韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年5月22日16時04分 水曜日 歌手ソン・ホヨン(元god)の所有車から交際女性の遺体が発見され、本人も衝撃

歌手ソン・ホヨン所有の車両から女性が死亡しているのが発見されて衝撃が走る中、ソン・ホヨン側が公式立場を明らかにした。
ソン・ホヨンのマネジメントを担当しているCJ E&M側は、22日午前0時47分頃、公式報道資料を通じて、 「去る21日の夜10時から12時までソン・ホヨンは、江南(カンナム)警察署で事件関連の調査を受け警察側の連絡を受ける前まで、その事実を知らず全く認知できない状態だった」と明らかにした。
CJ E&Mは「現在のソン・ホヨン氏は、調査後も大きな衝撃により立場を伝える余裕すらない状況であることを了解してほしい。今回の事件の相手は、ソン・ホヨンさんと1年余りの間、真剣に交際した間柄で芸能界従事者ではない一般人」と明らかにした。続いて、「事件の車両は、ソン・ホヨン氏個人所有のカーニバルで、活動のために購入した車両で、恋人が運転走行の練習でよく使っていたという。最近ソン・ホヨン氏がアルバム作業の関係で忙しくなり、些細な争いをしたが、このような事件に拡大するほどではないことが確認された。ソン・ホヨン氏は、全く予想外のことに非常に大きな衝撃を受けた状況」と明らかにした。
CJ ​​E&Mは「これにより、ラジオ『2時のデート』やドラマ『一抹の純情』をはじめとした、すべての公式活動の進行が不可能と判断される。良くないことで心配おかけして申し訳ない。ただし、一般的な故人と遺族のプライバシーのために確認されていない推測の記事はなるべく控えていただくよう重ねてお願いする」と伝えた。
また「重ねて故人の冥福を祈る」と公式立場を結んだ。
これに先立ち、警察は15日、ソウル江南(カンナム)のあるアパート近くで違法車両に通報を受けて車両をけん引した。しかし、数日経っても持ち主が現れないので車の中を見たところ車での女性の変死体が発見された。
車の所有者を調べた結果、所有者がソン・ホヨン氏とわかり、ソン・ホヨン氏は21日、この事件で警察の調査を受けた。死因は、遺書が発見されたことから推測すると自殺と推定されている(joynews24)
本日、韓国では、このニュースが一斉に報道され、衝撃が走った。
中央日報によると、警察関係者は、「車内からは燃え残った練炭と債務を悲観する内容の遺書が発見された。焼酎パックもあった。こうした点から自殺と推定される」と伝えた。
22日ソン・ホヨンの所属事務所の関係者によると、ソン・ホヨンはこの日午前、恋人の葬儀室があるソウル医療院を訪れ、黒のスーツを着て通夜に向かい、大きな衝撃を受けたソン・ホヨンは遺族に慰労の言葉を伝えたとのこと。
ソン・ホヨンは、1999年にグループgodでデビュー、2004年にgodが解散した後にソロ活動をしており、歌手やミュージカル俳優など多方面で活躍している。

人気記事 おすすめ記事