韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年4月1日21時20分 月曜日 【レポ】『ずっと、もっと、Mnet!と・と・とキャンペーン感謝祭』(1/2)《John-Hoon、U-KISS、キム・ジニョプ編》

1000組2000名様のMnet視聴者を無料招待したMnetのイベント『ずっと、もっと、Mnet!と・と・とキャンペーン感謝祭』が、3月31日(日)東京ドームシティホールで開催された。
この日、会場では5倍の競争率を勝ちぬいた当選者がイベントを楽しんだ。

イベント前には、各アーティスト別のフォトセッションも行われ、それぞれ個性あふれるポーズで登壇した。

【レポ】『ずっと、もっと、Mnet!と・と・とキャンペーン感謝祭』 at 東京ドームシティホール(1/2)《John-Hoon、U-KISS、キム・ジニョプ編》

イベントオープニングを飾ったのは、カバー曲『会いたい』をしっとり歌い、今回MCを務めるJohn-Hoon。サブMCはコン・テユ。
John-Hoonは、Mnetでは『step by step』というオリジナル番組を進行中だが、ディレクターズチョイス ベスト3が発表され、AKBを踊ったシーンなどが出ると、「踊りはダメだけど、死ぬほど練習した」とコメント。会場から「踊ってぇ」と声が掛かるとキメポーズを披露した。
また、海や水が怖いが、勝つため(克服するため)に、スキューバに挑戦したそう。密着されることについては、「(気持ちの)アップダウンがあるので、アップの日はいいけど、ダウンしている日の撮影は好きじゃない」と正直に告白した。
そして、ニューシングル『春恋』を歌うと、続いて登場したのはU-KISS。

1曲目は『Tick Tack』。
スケジュールが忙しく、チェジュ島に行ってから、日本に来たとのこと。この日の衣装はビビッドなピンクを基調とした衣装で、それぞれが着こなしていた。
「ミュージカル『Summer Snow』には、U-KISSからケビン、スヒョンが出るので応援よろしく」と伝えた。

MnetのU-KISSの番組では、ひとりが監督になってメンバーを撮影しているが、ディレクターズチョイスが発表されると、楽しい話が続々。
日本語はドラマやアニメを字幕を見ないで勉強しているとのことで、最近覚えた日本語は、フンは「怒りがこみ上げる」、スヒョンは「手当たり次第」だと言うと、会場からは笑いが。
プレゼントで面白かったものでは、「ゾウやキノコやバナナの絵のパンツのプレゼントをもらったことがある」という話にも大爆笑。
いちばんのチームのムードメーカーはイライだそうで、ゾウのマネをしてくれたのだが、ビックリするほどクオリティが高く、会場からも歓喜と感嘆の声。そして引き続きAJがケビンの真似するなど和気あいあいな様子。
ディレクターズチョイス1位に選ばれたのはセルカのシーンとなり、メンバーの中でいちばんたくさん撮るのはキソプだそうで、トイレは照明がきれいなので撮るし、お風呂で全裸でも撮ると話すと、会場からは「ギャーッ!」との歓声が。「優しいけど病気だぁ」とメンバーからはツッコミも(笑)。
最後はU-KISSの韓国での新曲『Standing Still』を日本で初披露した。

そして日本に来たのが2回目という『K-POP ZONE』のMC、キム・ジニョプ。最近覚えた日本語は「任せとけ」だそう。本人とプロデューサーがチョイスしたベストシーンは、初めての放送や、初めてのロケインタビューなどをチョイスし、本日は歌手としてバラード曲を2曲披露。初代MCのコン・テユとは気持ちが伝わるようで、衣装の色も同系色となっていた。

(つづく)→次頁《CODE-V、超新星編》