韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2024年5月6日06時31分 月曜日 【レポ】UNIS(ユニス)合同取材~休憩時間は“人狼ゲーム”“ウインクキラー”!ソウォンが青春を感じたこととは?!初来日イベントでファンの愛を実感「私たちUNISをたくさん愛して」

韓国SBSが総製作費100億ウォン(約11億円相当)をかけて挑んだ初のガールズグループオーディション番組『UNIVERSE TICKET』から今年1月に誕生したグローバルガールズグループUNIS(ユニス)。メンバーはナナ(16歳)、コトコ(16歳)、エリシア(14歳)、パン・ユナ(14歳)、ゼリー ダンカ(16歳)、イム・ソウォン(13歳)、オ・ユナ(14歳)、ジン・ヒョンジュ(22歳)というフレッシュな8人で、3月27日(水)に『WE UNIS』で韓国デビューした。
そんな彼女たちが、4月28日(日)、29日(月・祝)に『UNIS The 1st Mini Album ‘WE UNIS’発売記念来日リリースイベント』を開催。28日にはマスコミ向けの合同取材で、インタビューとフォトセッションに応じた。

この合同取材のインタビューの模様をお届けします!

【レポ】UNIS 合同取材

―初来日イベントで日本のファンに会った感想を教えてください。
パン・ユナ世界中にいるたくさんのファンの方に愛されているという実感があまりなかったのですが、このように日本に来て、ファンのみなさんにお会いできたので、幸せですし、うれしいです。これからもたくさんのファンのみなさんと、ずっとずっとご一緒したいです。
コトコこうやって日本のファンの方たちに会えて、すごくうれしくて、不思議な気持ちもあるのですが、これからこういう機会をもっとたくさん作って、日本のファンの方たちにもっとたくさん会えるように、がんばりたいと思っています。

―3月27日のデビューから1か月が経ちましたが、今の心境やグループの雰囲気を教えてください。
ヒョンジュもうすでにUNISのデビューから1か月が経ったなんて信じられません。いろいろなスケジュールの中で、ファンのみなさんとお会いしたので、時間が早く過ぎた気がします。
オ・ユナ最初はデビューしたという大きな実感はなかったのですが、活動して、たくさんのファンのみなさんとお会いしながら、「本当に私がデビューしたんだな」「たくさんのファンのみなさんに愛されているんだな」と感じました。

―グループ活動が始まり、メンバーと一緒にいる時間が増えたと思いますが、休憩時間などはどのように過ごしていますか?
ナナ休憩時間には、メンバーと一緒に、楽しくゲームをすることが多いです。“人狼ゲーム”とか、“ウインクキラー”を最近はよくやっています。
ゼリー私は愛する人たちと一緒に過ごすことが大切だと思うので、自由時間は友達や家族と電話で話すのがとても好きです。また、韓国語の勉強をしたり、音楽を聴きながら絵を描いたりしています。

―忙しくてなかなか時間に余裕がないと思いますが、日本でやってみたいこと、食べたいものはありますか?
エリシア日本で本当にいろいろなものを食べてみたいんですが、特にもちもちしたドーナツやお団子、そして本場の日本のラーメンも食べてみたいです。
ソウォン私は日本のユニバーサル・スタジオ(・ジャパン)に行きたいです。そして、日本のプリンをたくさん食べてみたいです。スフレプリンやミルクプリンを食べてみたいです。

―デビューという夢をつかんだみなさんですが、夢をかなえる秘訣を教えてください。
ナナ私は“挑戦すること”だと思います。私が最初に『UNIVERSE TICKET』に出ることになった時は、韓国語も自己紹介ぐらいしかできなくて、ひとりで韓国に行くのもすごく怖かったんですけど、勇気を出して挑戦したからこそ、今の私があると思うので、挑戦することが大事だと思います。
コトコ私は、“楽しむこと”と“モチベーション”だと考えました。最初は知らない国にいきなり来て、夢を追いかけながら暮らすのはすごく疲れるし、大変だし、簡単ではなかったのですが、とりあえずこの瞬間を楽しむことと、なぜアイドルになりたいのかっていう理由をモチベーションにして、この2つを大切にしたからこそ、今の自分がいるんだな、と思いました。

―『UNIVERSE TICKET』ではさまざまなことがあったと思いますが、特に印象に残っていることはありますか?
パン・ユナ私は、やはり私たちUNISのメンバーが決定したファイナルがいちばん印象深いです。なぜなら、その時の記憶が、言葉では説明できないくらい強く記憶に残っているからです。
オ・ユナ私は2回目のコンテストの『DIVA』のステージがいちばん記憶に残っています。私の初めての勝利でしたし、次のラウンドに進出できるユニコンチケッティングを受けたので、その時が記憶に残っています。
エリシア私は1対1バトルの時に、参加者のみなさんやユニコン(審査員)から、あんなに良い評価をもらえたことと、UNISの最初のメンバーに選ばれた瞬間は、絶対に忘れられません。
ソウォン私は『UNIVERSE TICKET』の練習が終わった後で、お姉さんたちとごはんを食べた時が、いちばん記憶に残っています。練習を一生懸命してから食べたごはんなので、より美味しかったですし、汗を流しながらお姉さんたちと食べているのが、ロマンチックで青春だと感じました(笑)。

―グループとして今後やりたいことや挑戦したいこと、そしてどんなグループを目指しますか?
ヒョンジュUNISの単独コンサートをしてみたいです。ファンのみなさんとUNISだけの特別で素敵な思い出が作れたらうれしいです。
ナナ私はUNISでワールドツアーをしてみたいです。すごく大きな目標なんですけど、絶対にかなえたいです。世界中のたくさんの人から愛されるようなグループになりたいです。
ゼリーUNISとしてもっと愛らしく、明るく元気な活動もしたいですし、UNISのメンバーたちと家族のような時間を過ごしながら、いいエネルギーを蓄えて、ファンのみなさんにそのエネルギーを届けたいです。

―日本のファンにメッセージをお願いします。
ヒョンジュこのように遠い所から私たちUNISをたくさん愛してくださって、心から感謝しています。このような機会をたくさん作って、日本のみなさんにお会いしたいです。そのためにも、私たちUNISをたくさん愛してくださったら幸いです。

まだ結成から日も浅く、あどけなさも残る彼女たちだが、まるでおとぎ話から飛び出した妖精のようなチャーミングさと確かなパフォーマンスで、デビューアルバムから各国のチャートをにぎわすような存在に。結成後すぐに日本でもファンクラブがオープンし、来日イベントを行うなど、今後は日本をはじめとするグローバルな活動にも期待が高まる。

フォトギャラリー→こちら

□UNIS JAPAN OFFICIAL X:https://twitter.com/UNIS_offcl_JP
□UNIS JAPAN OFFICIAL FANCLUB:https://www.unv-jp.com/ja/home

人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています