韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年11月22日06時16分 木曜日 【レポ&セットリスト】次世代バンドTHE ROSE『2018 THE ROSE JAPAN 1st SHOWCASE~TARGETON~』~1曲目から弦を切る熱演!本人お墨付きのイ・ホンギ(FTISLAND)のモノマネも!(2/2)

【レポ】『2018 THE ROSE JAPAN 1st SHOWCASE~TARGETON~』 at 新宿BLAZE(2/2)

キーワード“BLOOD TYPE”では、4人全員が違う血液型だということが判明。
血液型が関係しているかは定かではないが、ウソン「みんなの意見が違うから、逆にいろんな意見があっていいんじゃないかと思います。」、ハジュン「生活の部分ではみんなスタイルが違うんですけど、ひとつの目的に向かって何かやろうっていう部分では、ぐっと一気に団結するからすごくいいですよ。」とコメントしていた。

キーワード“4MEN”は、男の中の男ということで、僕はこんな男だ、というのをアピール。
ドジュンは「私は男の中で超男です。サンナムジャ。」と本当に男らしいことをアピール。
ウソンは「僕は冷たく見えるけど、柔らかくて、ちょっとシャイな男です。」「今めちゃくちゃ努力してます。」と、意外な言葉。
ハジュンは小鳥のさえずりのような特徴的なかわいい笑いを交え、「私はドラムをしているハジュンです。かわいいです?知らないよ、ははは。」と照れている様子。
ジェヒョンは「一緒にいると、とても優しくて、情に厚い男です。」とアピールしてくれた。

ここで、本日THE ROSEの日本オフィシャルサイトが正式にオープンしたことが告げられ、その中身について、ウソンから「今までに見せたことがないような僕たちの動画とか、写真、最新情報、日記、ブログ、メッセージなど、色んなTHE ROSEをみなさんに見せてあげることができる、僕たちの秘密の部屋です。」と気になる言葉も。

サプライズでフォトタイムがあると、トークコーナーはここまでということで、最後にひとりずつ思い思いのメッセージを伝えてくれた。
ドジュン「サンナムジャなので、最初に言います。まず、日本に本当に来たかったんです。そして来て、このような素敵な公演ができて、本当にうれしいです。スタートでこれだけ来て下さっているので、これから日本で本格的に活動してどんな風になっていくのか、すごく期待しています。一生懸命するので、たくさん愛してください。」
ウソン「僕は短く言います。(日本語で)愛してるよ。ありがとうございます。」
ハジュン「このようにたくさんのファンのみなさんが来て下さったので、これからもっと良い時間が過ごせると思います。みなさんも僕たちとライブを通していい時間を過ごしてくださるとうれしいです。(日本語で)みなさん、愛してるよ。」
ジェヒョン「僕たちとみなさんは友達ですから、これからずっと末永く、一緒に歩いて行きましょう。」

ここで一旦メンバーが退場すると、さらにサプライズでサイン入りチェキプレゼントが発表され、盛り上がる会場。

最新タイトル曲『She’s In the Rain』のサンドアートMVに続き再びメンバーが登場すると、ウソンの「みなさんの熱気がすごくて、最初の曲でギターの弦が切れたのは初めてです。1曲目の熱気で2曲目もお願いします。」というコメントに続き、ポップな『좋았는데(Like We Used To)』へ。
続くカバー曲『Califonia』はドジュンが「次の曲は盛り上がる歌です。手を上げていきましょう!」と呼びかけ、会場一体となって手を上げて応援。
ノリのいい曲『Candy (so good)』が続き、熱気に満ちた会場だったが、ここで次の曲のためにチューニングタイム。チューニングタイムも熱気を維持するために、ジェヒョンが「これがチューニングソングです。」と言って、ベースを弾きながら「大好き」と即興で歌う芸達者ぶり。ハジュンもドラムを入れて、セッション風に1曲披露してくれたのだった。

そしてウソンの「次は日本語の曲を歌わせていただきます。日本語はまだまだですが。」という言葉で始まったのは、ONE OK ROCKの『Heartache』。これにはファンも大喜びだった。

再びのチューニングタイムもチューニングソングで乗り切り、しばしMCタイム。
3回も旅行に来ているというだけあって、ウソンは「日本で昨日も今日もとってもとってもおいしいものを食べました。超おいしいです。和牛、すし、ごはん、焼肉。日本のお米は特別美味しいと思います。食べやすくて、もちもちしていると思います。だから日本の食べ物は美味しいです。」と通なコメント。先ほどから“ごはん”を連呼しているウソンはジェヒョン曰く「ごはんメン」だそうで、「愛してる、ごはん。」と本当に日本のお米が気に入っている様子。
先程から上手な日本語を連発しているドジュンは「みなさんはきれいです。」と言ってファンを喜ばせ、ウソンは「“リ”っていう言葉あるじゃないですか?合ってますよね。『わかった』『了解』の“リ”ですか?ここにいるスタッフがわからなかったんです。」と日本の若者言葉を確認する場面も(笑)。

10月4日にリリースしたばかりのアルバムから『She’s In the Rain』が披露されると会場からは大きな歓声が。
そして次の曲『Take Me Down』のため、ドジュンのピアノに合わせて「♪ウォウォーウォーウォ」とみんなで歌う練習をすると、『Take Me Down』へ。ドジュンからは「みなさんの声はきれいです。」とお褒めの言葉ももらい、みんなできれいに合唱していた。

ここでステージを後にした4人だったが、スクリーンに映し出された“WE LOVE YOU”のメッセージに続き、アンコールに応えて再び登場。
最後に『BABY』を歌うと、「今までTHE ROSEです!」「みんなまた会いましょう!」「今日は楽しかった!」「バイバイ、愛してる東京!」とファンに言葉を掛けながらステージを後にした。

(完)←前頁

【セットリスト】
1.Sorry
2.좋았는데(Like We Used To)
3.Califonia
4.Candy (so good)
5.Heartache/ONE OK ROCK
6.She’s In the Rain
7.Take Me Down
8.BABY
□THE ROSE公式サイト:http://therose.jp/

人気記事 おすすめ記事