韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年11月13日10時28分 土曜日 【レポ】INIデビューシングル『A』リリース記念生配信イベント~ラップで『A』のA(えぇ)ポイントをアピール!オリコンデイリーチャート1位に「本当に本当にすごくいいスタートダッシュ」「これからもきれいな1日をたくさん過ごしていきたい」

INI(アイエヌアイ)は『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から国民プロデューサーによる投票で選ばれた木村柾哉、髙塚大夢、田島将吾、藤牧京介、尾崎匠海、西洸人、松田迅、許豊凡、池﨑理人、佐野雄大、後藤威尊の11人がメンバーのボーイズグループで、グループ名の“INI”には、“PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 で出会った11人の僕たち(私:I)があなた(I)と繋がり合う(Network)”という意味が込められている。今年6月の『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』最終回で11名が決定し、9月にはデビュー前にも関わらず、世界最大級のK-カルチャーフェスティバル『KCON:TACT HI 5』に登場、グローバルボーイズグループとして世界から注目を集めている。
そのINIが満を持して11月3日(水・祝)にデビューシングル『A』をリリース、このリリースを記念して、生配信イベントを開催した。この模様はINI公式 YouTube チャンネルにて生配信され、INIのデビューを心待ちにしていたたくさんのファンが見守った。
この生配信イベントの模様をお届けします!

【レポ】INIデビューシングル『A』リリース記念生配信イベント at 竹芝ポートシティ ポートホール

配信がスタートすると、まずは全員で「Log in to us!INIです!」と挨拶すると、メンバー自らデビューシングルのリリースを「おめでとう!」と拍手でお祝い。
「僕らINIの誕生日と言ってもいいと思いますが、ついこの間誕生日を迎えたメンバーがいます!」というフリで10月30日に19歳になった松田をお祝いすると、メンバーからの「何ちゃいになったの?」という質問に「19ちゃいになりました」と松田。
さらに「個人としても、INIとしても、めちゃくちゃ成長して、世界に通用するグローバルボーイズグループになっていきたいと思います。がんばります」とガッツポーズを見せた。

自己紹介では、初々しく出身地、年齢、名前を言っていくメンバーたちだったが、「みんなの王子様になりたい後藤威尊です」「木村柾哉です。今日はMCがんばります。もうあと3回噛ませてください」と余裕を見せるメンバーも。

デビューシングルのリリースを迎え、今の気持ちを聞かれた池﨑は、「ドキドキがすごくて(笑)。大夢くんと将吾くんと僕3人で神社に行って大成功をお祈りしました」とうれしそうに話していた。

最初のコーナー“デビューシングルのA(えぇ)ポイントアピール!”では、メンバーたちが「『A』のここえぇなぁ」と思うポイントをアピール。
激しく挙手をするメンバーから最初に木村が選んだのは、両腕でAを作りながら「えぇとこ知っとるで」とアピールした西。『Rocketeer』の「ゴチゴチに揃ったみんなのダンスがえぇんじゃないでしょうか」とA(えぇ)ポイントをアピールした。

続いて選ばれた尾崎は、『Rocketeer』の自分のパート「♪見つけろSatellite~」の振り付けをアピール。
ヨガのようなポーズで挙手して選ばれた後藤は、特典のDVDを「めっちゃっくっちゃ面白い内容となっております。僕たちのこと知らなかった方も絶対に好きになると思うので、ぜひ観てください」とアピール。
末っ子の松田は、『Brighter』の自分のパート「♪響かせてほしい~」の部分で「(MVで)自分の気持ちを観ているみなさんに伝えられるようにがんばったので、そこ観てほしいなって思います」とアピール。
最後は池﨑が「♪激しさ はかなさ 恋心 色んなジャンルあるのが『A』の良いところ」とラップでアピールし、メンバーも大盛り上がりとなった。

