人揃っての完全体でのステージがとても嬉しそうで気合の入ったステージを見せてくれた。
1曲目は、TST韓国デビュー曲『She』、2曲目は、TOPSECRET 2nd Mini Album ‘Wake Up’に収録されている『Dumb(좋다니까)』。
日本語でメンバーそれぞれ慣れた感じで自己紹介。2017年1月にデビューしたばかりのグループでトークを日本語でほぼ全部がんばって話しているところが素晴らしい。豊洲PITは、デビュー後初となる日本単独ショーケースを開催した思い出深い場所ということから、また来られてうれしいという話や、たくさんの人の前で歌えてうれしいことなどを語り、グループのマンネ(末っ子)が“K-POP SMILE”から愛嬌を見せたり、地下鉄のアナウンスを真似するメンバーが会場を盛り上げたり、TSTというグループを初めて見る人にも印象に残るようなトークを展開した。
3曲目『Without you』は、歌をしっかり聴かせる曲でボーカル力を披露し、続いて『YESMAN』は、アップテンポの曲でシンクロ率の高い切れのいいダンスを見せた。

歌い終えると、「まだ僕たちは足りないですけど、たくさん応援してくれてありがとうございます。」とコメント。
キョンハとジョンフンが『The Unit』に出演した時の話になり、練習以外で楽しかったエピソードとして休憩時間にたくさんの人がいたのでいろんなゲームして楽しかった話と仲良くなった先輩の話で、MYNAMEのセヨン先輩やこの後出演するIMFACTのウンジェ先輩などを挙げた。
「5月に韓国でカムバックするタイトル曲、期待してください。」と最後の曲は、2nd Mini Album ‘Wake Up’のタイトル曲『MIND CONTROL』で締めくくった。

20180415_yujofes_IMFACT_3

2組目は『THE UNIT~アイドル再起プロジェクト~』にメンバー4人が出演し、久しぶりの5人完全体で登場したIMFACT。
4月17日にリリースされる新曲『THE LIGHT(빛나:輝いて)』を披露し、IMFACTらしい力強い個性あふれるステージで観客を盛り上げた。続いて『Feel so Good』を披露した後、それぞれが挨拶。
リーダーのジアンは「久しぶりに日本に来ましたが、みなさんにすごく会いたかったです。今日は、会いたかった気持ちをこのステージでお見せします!」と伝えた。
ボーカル力が際立つ『Please be my first love』ではさわやかな魅力を放ち、『Tension Up』では、タイトル通り会場のテンションをさらに上げた。

『The Unit~アイドル再起プロジェクト~』に出演したテホは「たくさんのことを学び、たくさんのことを感じた時間でした。」、ジェオプは「番組を通して、個人の魅力をお見せすることができました。THE UNITでは、たくさんの人が応援してくれてIMFACTを知ってもらえる良いきっかけになりました。」とコメント。

最後の曲『Lollipop』では、はつらつとしたステージを繰り広げ、会場をヒートアップさせた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事