韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年5月11日21時09分 土曜日 CNBLUE「韓国バンド初のワールドツアーに自分たちも驚いた」《香港記者会見 一問一答》(2/2)

CNBLUEが韓国バンド初のワールドツアーコンサートを開く。CNBLUEは、5月10日午後(現地時間)香港アジアワールドエキスポアリーナで行われた『2013 CNBLUE BLUE MOON WORLD TOUR』の記者会見で、アイドルではなく、韓国のバンドとしての誇りを現わしてワールドツアー公演に臨む所感を伝えた。つづき

香港アジアワールドエキスポアリーナ記者会見 (一問一答)2

Q. CNBLUEは音楽だけでなく俳優として世界的な愛を受けている。所感がどうなのか。

▲(ヨンファ)、CNBLUEで集まったときに音楽に集中するのが正しい。しかし、ドラマを通じてファンたちとより広範囲に会うことができるということに感謝している。他の領域(演技、バラエティ)で活動する時も揺れずに音楽を熱心にすればドラマで私たちを好きになったファンもCNBLUEの音楽を愛するようになると信じている。私たちの基本は音楽である。

(ジョンヒョン)個人的な活動をするので、他のバンドよりも練習量が少ないのは事実だ。しかし、集まることができる時は、最大限に練習するため、チームへの愛も大きくなる。私たちが最も大切に思うのは楽しい舞台だ。だから、徐々に観客との距離もなくそうと努力している。私たちの公演を見るために来て下さる方々に、悔いのない公演を作ろうと最善を尽くしている。体力的に大変だが、若いので大丈夫。

Q.海外で二日間、休まずに公演するのに体力配分はどうするつもりか。

▲(ジョンシン)メンバーたちと長い時間一緒に住んでみると目を見ても「ああ、この人は疲れているなあ、あるいは、気分が良くなった」などがよくわかる。だから苦しくても楽しくしようとする気持ちを持っているということも知っている。いつでも楽しくしようと努力している。

(ヨンファ)初めて二日連続で公演をすることになったので心配は多い。アリーナツアーをする時は一日の休み時間があったが、今回はないから悩みが多い。2公演の日の喉の管理は、自分の責任だし、一度挑戦だと思って頑張ってみる。

(ジョンヒョン)以前に演奏に集中するために、何のアクションもしなかったが、少しずつ余裕が生じ、表現したいこともたくさんできた。ある瞬間舞台の上で体力を使い果たしたほうが見る人も楽しいということを感じた。無理をしても、すべてを注いで気持ちよく眠ることに満足している。初日と二日目の公演を最善を尽くすが、体力管理は、勉強をしなければならない部分だ。

(ミニョク)僕も最初は序盤に体力を大切にした時もあった。そのような時は常に舞台に降りてきて物足りなさがあった。だから、初日と二日目のすべてに最善を尽くすつもりだ。さらに、100%を投じているといっても30分すると不思議なことに生き返る。ワールドツアーをしながら体調管理秘法を学ばなければならない部分だ。

Q.最近の歌謡界にチョ·ヨンピルブームが吹いた。後輩として感じているのが特別のようだ。

▲(ヨンファ)初めてチョ・ヨンピル先輩の歌を聞いてとても驚いた。最近のトレンドに合った曲をどのようにそう上手く歌えるのかと考えた。本当に音楽は内面がしっかりしなければならないということを改めて感じた。チョ・ヨンピル先輩を見ながら「私が果たして今後あのようにかっこよくおしゃれに音楽をよく消化することができるだろうか」と思った。特に、もう一度「ああ、やっぱり音楽は長くやってきた人、時間には勝てない」ということを学んだ。

Q.バンドとしてCNBLUEはロックフェスティバルに立つ計画はないのか?その中で公演をしながら、最も記憶に残る瞬間はいつなのか。

▲(ジョンヒョン)ロックフェスティバル参加は、計画している。やりたいと思い続けて会社と協議している。最も記憶に残る瞬間はやはり公演後半部である。用意された舞台を終えてメンバーたちの顔を見ると本当に幸せそうな様子だった。だから「このグループにいる自分も幸せだなあ」ということを感じた。

(ミニョク)ドラムの場合は、空きが生じると空を見るが、そのたびに自分は幸せであることを感じる。演奏をしながら、良い音楽を作り、ファンにそれを聴かせることができて幸せだ。

(ジョンシン)前にシンガポール、台湾、タイなどでワールドツアー公演を進行しながらファンがプラカードを持ち上げたり、ウェーブをするたびにドキドキしている。今回もこのように栄光の場所で公演することができていて気持ちがいい。演奏しながらよく目を開いて色々なことを考えながら「この四人で一緒に演奏することができていいなあ」という考えがよぎる。

