韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年7月18日12時03分 木曜日 国防部、芸能兵士制度廃止決定、兵士8人は懲戒、芸能兵士15人全員服務部隊再配置へ

芸能兵士制度が16年ぶりに電撃廃止される。
国防部は18日、「国防広報支援隊(芸能兵士)の管理が不十分したことに責任を痛感する。国防広報支援隊の監査結果のフォローアップとして(芸能兵士制度)の廃止を決めた」と明らかにした。
先月25日、地方公演後の飲酒とマッサージサービス店など軍人として品位を毀損した容疑などで懲戒を要求された兵士8人、国防部勤務支援団懲戒委員会から懲戒処分を受けることになる。
懲戒処分の対象は李兵士ら7人で、李上等兵は、警告懲戒対象だ。
李·チェ一等兵は、春川公演後、宿泊施設への不正な離脱したキム兵長は規定を破って携帯電話を持ち込んで使用して春川公演後、正当な理由なしに不適正な時間に外出した。3人の兵士は、携帯電話を持ち込んで使用したことが明らかになり懲戒処分を受けることになった。
軍は、兵士たちの携帯電話の兵営内への持ち込みや使用を徹底的に統制している。
警告懲戒を受ける李上等兵は、春川公演後、正当な理由なしに不適正な時間に外出したが、当時率いていた幹部の許可を受けたことが分かった。
国防部は芸能兵士15人全員を来月1日に服務部隊を再分類して配置することにした。
このうち、残りの服務期間が3ヶ月以内である3人は、国防部勤務支援団に残留させ、一般兵士と同じように働くことになった。
残りの服務期間が3カ月以上の兵士12人のうち、懲戒対象ではない6人は勤務部隊を再分類することにし懲戒対象の6人は懲戒が終わった後、野戦部隊に配置される。野戦部隊に戻って芸能兵士は1.3軍司令部所属部隊に配置される予定である。
国防部は芸能兵士廃止に基づいて、これらに出演した国軍放送慰問列車の公演には、外部の民間の出演者を交渉して才能のある一般的な兵士を選抜して公演に参加させる計画である。芸能兵士が務める国軍放送番組も後半に内部の従業員と交替して、来年には民間司会者を選抜することにした。国防部は芸能兵士管理不足の責任を問い、国防広報院のサポートスタッフ5人を懲戒し、6人は警告措置した(連合ニュース)
芸能兵士制度が廃止が決定したようです。
あらためて、国防広報支援隊の15人全員が服務部隊を再配置するということになったようです。

人気記事 おすすめ記事