韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2022年12月21日13時26分 水曜日 【レポ】INI(アイエヌアイ)1ST ALBUM『Awakening』“覚醒前夜祭”生配信 取材会~今年の漢字はスペク“寅”?!2023年、INIの第二章は「改めて気を引き締めてがんばっていきたい」

2022年12月13日(火)都内某所にてINIによる1ST ALBUM『Awakening』“覚醒前夜祭”生配信が行われ、木村柾哉、髙塚大夢、田島将吾、藤牧京介、尾崎匠海、西洸人、松田迅、許豊凡、池﨑理人、佐野雄大、後藤威尊の11人が登壇した。
本イベントは、翌日14日のINIの記念すべき1ST ALBUM『Awakening』発売を目前に、INI Official Twitter・Instagram・TikTok・YouTubeと4つのメディアに同時生配信でアルバムにちなんだトークをファンに届けるといった初の試みとなった。
生配信後には、メディア向けの取材会も開催され、来年の抱負などが語られた。

この取材会の模様をお届けします!

【レポ】INI(アイエヌアイ)1ST ALBUM『Awakening』“覚醒前夜祭”生配信 取材会

―1ST ALBUM『Awakening』の好きな曲、おすすめの曲は?
松田『BAD BOYZ』をおすすめします。テンション上がる曲だと個人的に思ってて、ラストサビの洸人くんのシャウトって言うんですかね?そこからブチ上がる感じが好きで、パフォーマンスしてて結構気持ちいいので、そこも見てほしいです。
西シャウトの西です(笑)。僕もそこの部分を個人的にすごい好きでですね。(おすすめは)やっぱり『SPECTRA』。作詞したっていうのもあるから、それは外せないですね。やっぱり初めてそういう経験をさせていただいたので、自分の中でとても思い出に残った曲ですね。それを理人とかタジ(田島)とか威尊とか、ラップパートを主にやらせていただいたんですけど、パフォーマンスを後ろから見ながら一緒にできて、「かましてくれてる~」みたいな、そのパートとかがすごい好きですね。あと最近マッキー(藤牧)と一緒に、俺が低いほうでマッキーが上みたいなさ、何か最近多くない?ほかの曲でも。
藤牧多いですね、確かに。
西それも『SPECTRA』では特徴的なシーンがあるので、最後のほうとか。そことかもやってて、「マッキ~!」みたいな感じで、結構好きです。
佐野僕は『Dramatic』がめちゃくちゃ好きで、本当に今までのINIになかったような新しい風が吹いている楽曲だなって思ってて、メロディとかもすごいクセになりますし、ダンスとかも今までに使ったことのない体の動きとかすごいたくさんあって、迫力も満点で、大お気に入りの曲となっております。
僕は『Do What You Like』という曲が好きです。INIの楽曲の中で、今までにないようなR&Bの曲調になっていて、とてもさわやかで、軽い曲調になっています。ドライブだったり、お出かけだったり、そういうシーンで聴いてくれたら、いいなと思います。
木村僕は『Let Me Fly~その未来へ~(INI Ver.)』なんですけど、練習生60人が集まって最初は披露したんですけど、その時はたくさん練習生がいたんですけど、この11人も初めてそこでたぶんひとつのものを作り上げたものなので、本当に原点なので、それをまた新しいINIバージョンとしてお届けでききているので
、ぜひそれも楽しんでいただきたいなと思います。

―デビューから1年、ここが“Awakening”な瞬間だったなと思う思い出はありますか?
田島今、『Awakening』のアルバムを引っ提げたツアーの準備をしている最中なんですけど、リハーサルの中で、みんなですごい量の汗をかきながらやっている瞬間が“Awakening”している感じをしみじみと感じています。
藤牧WANIMAさん主催の『ワンチャンフェス(1CHANCE FESTIVAL 2022)』に出演させていただいた時が、“Awakening”だったなと思うんですけれども、初めての野外ライブをさせていただいて、新しい気持ちで、挑ませていただいて、心の底から楽しいライブをさせていただいて、“Awakening”だったなと思います。
尾崎ドラマに出させていただいたんですけど、そこが自分の中でも“Awakening”なポイントだったなって思っていまして、ドラマに初挑戦させていただいて、すごく視野が広がって、もっともっとたくさん素敵な方々っていて、それでも応援してくれる方がいるので、もっともっとがんばりたいなと思いましたし、ある意味表現の幅も広がって、すごくいいポイントだったなって思います。
髙塚ある番組でINIが四番勝負みたいなゲームをした時があったんですけど、台本にはないムチャぶりみたいなのをされたことがあって、ラップの韻踏みゲームとか腕立て伏せとかをやったんですけど、その時のそのムチャぶりに対してその上をいくというか、メンバーがそれを越えていってて、「INIすげぇ!」って感じました(笑)。そこが覚醒してるな、って思った瞬間でした。
後藤ステージに立っている全ての瞬間が覚醒しているなと思います。練習もすごくみんなで盛り上げて楽しいんですけど、やっぱりステージに立ってみんなでパフォーマンスしている時を、後ろから見たり、横目で見たりしてると、みんな覚醒して、一体感というか、全員が1個ギアが上がって、みんなパフォーマンス、ステージの上が好きなんだなって、いつも思います。
池﨑1STシングルを制作していた1年以上前の韓国合宿なんですけど、シンプルに結構しんどくて(笑)、朝から晩までずっと練習したりとか、MVを撮るために、ダンスジェスチャーを固めたりとかをずっとしてたんですけど、そこで結成してから1STシングルを出すまでに本当にアーティストとしてすごい成長できたなと思ってて、その期間がすごい強烈に印象に残ってますね。