次のコーナーでは、MV撮影時の裏話を公開。
まずは松田が、『Rocketeer』のMV撮影の最終日にびっくりするほど顔がむくんでしまい、慌てて汗を掻いて戻した、というエピソードを披露。松田曰く、原因はサイダーの飲みすぎとのことだったが、「そんなに秒でむくみを操れるんだったら、気にしなくていいんじゃない?」という木村の鋭い分析も。
そして、そんな木村からは、本当の裏話が。「『Rocketeer』の♪Galaxy~の(部分の)振りがあるじゃないですか。衣装がここ(股下の部分)が結構詰まってまして、バッってやった時に、ビリッていって、結構破れて(笑)。連続でそのまま撮影する予定だったのに、僕の衣装が破れたせいで一旦中断して、僕の衣装を直す時間のために、1回夕食タイムになったっていう」と話すと、メンバーたちからは「だからかぁ」「ちゃんと秘話じゃん」と大きなリアクションが返ってきていた。
そして田島からは、『Rocketeer』のロケットの船内での撮影時に髪の毛に付けていた赤いキラキラを取る時に痛かったという本人にしか裏話も。

続いては、木村と西と田島によるダンスレクチャータイム。
西は『Rocketeer』のメンバーたちが“イノシシムーヴ”と呼ぶダンスをイノシシのモノマネを交えてレクチャー。
田島は『Brighter』のサビの部分の最後の振りを「チャダバーン」と掛け声を付けながらレクチャー。
さらに木村のリクエストで、西が『Rocketeer』のダンスブレイクの部分を「ホッ!ハッ!」の掛け声でレクチャー。このレクチャーを受けて、髙塚、松田、許がそれぞれ「ホッ!ハッ!」を披露した。

そしてここで、カウントダウンがスタート。スクリーンに「ORICON DAILY SINGLE RANKING 1st」の文字が映し出されると、メンバーたちは倒れたり、抱き合ったりの大騒ぎ!イスまで倒して大喜びすると、メンバーの顔もプリントされた、1位をお祝いするケーキも登場し、さらに興奮するメンバーたち。
木村は「この順位は、僕たちの力だけで得たものではなくて、MINIのみなさんはじめ、たくさんの方々がMVをいっぱい観てくれたり、SNSでハッシュタグを作って盛り上げてくれたり、そしてMINIのみなさんが、今日というデビュー日に、たくさん投稿してきてくれていたことを僕たちがしっかり知っていますし、しっかり届いています。僕らのために応援していただき、本当にありがとうございました」と感謝のコメントをすると、メンバーたちもひとりずつ気持ちを伝えることに。

