韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年9月24日03時38分 水曜日 【レポ】韓国ミュージカル『女神様が見ている』初日取材会 at 世田谷パブリックシアター(2/2)

【レポ】韓国ミュージカル『女神様が見ている』初日取材会 at 世田谷パブリックシアター(2/2)

Q.息がぴったりでしたが、練習以外にお酒を飲みに行ったり、お互いの役について話し合う機会はありますか?
ミンジン日本の舞台作りはわかりませんが、韓国の場合は稽古になると1日12時間くらい一緒にいて、本当に家族みたいな存在になります。そういう風に過ごしたメンバーの中でも、今回は選ばれた精鋭部隊なので、息がぴったりだと自信を持って言えます。仲間意識が強いというか、特に日本に来てからは、寝る時間以外は一緒にご飯も食べて稽古もして、日本の街を散策したり、常に一緒にいて、呼吸を合わせているという秘訣があります。

Q.軍隊に入った経験は?
ソンウ2年間行きました。
ミンジン2年。
ヒョンギュン2年。
ジェヨン2年。
ソンギュ私は歳が上なので、2年2か月。
ソクヒョン(自分の年から期間が)2年になりました。
ミンジン2年2か月ですが、公益勤務要員でした。アルバイト兵士(笑)。ミヨンは3年も行きました(笑)。海兵隊で(笑)。

Q.日本が初めての方がいらっしゃいますが、日本に来て新鮮だったことや驚いたことは?
ジェヨンお酒。
ソンギュお弁当。
ジェヨン串(焼き鳥)。鳥のハツ。
ソンギュ車のクラクションの音を1回も聞いていないことです。みなさん静かに運転しているのが印象的でした。
ミヨン日本の街並みです。小道とか横丁とか、みんなすごくかわいい。そこをみなさん自転車とかで動いて回る、その街並みが印象的でした。
ヒョンギュン日本のみなさんはとてもルールを守る、きちんとしています。例えば大きなスーパーは韓国では盗難されないようにカメラがあったりするけど、みなさんきちんとルールを守ってらっしゃるのと、やっぱり道がきれいなのが印象に残っています。

Q.自分が演じているシーンの見どころは?
ミンジンこの役作りをするにあたって色々重要な部分がありましたが、特に自分の動き、仕草や立ち姿、佇まいをすごく研究して、それで役を表現したいと思ったので、自分が舞台にいる姿を観ていただければ、そこが見どころだと思います。
ソクヒョン作品の後半で自分の担当部分が来て、最初からそこに至るまでの本当に細かい変化、すごく細かいので、もしかしたら気づいていただけないかもしれませんが、その変化を一緒に追って観ていただきたいです。
ソンギュ悪い役、怖いキャラクターですが、『将軍様が生きている』というナンバーから『女神様が見ている』で、船が早く直るということを聞いて、本当にうれしくて浮かれて踊ったり、いつもは取らないようなポーズを取ったり、自分でもわからなかった部分が出てしまうところです。それ以外は本当に重いシーンが続くので、そういう意外な面を観ていただきたいです。
ジェヨン何よりもこの無人島に敵対する者同士が流れ着いた時の悲惨さやその思いです。どのキャラクターよりもいちばん正直な性格を持っているキャラクターなので、他の人は色々隠し持っている部分や、暗い部分がありますが、彼はそうではなくて、感情がすごくストレートに出てしまったり、その置かれた状況をストレートに表現するので、自分の変化を観ると、今彼らがどれだけ悲惨な状況に置かれているのかが伝わると思います。
ヒョンギュンもちろん全体の流れを観ていただきたいですが、特に自分の役はセリフも言葉も多いし、おしゃべりだし、感情の起伏も激しく、このお芝居で1回しかこの舞台から退場することがないんです。自分のシーンでなくても木のところにいたりして、汗だくになっていく自分の姿で、どれだけがんばっているかを観ていただけるので、そういう自分の変化を観ていただければと思います。
ミヨン女神様は舞台に登場しない時間が結構ありますが、ずっと舞台を見守って、どの瞬間もなくてはならないものだと思うので、作品全体を通じて観ていただくことで、そこで感じていただいたものが、観ていただいた方にとってすごく重要なポイントになるのではないかと思います。
ソンウやはり全体を観ていただくこと、ひとつひとつ見せ場もありますが、そこはたぶん人物のある断面しかお見せできないと思うので、全体を通じて彼らの変化する姿、どういう風に時間が経過していくのかをずっと観ていただくと、そこで自分の気持ちに通じるものがあるんではないかと思います。

Q.最後に北の隊長からひと言。
ソンギュまず日本で公演ができたこと自体とても光栄です。韓国でお届けしたのと同じ感動をみなさまにお届けできるようにがんばりますので、たくさんの関心を持っていただきたいと思います。

(完)←前頁

『女神様が見ている』(日本語字幕付)
日程:9月20日(日)~10月5日(日)
会場:世田谷パブリックシアター
   〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー
   Tel 03-5432-1526(代表)
   三軒茶屋駅[東急田園都市線(渋谷駅より2駅・5分)]より地下通路にて直結 世田谷線三軒茶屋駅となり
主催:アミューズ、韓流ぴあ、キョードー横浜
企画制作:アミューズ、ヨヌ舞台
脚本:ハン・ジョンソク
作曲:イ・ソンヨン
演出:パク・ソヨン
出演:チョ・ヒョンギュン、チョン・ソンウ、リョウク、ジン・ソンギュ、アン・ジェヨン、ユン・ソクヒョン、チュ・ミンジン、ソン・ミヨン
上演時間:120分(休憩なし)
オフィシャルサイトURL:http://www.megamisama.jp
チケット問い合わせ:「女神様が見ている」公演事務局 0570-001-700(月~土 10時~18時 日祝を除く)