(ヨンファ)昨年末に韓国でコンサートをした時を覚えている。海外公演が多く、韓国内のファンたちが長い時間待ってくれた。ファンも緊張したような感じだった。だから胸がジーンとした。だから、香港公演が終わって5月末に韓国でもコンサートを予定しているが、そのコンサートも期待している。

Q.多くの公演をしながら、予期せぬ事態もしばしばあったようだが。

▲(ヨンファ)本当に多い。ギターの弦も頻繁に切れてバケツを踏んで照明器具と一緒に倒れたこともある。本当に熱かったが、痛いと思ったよりもファンが前で笑っているからすぐに立ち上がり、歌っていた。くらっとした経験である。

(ジョンヒョン)突発状況があっても、継続できる。今は楽しんでると思う。予期せぬ事態もショーの一部だと思って笑いながらすごす。

Q.K-POPブームが起き、CNBLUEも、その助けを借りて今の位置まで来るようになり、その中でCNBLUEがバンドとして持つことができる差別化要因は?

▲(ヨンファ)CNBLUEが2010年にデビューしてこんなに早くワールドツアーをすることになったのは韓流を導いてくれた先輩のおかげ。ただこれからは自分たちの責任となる。もし僕たちがバンドとしてのアイデンティティがなければ、ダメだ。そのため、これからはバンドとしての誇りを持ちながら活動する計画だ。

(ジョンシン)ワールドツアーをすることにした目的は、僕たちの人気のためではなく、もう少し多くの方々に、CNBLUEの公演をお見せ自分たちだけの色を示すきっかけを作ることだ。

Q. CNBLUEはロックバンドが、他のロックバンドとは異なるクリーンなルックスも素敵だ。破格的な変身を計画したことはないか。

▲(ヨンファ)タトゥーはやってみたい。しかし、多くのファンが引き止めるから我慢している。ピアスは、すでに多くして、マスコミに映らない場合は、ビジュアル的に自由奔放にしようと努力する。バンドのオアシスのタフな話し方とロックスターらしい、自由な行動を見ながら代りに満足している。本当に格好よい。

僕たちが、そのようにしたら、どのような反応なになるかかを知りたい。

Q. CNBLUEは、多方面で活動しているだけに、多くの異性と出会い、ダッシュも多いのでは。

▲(ミニョク)CNBLUEも男なので美人が好きだ。恋愛がしたくなるたびにメンバーたちとたくさん時間を過ごす。女性の友達と映画を見て食事をしたいが、ジョンシンと夜道を歩いたり、メンバー全員一緒に映画”アイアンマン3″を見ながら、異性の考えを消そうとする。でもまだ好きなタイプの美人に会えていない」

Q. CNBLUEの目標は?

▲(ジョンヒョン)グループを始めた時からの目標何かという質問を受けると、常に漠然と”ビルボード進出”とした。しかし、今は夢ではなく、充分に可能なことだ。

(ヨンファ)PSY先輩が活躍するのを見て、良いものであれば、どこに行っても上手くいき、自信を持つことができることを学んだ。今は、それを(ビルボード進出)築く過程だと思う。32歳の頃に5位に、35歳には、1、2位をとりたいと思う。いつの日か米国ニューヨークタイムズスクエアで公演したいと思う。もちろん、永登浦ではなく、ニューヨークである。ニューヨーク。(newsen)

ヨンファがタトゥーをしたいというのは、意外でしたね。たしかに、CNBLUEのもってるイメージからですかね?
職業柄、彼女はなかなかできにくく、グループの仲がいいのもよくわかりますね。夜道をミニョクとジョンシンが散歩してる姿をそうぞうすると、とっても微笑ましいです。そして、夢のビルボードの目標に向かって、これからもがんばってほしいです。

前頁へ

1.CNBLUE「韓国バンド初のワールドツアーに自分たちも驚いた」《香港記者会見 一問一答》(1/2)
2.CNBLUE「韓国バンド初のワールドツアーに自分たちも驚いた」《香港記者会見 一問一答》(2/2)

【読者レポ】CNBLUEオフィシャルファンミーティング2013~Welcome to BOICE JAPANⅢ~in東京国際フォーラム(1/2
【読者レポ】CNBLUEオフィシャルファンミーティング2013~Welcome to BOICE JAPANⅢ~in東京国際フォーラム(2/2)

《CNBLUE「BLUE NIGHT」ソウルライブ記事一覧》
1.2012 CNBLUE Live「BLUE NIGHT」in Seoulレポ(1/3)
2.2012 CNBLUE Live「BLUE NIGHT」in Seoulレポ(2/3)
3.2012 CNBLUE Live「BLUE NIGHT」in Seoulレポ(3/3)
4.2012 CNBLUE Live「BLUE NIGHT」in Seoulセットリスト(12/15)