池﨑「僕のお誕生日企画の時に、1位になりたいなという願望を言ったんですけど、まさかそれが本当に現実になって、めっちゃうれしいです。これからデビューがんばっていきますので、応援よろしくお願いします」
後藤「本当にすごくうれしいし、自分たちのパフォーマンスとか、自分たちの存在でMINIのみなさんを幸せにできたら、僕たちは本当にそれがいちばんの幸せです。必ず世界で活躍するという結果で恩返しをするので、これからも僕たちを信じてついて来てください」
許「僕たち11人が様々な背景を持って、少し特別な時代にINIとして誕生して、本当にすごく奇跡的なことだと思いますし、この時代だからこそ、僕たち11人だからこそ、絶対僕たちでしか生み出せないものもありますし、この瞬間、MINIのみなさんとネットを通して繋がってる瞬間もきっと意味があると思います」(英語でもコメント)
佐野「本当にたくさんの方々が僕たちのことを支えてくださっているからこそ、僕たちが今こうやって活動できているので、本当に感謝しています。みなさんとこれからも一緒にたくさん素敵な思い出を作っていけたらなと思っていますので、これからもよろしくお願いします」
田島「今日が本当に楽しみではあったんですけど、何かすごく変な感情で、怖い(という感情)もあるし、韓国に合宿に行く前に、みんなで1位っていう目標も立てて行っていたし、それに向かって準備もしてきたから、オーディションの前とかも多分みんなそれぞれが色んなところがんばってきてて、その思いもある中での今日だったので、緊張したんですけど、もう今はこの1位っていう画面を見て、本当にうれしさでいっぱいです」
松田「本当にいつも支えてくれて」と言ったところで、感極まって涙を流しながら「ありがとうございます。本当に今日1日ずっと緊張して、この発表が本当に怖かったんですけど、1位を取ることができて、シングル『A』の名に恥じないスタートを切ることができて、本当にありがとうございました」
尾崎「デビューっていうのは、こういうイベントも、この瞬間しかなくて、この瞬間に1位という結果を残せたのは、僕たちにとって本当に本当にすごくいいスタートダッシュになったと思っています。これから先、本当に色んなこともたくさんあると思いますけど、僕たちを信じてついて来てください」
藤牧「オリコンデイリーチャート1位というのは、本当にメンバー全員がひとつの目標として立てて、本当に目指してきたもので、今日も1日ドキドキしながら過ごしてたんですけど、1位という順位をいただけて、本当にありがたく思います。これからも支えていただくことばっかりだと思うんですけど、それと同時に自分たちもMINIのみなさんに与えられるものを、どんどんたくさん作っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします」
髙塚「昨日は今日のことをずっと考えていて、すごい緊張しちゃって、夜全然寝れなかったんですけれども、このような結果をいただけて、今本当に幸せです。今日という日がMINIのみなさんと僕たちとのとても大切な記念日になって、すごくうれしいです。これからもこういったきれいな1日をたくさん過ごしていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」
西「この日を迎えられたということも、本当にありがたいことですし、幸せなことで、しかもこうやって1位という順位までいただけて、本当に最高なスタートダッシュを切れたんじゃないかなって思っています。この現状に満足するのではなく、まだまだ僕たちにはできることが本当にたくさんあるので、この最高の瞬間を更新し続けてもっとたくさんの方々に僕たちに触れていただけたらなと思います」
木村「今日この日を迎えるまで、長かったようで、短かったような、1日1日がすごく密度の濃い日々を過ごしていて、振り返った時に、全てひとりで成し遂げてきたことではないなと強く感じていて、いつも誰かがそばにいたり、見えないところで支えてくださっていたりっていうのが、オーディション受けた当初から今まですごく感じていて、僕はその感謝の気持ちを忘れずに、これからも突き進んでいきたいですし、この10人の最高のメンバーとこれから切り開いていく未来を、みなさんに明るい未来を届けられるようにがんばっていきたいと思います」

最後は、木村の掛け声で、「MINIのみなさん、本当にありがとう」と笑顔で手を振り、イベントは終了となった。

囲み取材レポ→こちら
囲み取材フォトギャラリー→こちら

【リリース情報】
デビューシングル『A』
発売日:2021年11月3日(水)
形態数:3形態(初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤)
予約受付:9月21日(火)正午より

[初回限定盤A]CD+DVD(LOG IN INI #1)
価格:¥1,727(税抜)/¥1,900(税込)
1.Rocketeer
2.Cardio
3.RUNWAY(INI Ver.)
4.Brighter
<初回プレス限定封入特典>
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード1枚(初回限定盤Aver.11種の中から1枚をランダム封入)
(3)ソロアザージャケット1枚(初回限定盤Aver.11種類の中から1枚をランダム封入)

[初回限定盤B]CD+DVD(LOG IN INI #2)
価格:¥1,727(税抜)/¥1,900(税込)
1.Brighter
2.KILLING PART
3.ONE(INI Ver.)
4.Rocketeer
<初回プレス限定封入特典>
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード1枚(初回限定盤Bver.11種の中から1枚をランダム封入)
(3)ソロアザージャケット1枚(初回限定盤Bver.11種類の中から1枚をランダム封入)

[通常盤]CD ONLY
価格:¥1,273(税抜)/¥1,400(税込)
1.Rocketeer
2.Brighter
3.Cardio
4.KILLING PART
<初回プレス限定封入特典>
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード1枚(通常盤ver.11種の中から1枚をランダム封入)
(3)ソロアザージャケット1枚(通常盤ver.11種類の中から1枚をランダム封入)

□INI 公式サイト:https://ini-official.com/
□INI ファンクラブ:https://produce101s2fc.jp/
□INI 公式Twitter:https://twitter.com/official__INI
□INI 公式Instagram:https://www.instagram.com/official__ini/
□INI 公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCc-itdQHxLvUlPrDxIiSJrA/featured