―メンバーのみなさんが思う今年の漢字一文字を教えてください。
松田「初」です。初めての経験をいろいろさせてもらいまして、例えば『KCON 2022 LA』でのパフォーマンスだったり、その会場でパフォーマンスした日本人がINIが初めてだったというのもびっくりしましたし、光栄なことだなって思います。あと実は僕もドラマに出演させていただいてて(笑)、初出演、うれしいです。あとは国宝級イケメンランキングとか、いろいろ初めての経験だったので、すごくありがたいです。MINI(ミニ:INIのファン)のみなさんも投票してくれたりして、それに合うような、松田迅になっていきたいと思いますので、これからもがんばります。
木村いつもより声のトーン、低くすんなよ(笑)。カリスマ風に喋るやん(笑)。
松田ちょっとカッコつけちゃった(笑)。
池﨑僕は「寅」です。そりゃそうだろうって思いますよね、寅年だから(笑)。それもあるんですけど、ちょっとおやじギャグなんですけど、スペク「トラ」(SPECTRA)という(笑)。今年最後に1STアルバムも出させていただいて、タイトル曲『SPECTRA』、再生回数も2000万回も超えさせていただいて、うれしく思っておりますので、「寅」です。
後藤スタートの「始」という字です。INIがデビューして1年目の年になって、1STシングル、2ND、3RDと、良いスタートを切れたかなと思ったので、「始」という字にしました。
佐野「満」という字で、この1年間、退屈だなと思う日が1日もなくて、いろんなことに挑戦させていただいて、楽しいし幸せで、心がずっと満たされた状態で、1年間ずっと走り続けてきたので、今年の漢字は
満たすの「満」ということで、やらせていただいてます。
髙塚僕が選んだのは「一」です。INIがデビューして1年目という年もそうですし、個人の話でいうと、学生を卒業して、社会人1年目っていう、新しい1年目っていう意味の1もそうですし、1STアルバムの1でもあるし、「一」っていう数字に恵まれた年だなと思って。11人っていうのも1・1ですし、INI(の字)も1なので、この字にしました。

―来年の抱負を教えてください。
田島『SPECTRA』の歌詞に「♪We the new bad boys in the block~」ってあるんですけど、来年は覚醒し、いい意味で、優しさを捨てて、“new bad boys”に僕たちがなって、いろんなものをぶち壊していけるようなINIになっていきます。
藤牧来年は加速というか、減速しないように、『SPECTRA』の中にも、「♪止められない~」「♪止まらない~」「♪速度上げ~」みたいな歌詞も入っていたりするので、1年目、みなさんのおかげでいいスタートが切れたのかなと思うので、みなさんが作ってくれたその波にしっかりと乗って、いただいた愛とかたくさん返して、もっともっと加速していく1年にしたいと思います。
木村1STシングルから1STアルバムまで、INIの楽曲が見えてきた気がするので、2年目はそこから枝分かれした新しい音楽に挑戦していきたいと思っています。
尾崎1年で、いろいろな形で結果を残させていただいたんですけど、2年目もより結果を出して、もっといい形で2年目を迎えたいのと、アルバムを通して、INIの第一章が終わって、次、第二章が始まったと思っ
てもらえるとうれしいです。二章は、一章より全曲でがんばって、改めて気を引き締めてがんばっていきたいと思いました。
西デビューシングルから2ND、3RDといって1STアルバムまでださせていただいて、かつ1STアリーナツアーもやらせていただいて、年明けまであるんですけど、そこまでがまでが一旦区切りというか、節目と思っていて、その1年で結構感じることとかあって、もちろん楽しい思いもあったけど、悔しいとか、そういう思いとかもすごく感じたので、良い意味で一回ぶち壊して、また新しく作り上げるくらいの、また新しい一面を
見せられたらなと。もっともっと一丸となって、INIもそうですけど、スタッフさんも巻き込んで、巻き込み型のINIみたいな(笑)。最近ルンバ買ったからかな?(笑)みんなで盛り上げていきたいなっていうのをすごく強く感じました。ワールドカップを見て影響されました(笑)。そういうのって本当に結果にも出ると思うし、そういういいチームになれたらいいと思います。そんなチームを目指したいです。