【CNBLUEアリーナツアーinさいたま記事】
「CNBLUE Arena Tour 2012~COME ON!!!~」さいたまスーパーアリーナレポ(1/3)
「CNBLUE Arena Tour 2012~COME ON!!!~」さいたまスーパーアリーナレポ(2/3)
「CNBLUE Arena Tour 2012~COME ON!!!~」さいたまスーパーアリーナレポ(3/3)
「CNBLUE Arena Tour 2012~COME ON!!!~」さいたまスーパーアリーナ セットリスト(10/20.21)

【関連記事】
CNBLUEイ・ジョンシン、KBS2新ドラマ「剣と花」にキャスティング決定!
CNBLUEは、国際救護団体飢餓対策広報大使に!
CNBLUEのヨンファ、イ・ミンホとパク・シネとの共演予定だったSBS「相続者たち」出演をキャンセル
CNBLUEヨンファ、キム・ウンスク作家『相続人』で2年ぶりに俳優復帰、共演は、パク・シネ&イ・ミンホ!
CNBLUEヨンファ、アフリカに寄付で設立した学校に自作曲で校歌をプレゼント
CNBLUEヨンファ、東方神起ユノからも曲の依頼を受ける程の作曲の実力
CNBLUE、地上波カムバックステージ、生演奏で!ヨンファの自作曲の新曲「I’m sorry」14日公開
CNBLUEヨンファの「オレのことスキでしょ。」がK-POP OSTの携帯電話の着信音年間チャートの1位!2位チャン・グンソクの「ラブレイン」
CNBLUEヨンファとBEASTギグァンが12/9のSBS “人気歌謡”のスペシャルMCに!
CNBLUE、韓国単独コンサート「2012CNBLUE LIVE BLUE NIGHT IN SEOUL」が10分で完売
CNBLUE チョン・ヨンファの自作曲「Have A Good Night」、アメリカの朝のテレビニュースに登場!
CNBLUEが12月15,16日に韓国で単独コンサートが決定!
CNBLUEジョンヒョンがスーパージュニアのギュヒョンの人脈である”ギュ・ライン”に強制的スカウトされた理由は…
CNBLUEジョンヒョン「ドラマで知名度はアップ、それでもヨンファは絶対権力」
CNBLUEイ・ジョンヒョン、『紳士の品格』OST曲「僕の愛」がチャートを席巻
CNBLUEのチョン・ヨンファがSBS「紳士の品格」に7/7にカメオで出演
CNBLUE、初ロンドン単独公演に4000人が熱狂、アンコールステージでは、ジョンシンの誕生日祝いも
CNBLUE LIVE in London セットリスト(2012.9.22)
CNBLUE、演技も “甲”である理由 ~メンバー全員の演技の評価が高い理由は…
CNBLUEジョンシン、新ドラマ会見で「ヨンファ兄さんがたくさん演技の助けをしてくれて…」
CNBLUE 10月にアリーナツアー開催決定!
CNBLUEのヨンファ&パク・シネ主演「オレのことスキでしょ。」オフィシャルファンミーティング、大盛況!
アイドル100人に問う「部門別の最高は誰?」(スポーツソウルの創刊27周年アンケート) 最高ヨンギドル(演技の上手いアイドル)は、パク・ユチョン、TOP、スジ!
CNBLUEカン・ミニョク、イ・ジョンヒョン、JYJユチョン、ジェジュン、少女時代ユナ、2PMテギョンに続く新ヨンギ(演技)ドルに!
CNBLUEジョンヒョンが「ELLE girl」のインタビューで、「メンバー弟達のおかげで部屋がきれい」
【フォト】「LOVE-1 FESTIVAL SEASON2」 CNBLUE編 ギャラリー

Blind Love(初回限定盤B)

Arena Tour 2012~COME ON!!!~@SAITAMA SUPER ARENA [DVD]

Robot(初回限定盤)

CODE NAME BLUE(初回限定盤)

CNBLUE 完全密着ドキュメント24時~K-POP STAR 世界を魅了する~ [DVD]

MTV Unplugged (初回限定盤) [DVD]

Come on(初回限定盤)

紳士の品格 韓国ドラマOST Part 2 (SBS) (韓国盤)

紳士の品格 韓国ドラマOST Part 1 (SBS) (韓国盤)

花ざかりの君たちへ (美しい君へ) 韓国ドラマOST (SBS) (韓国盤)

人気記事 おすすめ記事