韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2017年12月5日19時10分 火曜日 【レポ】スペシャルステージに沸いた「2017 MAMA in Japan」!EXO-CBX、MONSTA X、SEVENTEEN、TWICE、Wanna One、NU’EST W、BoA、AKB48など豪華出演者に熱狂!(2/2)

20171129_MAMA_EXOCBX_05

日韓ガールズグループのスぺシャルコラボも実現。
Weki Mekiが『I Don‘t Like Your Girlfirend』を歌い、チョンハが『Hands on me』と『Why Don’t You Know』、PRISTINが『We‘re PRISTIN』と『WE WOO』を披露。この3組と『アイドル学校』出身のfromis_9(フロミスナイン)でI.O.Iのヒット曲『Pick Me』を披露。そこへAKB48が登場し加わり、日韓コラボの『Pick Me』という豪華なステージが実現した。そして、AKB48の『ヘビーローテーション』、『恋するフォーチュンクッキー』のスペシャルステージでイベントに華をそえた。

AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏はInspired Achievementを受賞。
秋元康氏は、「とってもすてきな賞をいただきました。ありがとうございました。」とあいさつ。 スクリーンに「PRODUCE 48」のロゴと、「2018 Coming Soon」という文字が映し出され、サプライズで発表があり会場がどよめいた。

ジコ(Block B)は、「ベスト男性アーティスト」賞を受賞し、メンバーやファンへ感謝の言葉を伝え、
「これからみなさんにとって良い、楽しい、力になれる音楽を作っていけるアーティストになれるよう努力していきます。」とコメント。

「ベスト コンサートパフォーマー」賞を受賞したのは、MONSTA X。
「今年は本当に幸せなことがたくさんありました。『MONBEBE』(MONSTA Xのファン)のおかげで1位にもなれたし、このように授賞式のステージで賞もいただくことができました。」と喜びを伝えた。『Beautiful』と新曲『DRAMARAMA』で、パワフルなステージを披露した。

「ディスカバリー オブ ザ イヤー」を受賞したのは、NU’EST W。「NU’EST W」の名前が発表された瞬間、同じ所属事務所PLEDISエンターテインメントの後輩となるSEVENTEENが駆け寄り、一緒に受賞を喜んでいたのが印象的だった。「プデュ2」に練習生で参加し、初めからリセットスタートさせたNU’EST。彼らの努力が実った年となった。
ベクホは「このように素晴らしい賞をくださり感謝しています。ことしは僕たちにとって特別な1年だと思います。ステキなプレゼントを作ってくれたファンのみなさんに感謝します。ことしももう残り少ないですが、温かく過ごしてほしいです。」とコメント。

NU’EST WとSEVENTEENの2組によるPLEDISスペシャルコラボもみものだった。MAMAで初披露する新曲『Heaven』で、息のあったダンスパフォーマンスを見せファンを喜ばせた。

そのSEVENTEENは、「ベストダンスパフォーマンス男性グループ」賞を受賞。プレゼンターの佐藤健から、トロフィーを受けた。
エスクプス「自主制作ドルと呼ばれ、振付もホシが手掛けていますが、パフォーマンス賞をもらい光栄です。」
ジョンハン「ベストパフォーマンス賞にふさわしいように、『SEVENTEEN』がきのうよりもっとカッコいいグループになります!」とコメント。

「ベスト アジアンスタイル イン ジャパン」賞を受賞したのは、EXO-CBX。ユニットとして初受賞となった。
ファンの投票で選定される「Mwaveグローバル ファンズ チョイス」賞は、EXO。EXO-CBXが、EXO代表としてトロフィーを受けた。
シウミン「この賞は『EXO』としてもらう賞ですが、いまこの瞬間、メンバーたちのいない穴が大きく感じます。メンバーたちと喜びを分かち合います。」
チェン「ファンのみなさんが僕たちにくれたプレゼントだと思います。みなさんに恩返しをできるように、より近づいていく『EXO』になります。」
ベクヒョンは「ありがとうございます。謝謝(シエシエ)。」と感謝の気持ちを伝えた。
EXO-CBXは、『Hey Mama』と日本で発売されたミニアルバムの収録曲『Ka-CHING!』リミックスバージョンを大きなステージに慣れている貫録のステージを見せて盛り上げた。

TWICEは、「ベスト ダンスパフォーマンス女性グループ」賞に続き、『SIGNAL』で、「ことしの歌賞」(2年連続受賞)の2冠に輝いた。

授賞式にはそのほか、プレゼンターとしてパク・ボゴムの他、藤井美菜、原田龍二、石田ニコル、秋山成勲&SHIHO夫妻&サランちゃん、佐藤健、ソ・ガンジュン、キム・ソヒョン、ソンフン、イ・ソンビン、イ・ホンジョンが務め、華やかなステージに華を添えた。
12月1日(金)には香港で、「2017 MAMA」のフィナーレを飾り「2017 MAMA in Hong Kong」が開催された。

(完)←前頁
→(受賞者リスト&セットリストへ)

■2017 MAMAラインナップ■
「2017 MAMA Premiere in Vietnam」 SEVENTEEN、Wanna One
「2017 MAMA in Japan」 EXO-CBX、MONSTA X、SEVENTEEN、TWICE、Wanna One
「2017 MAMA in Hong Kong」 BTS、EXO、GOT7、Red Velvet、SUPER JUNIOR、Wanna One

■MAMAとは■
「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」は今年で9回目を迎えるCJ E&M主催のアジア最大級の音楽授賞式。
1999年に「Mnet KM MUSIC Festival(MKMF)」としてスタートし、約10年間は韓国国内で開催。
2009年より名称を「Mnet Asian Music Awards(以下通称:MAMA)」に変更。
2010年マカオでの開催を皮切りに、2011年にシンガポール、2012年~2016年には香港で開催。
世界中の音楽ファンたちが楽しむことのできる、アジア最高の音楽祭として成長し続けています。

■2017 MAMA 公式ホームページ(日本):http://jp.mnet.com/special/2017/mama.m
■2017 MAMA 公式ホームページ(グローバル:日本語表示あり):2017mama.com
■facebook(@mcountdown)
■twitter(@MnetMAMA)
■instagram(@mnet_mama)
■weibo(@mnetmama)

【Mnet チャンネル情報】 http://jp.mnet.com/
韓国100%エンターテインメントのCS放送局です。
最新K-POPや話題の韓国ドラマだけでなく、バラエティや旅、グルメ、ライフスタイル番組など、様々なジャンルの人気コンテンツをお届けしています。
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能
視聴方法⇒http://jp.mnet.com/support/tv_howTo_main.m

【Mnet Smart】 http://smart.mnet.com/
日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。
韓国で放送しているMnet Koreaと日本で放送しているMnet Japanのリアルタイム視聴ができるほか、Mnet Japanで放送された日本語字幕付きのバラエティ、音楽番組、ドラマなどを数多く配信中。
番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。
ベーシックプラン(月額:1,200円税抜)とプレミアムプラン(月額:2,300円税抜)の2種類から、ご視聴プランを選べます。

人気記事 おすすめ記事