韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年1月13日21時01分 水曜日 【レポ】Apeace、2020年最後のオンラインライブ配信~ソンホも加わり10人でのステージ!サンタさんにもらいたのは「AngelPeaceの応援と拍手」(2/2)

【レポ】Apeaceオンラインライブ配信『Apeace LIVE STAGE-Merry X’mas-』&『Apeace After Talk Show』(2/2)

残念ながらここでエンディングトークとなると、今回は2020年最後のライブということで、2020年の感想を交えながらひとりずつ最後の挨拶へ。
スンヒョク「今、メンバーみんなとがんばって練習しながら日本で活動してるのが、まだ信じられないくらいうれしいんですよ。来年の計画をちゃんと立てて、もっともっとカッコいいスンヒョクとApeaceになればいいな、と思う気持ちです」
ヒョンソン「(活動できなかった時は)本当に辛くて、大変だったけど、この(オンラインの)ライブでみなさんと会えることになって、本当に満足して、来年また良くなって、みなさんに会えることができたらいいんじゃなかと思っています」
シヒョク「ソンホお兄さんまで来て、この10人で楽しいステージを作ったと思うんで、みなさんも楽しんだと思います。もっともっとがんばります!」
ウォンシク「来年はこの悪い時代が早く終わって、みなさんと会えますように、祈りながら、今年も元気で過ごしたいと思います」
ヨンウォン「今までApeaceのことを支えてくださったAngelPeaceのファンのみなさんの思い出がなかったら、今年本当に心が折れそうで耐えられなかったと思うんです。Apeaceのことを色んなところで応援してくれる方に、2021年はもう一個成長した、もっといいエネルギーを伝えられるApeaceになりたいと思います」
ジヌ「僕たちとみなさんが今まで、そしてこれから過ごす、めっちゃ長い時間の中で、1年は寂しいことがあったんですけど、これも一緒に乗り越えて、またこれからも一緒にいい思い出を作りたいと思います」
ゴンヒ「今年Apeaceに戻れることだけで本当に胸がいっぱいです。幸せすぎて本当にうれしいです」
J.D「2020年はみなさんに会えない日々が続いてて、僕らもAngelPeaceのみなさんも寂しい年になったとは思うんですけど、3人が戻ってきて、10人でのステージも披露することができたし、新しい曲も出させていただいたので、その曲を聴きながら、もっと僕らのことを考えていただけたらうれしいです」
ソンホ「みなさんがいる場所で早く公演をしたいし、みなさんの掛け声とか、応援とか、拍手とかを感じたいですよ。だからコロナをぶっ飛ばして、そういう風にしましょう」
ヨンウク「今年は当たり前な日常のことを感謝する1年になったんじゃないかと思うんです。みなさんと離れながら寂しかったんですけど、こうやってでもライブができるのは、本当にみなさんの愛があるから、できたんじゃないかと思うんです。来年は危機を超えて、危機を機会に変えるApeaceになりたいです」

最後は「少しでもみなさんの心が温まる1曲になれたらなと思います」とJ.Dが紹介して、『White LOVE』で優しい気持ちのこもった力強い歌声を聴かせてくれた。
そのままステージを後にするかと思いきや、最後まで残ったソンホが「ちょっと足りないんじゃない?僕が足りないから、もう1曲アンコールにしましょう。アンコール!」と言って、再び全員がステージへ。
途中でメッセージも交えながら『Sweet Sweet』を甘く歌うと、スクショタイムをプレゼントして、「みなさん、今日、誠にありがとうございました!We Are Apeace!」といつもの挨拶をして、今度は本当にステージを後にした。

第2部は『Apeace After Talk Show』と題され、ライブとは違った趣向に。
先ほどよりもリラックスした雰囲気で、トークでは新曲の衣装の裏話も。さらに新曲2曲と先ほどのライブでは披露されなかった『君というプレゼント』『Noel』も披露された。

また、ジヌとヨンウクが準備したというコーナーでは、難しい数字のゲームに挑戦。シヒョク、ヨンウォン、ウォンシク、ゴンヒのTwentyチームとJ.D、スンヒョク、ソンホ、ヒョンソンのTwenty Oneチームに分かれ、それぞれボックスから数字が書かれた紙を引くと、その数字により近い数字を相手チームに言わせるような質問をするという難易度の高いゲームで、質問の答えで出た数字は加算されていくというルール。
「昨日食べたサムゲタンの値段は?」「ゴンヒの頭からアゴまでの長さは何cm?」などの質問に、お互い探り合いながら答え、Twenty Oneチームは15000を目指して14750、Twentyチームは300を目指して見事300という結果になり、Twentyチームが勝利となった。
勝利チームはルーレットにほしいものを記入し、当たったら会社からプレゼントしてもらえるということで、大盛り上がり。ルーレットはハズレてしまったが、ゴンヒがお願いした韓国料理のお弁当は出してもらえることとなった。

最後の挨拶では、ヨンウクとジヌが歌で今の気持ちを表現したり、それぞれが今日の感想やAngelPeaceへのメッセージをコメントすると、新曲の『Shake it up! -Hot Lips-』でステージを締めくくり、全員で手をつないで礼をして、ステージを後にした。

(完)←前頁
セットリスト→こちら

人気記事 おすすめ記事