韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年5月15日13時44分 水曜日 BEASTのヨン・ジュンヒョン、初の演技挑戦、ミュージックドラマ「モンスター」製作発表会(一問一答) 《ラウンドインタビュー編》2/2

monster2.jpg

tvN•Mnetミュージックドラマ<モンスター>製作発表会(脚本チョン·ユンジョン、演出キム·ウォンソク)が5月13日(月)汝矣島63コンベンションセンター3階)で製作発表会が開かれました!
この日、モンスターのハイライト映像上映をはじめ、ヨン・ジュンヒョン、ハ・ヨンス、カン・ハヌル、タフィ、キム・ミンヨン、カン・ウィシク、パク・キュソンモンスターの出演陣メンバーと一緒にキム·ウォンソク監督、Mnetシン・ヒョングァン常務務が出席。
BEASTのヨン・ジュンヒョン、初の演技挑戦の感想などをお届けします!(つづき)

ミュージックドラマ「モンスター」製作発表会 《ラウンドインタビュー編》(一問一答)2

monster5.jpg

★ここからラウンドインタビューです。

ラウンドインタビューでは、記者たちと直接話をしながら、和やかな雰囲気で行われました。
テーブル会見席を二つ設けて、出演者と監督が二組に分かれ、途中で入れ替わるのですが、ムードメーカーのパク・キュソン氏が記者席に座り、「一番お気に入りの俳優は誰ですか?」と監督に質問し、監督も君だよ、と答えたりと現場の和やかな雰囲気を伝えてくれました。

Q.ヨン・ジュンヒョンさんは初めての演技ですが、大変だったことは。他のBEASTのメンバーからアドバイスはありましたか。

ヨン・ジュンヒョン:当たり前ですが大変です。負担も大きいですし。最初は初めてってことで他の方に迷惑をかけたり、あまり良く思われないんじゃないかなとも思いましたが、スタッフや共演者のみなさんが本当に優しくて、褒めていただいたり、直すところを教えてくれたりもします。撮影が始まって二ヶ月くらいですが今は少し気楽にやっています。メンバーからのアドバイスはないですね(笑)あまりそういうことをするタイプではないので。今実はドラマ撮影しながらBEASTのアルバム準備もしているので、そういう部分ですこく応援してくれました。写真撮影があったら僕のスケジュールを優先してなるべく早く返してくれたり、気を使ってくれています。

Q.ヨン・ジュンヒョンさん、今回の作品撮りながら演技してよかったと思った点は

ヨン・ジュンヒョン:すごく面白かったし、演技はずっとやりたかったので監督から声かけていただいて嬉しかったです。高校生の時は演劇俳優になりたいと思った時期もあったので頑張ってやっています。

Q.ヨンスさんはギター弾くことは大変ではなかったんですか。指は痛くなかったですか。

ハ・ヨンス:大変ですし、指も痛いんですが、二日で20時間弾くとそうでもなくなりました(笑)最初は大変としか思えなかったんですが、ちょっと弾けるようになってからは楽しくなりました。ギターって抱いて弾くので音が体の中で響く感じがすごく良いです。

Q.ヨン・ジュンヒョンさんの2013年の計画と抱負について

ヨン・ジュンヒョン:ドラマに出ることですごくドキドキしましたし、心配もありました。最初はドラマとアーティスト活動を両立できるかなとの心配が大きかったんですが、今はBEASTのメンバーとしての僕と、ドラマに出る僕の両方とも、自分を追い詰めながら頑張っています。

Q.tvN「優雅な女(ウワな女)」にB1A4のリーダーが出演したり、「NINE」にはZE:Aのヒョンシクさんが出演したり、アイドルのドラマ出演が多いんですが。競争心はないのか。またアイドルが最近ドラマに出ることが多いがその理由をアイドルの立場で話してください。

ヨン・ジュンヒョン:競争心はないですね。気にならないってわけではないんですが。同じくアーティストだけど演技もしていて、アーティストが演技で認められるのはカッコいいことだと思いますし、僕もそのようになりたいです。みんなで頑張って、みんな上手くいけたらと思います。

Q.アーティストで演技もしている先輩が多いんですがロールモデルは?

ヨン・ジュンヒョン:ロールモデルは特にいません。僕だけの姿を作っていきたいです。
前頁へ(会見1)

monster4.jpg

5月17日(金)夜9時50分tvN、Mnetで初放送
©CJ E&M Corpration

人気記事 おすすめ記事