韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2020年6月3日02時49分 水曜日 クォン・サンウ主演!売れない漫画家。その正体は、元最強の暗殺者―。映画『ヒットマン エージェント:ジュン』、日本公開決定&場面写真解禁!

韓国で240万人動員の大ヒットとなったクォ・サンウ主演映画『Hitman:Agent Jun』の日本公開が決定!
『ヒットマン エージェント:ジュン』の邦題で9月25日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショーとなります。併せて場面写真が一挙解禁となりました。

国家情報院に拾われ暗殺要員として育てられた孤児少年「ジュン」は、瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとなった。しかし、漫画家になるという幼い頃からの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。15年後―。ジュンは憧れの漫画家になったが、全く売れずにいた。自暴自棄になり泥酔したジュンは、酔った勢いで暗殺要員時代の国家機密をネタにした漫画を描いて配信すると大ヒット!焦ったジュンだが、時すでに遅し。漫画を読んだ国家情報院とテロリストに生きていることがバレてしまい、命を狙われることになる…。

本作はダイナミックなアクション・シーンと登場人物がウェブトゥーンやアニメーションとしても描かれ、実写アクション・シーンとの間を行ったり来たりしながら、今まで見たことがないような、斬新で新鮮なシーンが繰り広げられるのも見どころ。
アクション、コメディ、ラブストーリー等あらゆるジャンルの作品に出演し、常に観客を魅了してきた、韓国を代表する人気俳優クォン・サンウ。近年では、TVドラマへの出演が目立つが、今年は本作を含め『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』『鬼手』の主演映画3作品が立て続けに日本でも公開され、スクリーンでのさらなる活躍が期待される。

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』は9月25日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー。

<クォン・サンウ主演3作品連動キャンペーン決定!>
立て続けに公開されるクォン・サンウ主演3作品をすべて鑑賞して、韓国オリジナルチラシセットをプレゼントするキャンペーンが決定!詳細は劇場公式HPをご確認ください。
<対象作品>
・『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』(クロックワークス配給)
・『鬼手』(ツイン配給)
・『ヒットマン エージェント:ジュン』(アルバトロス・フィルム配給)
『ヒットマン エージェント:ジュン』
<STORY>
国家情報院に拾われた孤児の少年は、「ジュン」と名付けられ暗殺要員として育てられた。瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとなったジュンだったが、漫画家になるという幼い頃からの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。それから15年後―。ジュンは妻子を持ち憧れの漫画家になったが、全く売れずに妻の稼ぎとバイトで暮らしていた。自暴自棄になり泥酔したジュンは、暗殺要員時代の機密を漫画に描き配信してしまう。朝になり正気に戻ったが時すでに遅く、漫画は大勢の人に読まれ皮肉にも大人気となっていた。しかし、漫画を読んだ国家情報院とテロリストに生きていることがバレてしまい、命を狙われることになる…!

出演:クォン・サンウ「推理の女王」「天国の階段」
   チョン・ジュノ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」
   ファンウ・スルヘ「レッスル!」
   イ・イギョン「殺されたミンジュ」
   イ・ジウォン「黄泉がえる復讐」
   ホ・ソンテ「犯罪都市」
監督・脚本:チェ・ウォンソプ
2020年/韓国映画/韓国語/110分/16:9ビスタ/5.1ch/字幕:安河内真純
原題:히트맨/英題:Hitman:Agent Jun/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:hitman-movie.jp
(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
9月25日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー

人気記事 おすすめ記事