韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年8月19日21時53分 金曜日 【スタッフレポ】『JYP NATION in JAPAN 2011』~コラボ満載で観客を魅了したライブステージ!

『JYP NATION in JAPAN 2011』のオプーニングは、迫力ある和太鼓から始まりました!
演奏するのは、和太鼓奏者“YAMATO(倭)”!そして和太鼓に合わせて、スタートを切ったのは、MissA!
1曲目は『Goodbye Baby』!
『Breathe』では、おなじみの逆立ちのダンスに客席から歓声!
初日はひとりずつ挨拶した後、「オープニングでとっても緊張してます。一生懸命準備したので楽しんでください」と挨拶。
2日目は、通訳を入れず、日本語をがんばって話していました。

そして「みんなで一緒に歌って踊りましょう」と『Bad girl Good girl』の「♪You don’t know me…So shut up boy~」のところの振り付けを観客に教えてから、曲がスタート!
とても盛り上がりました!

そして、JOOのMVがスクリーンに流れ、2PMのチャンソンとキスする直前のシーンが流れると、会場から悲鳴が上がり、そしてJOOが登場して『悪い男』を披露。
このMVをバックに歌うんですが、MVにチャンソンが出て、またキス直前までのチャンソンの映像が出て、悲鳴が聞こえてきました。
なので、2日目は、歌っている時のそのシーンは、カットされていたような…?

そして、2AMが『死んでも離さない』の曲でスタート!
ステージにひとりひとりせり上がって登場!
まだ、日本ではデビューしていないのに、ものすごい人気!!

自己紹介では、
グォンが「やんちゃなリーダー、チョ・グォンです」
スロンが「イケメンのっぽさんスロンです」
チャンミンが「日本語で特に関西弁を勉強中のチャンミンやでー」(←やたら関西弁が似合ってました)
ジヌンが「2AMの末っ子、キラースマイル ジヌンです」
グォンが「みなさんにお会いできて、超ーー、うれしいです!みなさんに更にうれしいニュースがあります。今年の冬に日本でデビューが決まりました!僕たちは、日本でデビューできて、超すげぇうれしいです、みなさんありがとうございます」
チャンミン「次の曲は、『미친 듯이(ミッチン ドゥシ)』と『잘못했어(チャルモテッソ)』、みなさん聞いてやぁ」

それぞれが本当に歌が上手くてさすが!
最後に「僕たち2AMが来れたのは、この歌のおかげだと思います」と言って『イノレ(この歌)』をしっとり歌い上げました。

そして、4人で素敵なアカペラで歌い始め、ラッパーのSan Eと『Love sick』を披露!
アカペラを聴いて、改めて2AM上手いなぁと思いました!
アカペラをできるグループって少ないですもんね。
SAN Eは、なかなか面白いラッパーでした。

そして、Wonder Girls!!
やはりヒット曲『tell me』は、さすがにみんなほとんどの人が知っているようで、一緒に歌っていました。

そして、『So Hot』は、何と2AMとコラボでした!
チョ・グォンは、本当にガールズグループの曲上手いですよね(笑)。

そして、衣装チェンジの間にスクリーンで『Nobody』のダンス練習を観客にしてもらい、大ヒット曲『Nobody』!
華やかなゴールドの衣装で登場し、この曲でおなじみのレトロなマイクが置かれ、会場は大歓声!
一緒に歌い踊り、沸き上がりました!

そして、今JYPの中で日本でいちばん活躍中の2PMの登場で、会場はヒートアップ!
発売したばかりの新曲『I’m your man』からスタート!
出たはがりの新曲を、会場に来ている人たちは、熟知して一緒に歌ったりコールしたりとすごいなぁ、と感心!
この新曲、2PMの魅力をふんだんに出したダンスになっていて、会場からはネクタイを取ってはだけた胸がスクリーンにクローズアップされる度に歓声が上がり、セクシーなダンスを観ては、ファンは倒れるのではと思うほど、悲鳴にも似た歓声が上がっていました。
本当にカッコいいステージでした。(個人的には、日本曲では『Take Off』より好みかも)

