韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2024年2月26日05時00分 月曜日 【オフィシャルレポ&セットリスト】“INI”(アイエヌアイ)デビュー3年目で迎えた、初の単独ドーム公演開催!『INI 2ND ARENA LIVE TOUR [READY TO POP!]IN KYOCERA DOME OSAKA』ライブレポート

グローバルボーイズグループINIが昨年11月から開催された全国アリーナツアーの追加公演として、2月24日(土)、25日(日)に初の単独ドーム公演を京セラドーム大阪にて開催しました。
チケットは完売で2日間で7万人を動員し、ツアー全体で延べ20万人を動員。デビュー3年目で念願のドームという大きな舞台で成功を収め、約3ヶ月かけて全国をツアーを締めくくりました。

オープニングでメンバーのシルエットが見え大きな歓声に包まれると、メンバーの西洸人が「ぶち上がる準備はできてるか!」とライブの醍醐味である煽りを入れ、「SPECTRA」「Rocketeer」をそれぞれロックバージョンで披露し会場を一気に盛り上げます。暗転し、ブルーの光が降り注ぐ中、「Ay yo」のシャウトとともに今月リリースしたばかりの2ND ALBUM『MATCH UP』に収録されている新曲「MORE」のパフォーマンスを初披露。

続いてのブロックでは、メンバーの藤牧京介と池﨑理人が作詞に参加したR&B曲「Ferris Wheel」をのびやかに歌い上げて会場が一つになり、続く「We Are」ではそれぞれのメンバーのイメージでデコレーションが施されたキックボードで、ステージを縦横無尽に移動しながら、楽しげに歌う様子が見られました。

その後、「Runaway」「STRIDE」では観客全員と合唱する場面や、しっとりとハーモニーを奏でる「Mirror」を歌い上げると会場からは拍手が沸き起こり一体感が増した後は、5TH SINGLEのタイトル曲「HANA_花」を披露。ステージの大きなLEDだけでなくメンバーが立つセンターステージの足元にも花が映し出され、まるで花畑の中で歌っているかのようなステージとなりました。

続くステージでは、2ND ALBUMタイトル曲「LEGIT」をアリーナツアーとは異なる新衣装を纏い、迫力満点のパフォーマンスを披露して観客はヒートアップ。『STREET WOMAN FIGHTER2』OST参加曲「Busterz」を荒々しいギターに合わせたワイルドなダンスでさらに会場全体を沸かせ、「DROP」を始めとした約7分間に及ぶダンスメドレーで観客を圧倒しました。

また、田島将吾と髙塚大夢が作詞に参加した「Dirty Shoes Swag」では、曲名に因んでスニーカーを吊るしたサイクルに乗り登場。外周を周りながら客席に向けて手を振るなど、近距離で観客に笑顔を届けるシーンもありました。

その後はアイランドステージと呼ばれる、後ろ側のスタンド席に近いステージに降り立ち多くのファンを盛り上げ、「INItialize」「New Day」やヒット曲「FANFARE」とアップテンポの曲で畳みかけ、ボルテージは最高潮のまま本編の幕を閉じました。

本編終了後、アンコールでは飛行船モチーフのフロートに乗って登場したメンバー。スタンド席の観客とも目線を合わせながら、「AMAZE ME」「HERO」に加え、INIが結成されたオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」でのテーマ曲「Let Me Fly」を披露すると、グループ結成時から今までを振り返るようなエモーショナルな雰囲気に包まれたところで、メンバーから最後の挨拶です。メンバーが話し始めると、客席にはペンライトで作られた文字でメンバーの名前が浮かび上がります。尾崎匠海は「これでツアーは終わっちゃうんですけど、こんな景色を見させていただき皆さん本当にありがとうございます。こうやってINIとして活動していて大変なことはたくさんあるんですけど、メンバーの支えやMINIの支えで僕は楽しく活動できています。そして幸せに過ごせています。京セラドームに立てて大きな夢が一つ叶ったんですけど、INIだったらもっと上のステージに行けると思っています。だって、こんなにも素敵なファンの皆さんがいるからです。」と感極まりながら、言葉を紡いでMINIに想い伝えました。西洸人は「高2からダンスをひとりで初めて、どうやったらもっと上に行けるかとすごく悩んで、そこから色々な人に出会って、様々な経験をして、気付いたらきっかけとなるオーディションに出会って、11人のメンバーに出会って、そしてMINIの皆さんに出逢えて、たくさんの人に支えられて僕はドームに立つことができました。これはたくさんの人がいてくれたから、投げ出さずにここまでこれました。なので、皆さんも僕たちに出会ったことを後悔させないよう幸せに導きますので、これからも引き続き、宜しくお願いします。最高!」を感謝を伝える場面も。リーダーの木村柾哉は、メンバーに対して「お疲れ様、そしてありがとう!この11人だから見れた景色であり、みんなからのプレゼントでもある景色だと思っている」と全員で肩を組み、INIの絆が垣間見える瞬間もありました。

最後に新曲「TELEVISION」歌い上げると、ここでMINIからのメンバーへサプライズがあり、観客の手元には「INIに出逢えて 明日が好きになった 奇跡の出会いがINIを導いたんだ」というメッセージが書かれたスローガンが掲げられ、ドーム公演を迎えたINIに祝福のシャワーが降り注ぎました。

エンドロール中もアンコールの声が鳴り止むことはなく、ダブルアンコールでは「LEGIT」再歌唱し、最後までMINIとの時間を楽しみながら、ダブルアンコールを含む全28曲を見事歌い上げ、大盛況の中、本ツアーの最終公演を締めくくりました。

『INI 2ND ARENA LIVE TOUR [READY TO POP!]IN KYOCERA DOME OSAKA』セットリスト(※2月25日公演)
1.SPECTRA
2.Rocketeer
3.MORE
4.Password
5.Shooting Star
6.YOU IN
7.Ferris Wheel
8.We Are
9.Runaway
10.STRIDE
11.Mirror
12.HANA_花
13.10 THINGS
14.LEGIT
15.TAG
16.Busterz
17.メドレー(DROP~BOMBARDA~Dramatic~CALL 119~Dramatic~Cardio~DROP)
18.Dirty Shoes Swag
19.Do What You Like
20.Let’s Escape
21.INItialize
22.New Day
23.FANFARE
《アンコール》
24.AMAZE ME
25.HERO
26.Let Me Fly
27.TELEVISION
《ダブルアンコール》
28.LEGIT

人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています