韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年4月29日12時33分 日曜日 【FC MENサッカー in 国立・レポ】JYJジュンス率いる「FC MEN」チャリティマッチに約4万人が観戦、5-4で勝利!

20120428_fcmen_01

4/28、東京・国立競技場で行われた「FC MEN JAPAN FIGHT! VOL.1 FC MEN JAPANチャリティーマッチ in TOKYO 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」で、JYJのジュンス率いるFC MEN vs 日本の芸人チームFC GEININでサッカーの試合が行われた。

国立を40,789人で埋め尽くし、客席はブルーでほぼ埋め尽くされた。
普通、ブルーといえばサッカーのジャパンブルーを思い浮かべるが、この日はFC MENのブルー
国立のホームで、日本チームがこんなにアウェイになったことは、かつてないだろうというくらい、FC MENの応援が国立に響き渡った。

ジュンス率いるFC MENは、Kリーグの水原三星ブルーウィングス傘下の芸能人サッカーチームで、2011年芸能人サッカーリーグで年間総合優勝している。ジュンスのほか、この日除隊したばかりのキム・テヒの弟のイワンも参戦。

そして日本の芸人チームは、高校サッカーの強豪・市船橋(千葉)OBのお笑いコンビ「ペナルティ」のヒデとワッキーや高校時代サッカー部でインターハイに出場したライセンス井本、全国高校サッカー選手権2度準Vを経験した加藤謙太郎(春夏笑冬)が率いるチーム。

この日の、MCは、5月にMpost韓国語講座の講師をしてくれる、金景太氏と川原みなみさん。

最初に、ジュンスの双子の兄JUNOが5/16発売の新曲「Everything」を披露、そして今度デビューするMENの公演後、スクリーンに選手紹介が映し出され、ひときわ歓声がすごかったのが、ジュンス。やはりこの国立の大半を埋め尽くしたのがジュンスのファンのようだった。
そして、FC MENの監督はシークレットガーデンやお嬢さまをお願いに出演のユン・サンヒョンさん。

日本芸人チームの監督は、鼠先輩

国歌斉唱では、FC MENチームは胸に手をあてて、真摯なかんじで全員が立っている姿が印象的だった。

FC MENはこの日のサッカーの試合のほか、収益金の寄付をして、1年前に最も被害が大きかった福島南相馬市に2千万を寄付。福島県南相馬市桜井市長が参加し、ジュンスよりこの目録を受け取り、ジュンスは、中曽根元首相から贈られた「東日本地震被害支援のための感謝状」をいただいた。

試合前にジュンスがコメント
「こんばんは、今日はこんなにいいチャリティイベントで、ご招待ありがとうございました。今日は頑張って、みんな傷つけないように(怪我しないように)頑張ってみます。ありがとうございます」とあいさつ。
この日のジュンスは、金髪の前髪をあげてました。

サッカー解説は、本田泰人(元鹿島アントラーズ)。

前半、イワンのシュートのこぼれ球をジュンスが拾いシュートを放つもゴールキーパーに阻止されるが、かなり盛り上がった。
その直後、前半28分に芸人チームの加藤謙太郎(春夏笑冬)の右サイドからゴールで先制。
前半35分には、FC MENオウンゴールにより1-1の同点に追いつく。
そして、ジュンスがドリブルで3人抜くという見せ場があり、国立の歓声が半端なくものすごかった。

後半すぐに、芸人チームがしずる・村上純がコーナーキックからヘディングでゴールして追加点で、2-1。
FC MENは、ゴール前15メートル位からのフリーキックのチャンスで、ジュンスが蹴るも惜しくもDFの壁に当たるという場面も。
後半15分 FCMENヨンファン(元KlNO)が、追加点で、2-2同点。
ゴール決めたヨンファン追いかけて、ゴール裏までジュンスも駆け寄ると、ゴール近くの観客が大歓声。

FC MEN、ドリブルで抜いて、一瞬逆転のゴールをかと思ったがオフサイドの判定。その直後に芸人チーム安田大サーカス・団長安田が再びゴールして3-2となるが、その1分後にFC MENジョンジンのゴールでまたもや追加点をいれて、3-3同点。
なかなかのシーソーゲームで、楽しい試合になってきた。
FC MENシン・キヒョンがヘディングで決めて、逆転ゴールをあげるも、芸人チームも加藤謙太郎が再び見事なゴールをファーサイドから決めて、今度はFC GEININが同点に追いつく。この加藤のゴールは、本当に見事だった。

解説の、本田が空気読めと面白い解説するも、芸人チームも、そんなことは構いもせず真剣勝負をしていたので、試合としてはかなり面白い展開となった。

後半残すところ10分くらいになり、国立に「FC MEN(チャ・チャ・チャ)」のコールが、沸き起こり、国立に響き渡った。
サッカーのジャパンコールのような感じである。
日本のホームで、日本チームが、こんなにアウェイになったことはないだろう(笑)。

ロスタイムに、FC MENがペナルティキックのチャンスを得て、ジュンスがゴールをしっかり決めて、5-4で劇的な勝利!

ジュンスは、なかなかスピードがあり、フル出場なので後半少し疲れを見せるも、最後まで見せ場を作ってくれました。少し、足を痛めたようだったけど大丈夫だったかな?
そして、除隊したばかりの、イワンも、やはり体力あり、なかなか上手かったのと、ヨンファンも活躍してました。

ジュンスは、試合終了後のインタビューで、
「強かった。めちゃくちゃ強くてびっくりしたけど僕達のチームのカラーが出せて、勝ててよかったです。今、本当に気持ちが良いです。相手チームにも感謝していています」と、コメント。

ジュンスが、最後に勝利点とは、本当に、持ってますよね、やはりスターです!

追記.最後に挨拶してまわりながら、サイン付きサッカーボール、客席に投げいれてました!

ジュンス ツイより
(意訳)『電光掲示板に押された40789 …..という数字…..感動でした〜今日応援に来てくれた日本のファンの方々に心から感謝いたします。みなさんの応援のおかげで勝利することができました〜もう一度感謝して近いうちに必ずまたお伺いします。快適な夜をお過ごしください。^^』

さて、今日はエリザベートですね。

人気記事 おすすめ記事