そして、大ヒット曲『I’ll be back』『Heartbeat(JPN ver)』『Without U(JPN ver)』と続きます。

『Without U(韓国ver)』は、ダンスのコラボがあり、JOO、Wonder Girlsからユビン・イェウン・ソネ、miss Aからペイ・ジアと、2PMがペアになってダンスを踊りました。
かなり、密着するダンスなので、悲鳴も上がりますが、かなりアクロバティックなダンスもあり、感嘆の声も上がるほど、お互いプロだなぁと思わせるダンスでした。

そして、2PMのジュンスがステージに残り、『ドリームハイ』のOSTに収録されているジュンス自作曲『カジマ(行かないで)』をイム・ジョンヒと歌いました。
イム・ジョンヒは、本当に歌が上手くて、日本は初めてだったと思うので、知らない方も多かったと思いますが、あまりの歌唱力のすごさに、会場も圧倒されてました。
今も『Golden Lady』の時の素晴らしい声量が、耳に残っています。

そして、JYPの社長J.Y. Parkこと、パク・ジニョンのステージです!
さすが、社長の貫禄のステージで、ダンスも切れ味抜群でした。
J.Y. Parkワールドへようこそ、って感じでした。

社長は「みなさんは歌手のJ.Y. Parkが好きですか?プロデューサーのJ.Y. Parkですか?それとも俳優のJ.Y. Parkですか?」と問いかけ、ドリームハイのOSTから『if』を2AMのチョ・グォンとデュエットで歌いました。
チョ・グォンは、社長とのステージで、ちょっと緊張した面持ちでしたが、しっかり歌い上げていました。
多才な社長さんで、今度はピアノを弾き始め、2PMの『Again & Again』を弾き語り。そして、また2PMの登場です!
さすがな演出。続けて『take off』。飛行機を思わせる振り付けで、会場中が右手を上げて歌って一緒に踊って、大盛り上がり!

そして、今回のJYPの目玉、2PMと2AMのコラボ!
2PM+2AM=Oneday(←なるぼとなネーミング)

まず、2PMのジュノ・ジュンスと2AMのチャンミンの3人で、2AMの『もういない』を歌いました。
歌のうまい3人のコラボ、聴き応えがありました。
そして、2PMのテギョン・チャンソンと2AMのジヌン・スロンの長身イケメンチームのダンスがありました!
めちゃ足が長い4人のダンス、モデルチームのようでカッコよかったです。

そして、今回2AMのチョ・グォンと2PMのウヨン・ニックンの3人で、チョ・グォンのソロ曲『告白した日』をかわいく歌って踊りました。
この振り付けがコミカルでかわいくて、3人で愛嬌を振りまきながら歌うもんだから、会場から「キャーキャー」と大歓声が上がっていました。
本当に愛嬌ドルのチョ・グォンに負けずに、ウヨンと王子キャラのニックンがかわいいステージを繰り広げ、会場を楽しませてくれました。

そしてOnedayで『Angel』を披露しました!
仲の良さが歌にも現れて、観ていてとても楽しいステージでした。

Onedayのステージが終わると、ふたたび2PM!

『10点満点中10点』!『HANDS UP』!
会場の2PMファン、ボルテージも上がり、2PMファン大満足のステージだったのではないでしょうか。

そしてアンコールでは、Wonder GirlsとmissAの選抜混成で女性版『Heartbeat』!!!
途中から本家2PMも出てきて、Wonder Girls選抜&missA選抜&2PMで『Heartbeat』名物、大型ピラミッド!
これには、大歓声でした!

その後、2AM、JOO、missAスジ・ミン、Wonder Girlsのヘリムで『Tell me』!
この時のチョ・グォンの表情とダンスに会場は大ウケでした!
チョ・グォンは、本当にエンターテイナーですね。
2AMが歌う『Tell me』は、かなり見ものでした!

最後のエンディングは『Don’t Leave Me』、社長を中心に、全員で花道いっぱいに広がり、歌って踊り華やかにステージを終えました!

JYPファミリー、なかなか実力もあるし、仲の良いステージがとても楽しい気持ちにさせてくれました。

そして社長のJ.Y. Parkが、「K-POPでもアイドルのコンサートでもない、“音楽のコンサート”そのものを見せたいと考え、韓国からバンドを連れてきました。テレビでご覧いただいている歌やダンスではなく、本物のライブ演奏とパフォーマンスが楽しめるコンサートにしたいと思い準備してきました」と言っていた通り、生演奏が入り、それぞれが忙しい中、コラボステージ満載の本物のライブを見せてくれました!

人気記事 おすすめ記事