韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年10月9日21時20分 火曜日 【レポ】5人組新人韓国R&BグループN-TRAIN単独ライブ~抜群の歌唱力を披露!(1/2)

韓国の5人組R&BグループN-TRAINが10月8日(月)東京・品川ステラボールで昼夜2回の単独ライブを開催した。

【レポ】N-TRAIN『ARTIST N-TRAIN IDENTITY』 at 品川ステラボール(1/2)

今秋リリースのミニアルバム『ネゲトラワ』をはじめ、ヒット曲『One Last Cry』や『I’ll Foget You』などメンバー全員で7曲を歌ったほか、それぞれがソロ曲を披露したライブとなった。

まだ、新人ながらも一生懸命勉強したようで、MCもほぼ日本語で全編がんばっていた。

そして、何しろひとりずつ歌がしっかりしているので、全員でのダンスバージョンもカッコいいのだが、アカペラが抜群だった。
アカペラを歌えるコーラスグループでもある。
この日、EXILEの『HOLY NIGHT』をアカペラで歌ったほか、即興でボイスパーカッションも入れながらアカペラを披露したりと、充分に歌唱力を魅せるステージとなった。

それぞれのソロステージも、個性がよく出ていて、日本語がいちばん得意なリーダー ジョンギュンは、『いつかまた会いましょう』という自作曲を披露。日本語での作詞をはじめ、作曲・編曲までやったという曲で、美しいバラードをピアノ弾き語りでしっとり聴かせた。

2番目に登場したサンウも、ギター弾き語りでBruno Marsの『Nothin’ On You』や、ピアノ弾き語りで即興でスティーヴィー・ワンダーの名曲『Isn’t She Lovely』など数々の曲を披露し、作詞作曲した『ノルル ボミョン』を歌い上げて歌唱力を充分に発揮。

そして、イケメンのスンヒョンは、リンキン・パークの『In The End』で得意のラップと歌。客席に下りて真ん中の通路辺りを一周すると、会場は興奮のるつぼ。歌った後、「ひとりで歌うのは大変だった」と感想を言っていたが、なかなかのもの。


そしてSoul Jは、ソロダンスを披露。Tシャツを破りモムチャンの体を見せると会場は絶叫。ダンスの後、歌も用意していて、あの激しいダンスの後にこれだけの声量を出して歌い上げられるのは、さすがと言うしかない。会場をうならせた『I believe I can fly』。この曲は、マイケル・ジョーダンの主演映画『Space Jam』のサウンドトラックに使われ、その年のソング・オブ・ザ・イヤーとレコード・オブ・ザ・イヤーとなったR Kellyの曲で、本当に抜群に上手かった。

そしてユジンは、BIGBANGのテヤンの曲『I NEED GIRL』を歌いながら客席に下りて歌うなどしてサービス満点。
それぞれ多彩なソロを披露して個性を見せ、ファンを楽しませた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事