韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年1月3日20時50分 水曜日 クァク・ジェヨン監督最新作、1月26日公開『風の色』古川雄輝演じる“涼”のキャラクターAIチャットボット、LINE@上にて12月24日(日)からスタート!

20180103_kazeiro_main

2018年1月26日(金)より、TOHOシネマズ 日本橋他、全国ロードショー公開される映画『風の色』(監督クァク・ジェヨン/配給:エレファントハウス、アジアピクチャーズエンタテインメント、カルチャヴィル)のプロモーションの一環として、劇中の主役である“涼”のキャラクターを模したAI(人工知能)がチャットの相手を務めるサービス「Ryo’s Magic Wind(リョウズマジックウィンド)」が開始となりました。

「Ryo’s Magic Wind(リョウズマジックウィンド)」は劇中で、マジシャンを志す青年・涼(リョウ)に、架空のファンクラブを想定したものでスマートフォン上でユーザーはインタラクティブにAIキャラクター“涼”とのやり取りを楽しむことができます。サービスメニューは、【café風dini(フーディーニ)】、【涼を探せ!】、【涼の部屋】などがあり、楽しいAIキャラクターとの会話や、ゲーム感覚のインタラクティブなやりとり、そしてスペシャル画像や動画などのギフトが贈られるなど盛りだくさんの内容。LINEを利用しているユーザーは誰でも無料で楽しむことができます。
詳細は公式サイトへ⇒http://kaze-iro.jp/news/2017/12/24/kazenoiro009/

映画『風の色』は、大ヒット映画『猟奇的な彼女」、『僕の彼女はサイボーグ』、『ラブストーリー』のクァク・ジェヨン監督の最新作で、流氷の北海道・知床と桜舞い散る東京を舞台に、究極の愛の姿を描いたラブストーリー。主演を務めるのは、中国版ツイッター「Weibo」において158万人を超えるフォロワー数を誇り、Netflixドラマ「僕だけがいない街」や映画『曇天に笑う』(2018年3月21日公開)で話題の古川雄輝。ヒロインには公募オーディションで約1万人の中から選ばれた藤井武美。そして、竹中直人、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子といった実力派・ベテラン俳優が脇を固めています。

『風の色』
20171020_kazeiro_poster監督・脚本:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、石井智也、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子、竹中直人
英題:COLORS OF WIND
主題歌:華原朋美「風の色」(UNIVERSAL J)
挿入歌:Professor Green/Read All About It (Feat Emeli Sande) (USM JAPAN)
原作小説:「風の色」著:鬼塚忠、原案:クァク・ジェヨン(講談社文庫刊)
マジック監修:Mr.マリック
2017/日韓合作/日本語/カラー/5.1ch/シネスコ/約119分
配給:エレファントハウス/アジアピクチャーズエンタテインメント/カルチャヴィル
公式HP:http://kaze-iro.jp
(C)「風の色」製作委員会
2018年1月26日(金)TOHOシネマズ 日本橋他、全国ロードショー!
【ストーリー】
突然目の前から消えた恋人・ゆり(藤井武美)の死から100日、彼女との想い出の品々を胸に、失意のどん底からマジシャンになることを決意した青年・涼(古川雄輝)。その後、“自分と生き写しの人間”の存在に気付き始めた彼は、生前「私たちはまた会える」、「流氷が見たい」と言っていた彼女の言葉に導かれるように、北海道へと向かう。そして、旅の途中で偶然出会った、亜矢と名乗る、ゆりと瓜二つの女性(藤井・二役)。彼女もまた、2年前の事故により行方不明になっていた、涼と瓜二つの天才マジシャン・隆(古川・二役)との再会を待ち望んでいた——。

人気記事 おすすめ記事