韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年5月24日14時25分 金曜日 歌手ソン・ホヨン(元god)自殺未遂で集中治療室に入院、病院から「峠は越した…」

歌手ソン・ホヨン(元god)が自殺をはかり、治療を受けている。
病院側がソン・ホヨンが危機的な状況を越えたと明らかにした。
ソン・ホヨンが入院して治療を受けている順天郷大病院側は、24日午前11時10分頃公式ブリーフィングを通じて「危機的な状況を越えた状態だ」と伝えた。続いて、「心身が非常に不安定で2~3日経過を見守らなければならない。集中治療室に入院する予定だ」とソン・ホヨンの状態を伝えた。
ソン・ホヨンは、この日午前、ソウル龍山区西氷庫洞(ソビンゴドン)オンヌリ教会近くの公共駐車場に止めておいたバンの車で練炭ガスを吸って自殺を図った。
車の練炭ガスに火が燃え移り、車から出てきたソン・ホヨンを市民が発見して警察に通報した。ソン・ホヨンは、近所の順天郷大病院に搬送され、緊急治療室で治療を受けており、生命には支障がない状態だ。
現在のソン・ホヨンが入院している病院は、多くの取材陣が集まった中で厳しい制御が行われている中でソン・ホヨンのそばは、マネージャーなどの所属会社関係者たちが守っている。
一方、ソン・ホヨンのガールフレンドAさんは、去る21日ソウル江南のアパート近くに駐車されていたソン・ホヨンの車の中で死亡したまま発見された。
ソウル江南(カンナム)警察署によると、司法解剖の結果、Aさんは、ガス中毒による自殺と結論した。ソン・ホヨンは23日午後、ソウル江南区三成洞ソウル医療院葬儀場で行われたAさんの出棺と遺体安置など、すべての葬儀を共にして恋人の最後の道を守った。
所属事務所の関係者によると、ソン・ホヨンは、ガールフレンドの死に大きな衝撃を受けた状態で、しっかりと話ができないくらい悲しみに陥っていた( Joynews24 )
 ソン・ホヨンの自殺未遂について所属事務所側は24日午前OSENによると「昨日(23日)の夜に家族と一緒にいる方がいいという判断の下にマネージャーがソン・ホヨンの本家に送った。家族と会うことまで確認して戻ってきた後にこのようなことが発生した」と説明して残念がった。この関係者はソン・ホヨンの状態については、「生命には支障がないが、心理的にも不安定に継続的な治療と管理が必要である。集中治療室に移動して2~3日ほど入院する予定」
悲劇が、また悲劇を生む連鎖となってとしまいました。
衝撃な事件に、当事者および親族ほか近親者は、心を痛めていることと思います。
亡くなった方の苦しみ、そして残されたものの苦しみ、共につらい事件となってしまいました。ソン・ホヨン氏のご回復及び家族、近親者の方の、心の傷が早く癒えることをお祈りします。
【関連記事】
歌手ソン・ホヨン(元god)の所有車から交際女性の遺体が発見され、本人も衝撃

人気記事 おすすめ記事