韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年8月3日16時08分 月曜日 【レポ】Dal★Shabet公式ファンサイトオープン記念イベント@新大久保K-Stage O!(1/2)

20150725_dalshabet_A_A0025

2011年に『Supa Dupa Diva』でデビューし、音楽はもちろん、ドラマや映画、バラエティー番組にまで活躍の場を広げている6人組ガールズグループDal★Shabet(ダルシャーベット)。
そんな彼女たちのジャパンオフィシャルファンサイトのオープンを記念して、来日イベントが行われた。
7月24日(金)に渋谷のタワーレコードで行われた記者会見、ファンミーティングに続き、翌25日(土)には新大久保のK-Stage O!で昼・夜2公演のイベントが行われたが、今回はその夜公演の模様をお届け!

【レポ】Dal★Shabet公式ファンサイトオープン記念イベント@新大久保K-Stage O!(1/2)

セクシーでキュートな彼女たちだけに、会場にはたくさんのファンが詰めかけ、開演前から熱気ムンムン。ウヒがドラマの撮影のため、急きょ帰国しなければならなくなってしまったという残念なお知らせもあったが、『JOKER』に乗せてVTRがスタートすると、メンバーの登場前から大歓声。
20150725_dalshabet_A_A0140特に男性ファンからは熱い声援が飛び、いよいよメンバーが登場!
まずは日本のファンのために日本語の歌詞を準備したという『To Darling (JP ver.)』を披露。
続けて『B.B.B (Big Baby Baby)』がスタートすると、ファンからは掛け声もかかり、2曲目にしてもう会場はヒートアップ!

ここで、「私たちはDal★Shabetで~す!」と元気に挨拶すると、自己紹介へ。
スビン「みなさ~ん、私はDal★Shabetの背が高い末っ子のスビンです!」
カウン「こんばんは、カウンです!」
セリ「Dal★Shabetの魅力いっぱいのリーダー、セリです!」
アヨン「私はまるまるアヨンです!」
ジユル「おはようございます。私はみなさんを愛してるジユルです。」
と全員日本語での自己紹介に続き、ファンの熱烈な声援の中、ファンへの気持ちを歌ったという『To Darling (JP ver.)』の話や、ファンサイトオープンの報告があると一段と大きな声援が送られた。

そしてスビンの「みなさん私たちの曲『JOKER』を知っていますか?歌ってみてください!」という呼びかけに会場が「JOKER!JOKER!」と応えると、次の曲『JOKER』へ。掛け声の嵐で、5人もノリノリとなり、続く『내 다리를 봐 (Be Ambitious)』では、セリがハートを作りながら「愛してる~!」と叫んだり、ジユルはファンの応援ボードを持ってアピールしたりと、元気なパフォーマンスで応えた。

曲が終わると、スビンが会場にDal★Shabetのコスプレをしているファンの女の子たちを見つけ、「日本のDal★Shabetがいるようなんですけど、誰がスビンですか?」と大興奮。他のメンバーも「誰がアヨン?」「セリはいます?」と興奮する中、スビンが「スビンさんが一番かわいいですね。」と言って笑いを誘った。

20150725_dalshabet_A_A0304ここで特別に準備したという、Dal★Shabetがファンに教えたい韓国語やファンがDal★Shabetに教えたい日本語を勉強する“日本語&韓国語講座”がスタート。
「처음 뵙겠습니다(チョウム ベッケスムニダ):初めまして」や「수고하셨습니다(スゴハショッスムニダ):お疲れ様でした」に続き「잘자요(チャルジャヨ):おやすみなさい」が紹介されると、メンバーそれぞれが個性的な「잘자요(チャルジャヨ)」を披露。かわいい「잘자요(チャルジャヨ)」を披露すると言ったジユルにはなかなかメンバーから“かわいい”の認定がされず、何度もチャレンジする場面も。その後も、カウンがおばあちゃん役になったり、セリは今韓国で流行っているバージョンの「잘자요(チャルジャヨ)」を披露して会場を盛り上げた。

今度はファンから募集した“Dal★Shabetに教えたい日本語”を勉強することになり、ファンのリクエストに応えて、セリは「お仕事がんばってくださ~い!」、ビール好きのカウンは「とりあえず生ビール!」を披露した。

ここで一旦ステージを後にすると、カジュアルな衣装にチェンジした5人が再び登場、『Supa Dupa Diva』へ。
お待ちかねとばかりに会場からは大きな掛け声が上がると、ここからは個別のステージがスタート。
(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事