韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年6月14日17時08分 金曜日 キム・ナムギル、KBS 2TV「鮫」撮影中、肋骨を負傷、鎮痛剤で撮影

俳優キム・ナムギルが撮影中肋骨にひびが入るけがを負った。
キム・ナムギルは最近KBS 2TV月火ドラマ「鮫」(脚本キム·ジウ演出バックチァンホングチャヨウンフン)の撮影中肋骨を負傷した。
「鮫」の関係者によると、彼はリアルなアクション演技のために代役なしで飛び蹴りをして肋骨にひびが入るけがを負った。
軽傷だと思っていたキム・ナムギルは、当日の撮影を無事に終えたが、最終的に痛みで病院に訪れたことが分かった。これに対してキム・ナムギルの所属事務所スタージェイエンターテイメントの関係者は「肋骨にひびが入ったという診断を受けて3日間、病院で治療を受けた。病院では3週間ほど安静を取るべきだとしたが、ドラマのスケジュール上休まず、13日、再び現場に復帰した」と説明した。
「鮫」側関係者は「ドラマのスケジュールには全く問題がない。キム・ナムギルはドラマに支障をつくることを嫌って鎮痛剤をうち、撮影中であるが、笑顔で撮影に臨んで和気あいあいとした雰囲気の中で撮影が続いている。キム・ナムギルの体に無理がかからないようにスケジュールを調整している」と伝えた(mydaily)
肋骨のひびは、治りにくいし、ふと力が入ったとき、痛いから撮影は、大変でしょうね。
はやく治るといいですね。
KBS 2TV月火ドラマ「鮫」は、脚本:キム・ジウ、演出:パク・チャンホン、チャ・ヨンフンで、ヒロインは、ソン・イェジンが演じている。
「鮫」のOSTには、ヒロインのテーマ曲としてBoAがテーマ曲「天国と地獄の間」を切ないかんじで歌っている。

人気記事 おすすめ記事