生配信レポ→こちら

【リリース情報】
INI 1ST ALBUM『Awakening』
発売日:2022年12月14日(水)
Linkfire:https://lnk.to/Awakening_INI
形態数:14形態
初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤、FC限定盤(メンバーソロジャケット全11形態)

<初回限定盤A(CD+DVD)>
価格:¥3,500(税抜)/¥3,850(税込)
《CD》
1.SPECTRA ※西洸人 作詞参加
2.Dramatic
3.BAD BOYZ
4.Do What You Like
5.Runaway ※田島将吾 作詞参加
6.Brighter
7.We Are
8.Mirror
9.Password
10.CALL 119
11.Rocketeer
《DVD》
Awakening Camp #1
《初回プレス限定封入特典》
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)レーディングカード1枚(初回限定盤Aver.11種類の中から1枚をランダム封入)
(3)ソロアザージャケット1枚(初回限定盤Aver.11種類の中から1枚をランダム封入)

<初回限定盤B(CD+DVD)>
価格:¥3,500(税抜)/¥3,850(税込)
《CD》
1.SPECTRA ※西洸人 作詞参加
2.Dramatic
3.BAD BOYZ
4.Do What You Like
5.Runaway ※田島将吾 作詞参加
6.Brighter
7.We Are
8.Mirror
9.Password
10.CALL 119
11.Rocketeer
《DVD》
Awakening Camp #2
《初回プレス限定封入特典》
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード1枚(初回限定盤Bver.11種類の中から1枚をランダム封入)
(3)ソロアザージャケット1枚(初回限定盤Bver.11種類の中から1枚をランダム封入)

<通常盤(CD+SHEET STICKER)>
価格:¥3,000(税抜)/¥3,300(税込)
《CD》
1.SPECTRA ※西洸人 作詞参加
2.Dramatic
3.BAD BOYZ
4.Do What You Like
5.Runaway ※田島将吾 作詞参加
6.Brighter
7.We Are
8.Mirror
9.Password
10.CALL 119
11.Rocketeer
12.Let Me Fly~その未来へ~(INI Ver.)
《初回プレス限定封入特典》
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード1枚(通常盤ver.11種類の中から1枚をランダム封入)

<FC限定盤(CD+STICKER)(メンバーソロジャケット全11形態)>
価格:¥3,300(税抜)/¥3,630(税込)
《CD》
1.SPECTRA ※西洸人 作詞参加
2.Dramatic
3.BAD BOYZ
4.Do What You Like
5.Runaway ※田島将吾 作詞参加
6.Brighter
7.We Are
8.Mirror
9.Password
10.CALL 119
11.Rocketeer
12.Let Me Fly~その未来へ~(INI Ver.)
《初回プレス限定封入特典》
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード(セルカVer.)1枚(ソロジャケットと同メンバーのセルカトレカ1枚を封入)

【公演情報】
『2022 INI 1ST ARENA LIVE TOUR [BREAK THE CODE]』

[愛知|AICHI SKY EXPO ホールA]
・2022年12月17日(土)開場 11:30/開演 13:00[終了]
・2022年12月17日(土)開場 17:00/開演 18:30[終了]
・2022年12月18日(日)開場 11:30/開演 13:00
[大阪|大阪城ホール]
・2022年12月20日(火)開場 17:00/開演 18:30
・2022年12月21日(水)開場 17:00/開演 18:30
[東京|有明アリーナ]
・2022年12月24日(土)開場 11:30/開演 13:00
・2022年12月24日(土)開場 17:00/開演 18:30
・2022年12月25日(日)開場 11:30/開演 13:00
[福岡|マリンメッセ福岡A館]
・2022年12月27日(火)開場 17:00/開演 18:30
・2022年12月28日(水)開場 17:00/開演 18:30
[《追加公演》東京|日本武道館]
・2023年1月7日(土)開場 17:00/開演 18:00
・2023年1月8日(日)開場 11:00/開演 12:00
・2023年1月8日(日)開場 16:30/開演 17:30
特設ページ:https://cf.ini-official.com/feature/2022_livetour_btc

  

人気記事 おすすめ記事