韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年10月11日20時27分 金曜日 MBLAQイ・ジュン 「アイドルがベッドシーン?心配はしなかった。演技だから」(スターニュースインタビューより)(2/3)

イ·ジュンは10月24日封切りする映画「俳優は俳優だ」でスクリーンに帰ってきた。
「俳優は俳優だ」はキム·ギドク監督がシナリオを書いて、「ロシアン小説」や「いい俳優」などを演出したを演出したシン・ヨンシク監督がメガホンを取った作品。
シン・ヨンシク監督は、「ロシアン小説」で、昨年の釜山映画祭で韓国映画監督組合賞監督賞を受けた期待の主だ。
「俳優は俳優だ」は成功を夢見た端役俳優が一瞬にして絶頂の人気を得たが、一気に墜落する話。
イ·ジュンは「俳優は俳優だ」のアイドルとしては難しい全裸演技で破格ベッドシーンまで披露した。
それほど渇望が大きかったせいだろうか。
つづきのスターニュースのインタビュー記事をお届けします。

MBLAQイ·ジュン  スターニュースインタビューより(2/3)

Q.各種芸能番組でバカなアイドルというイメージを得た。しかし、そのようなイメージが演技をするには、助けになるだろうかという懸念はないか。
▶ないといえば嘘だ。以前は、私がいくらバラエティを多くやっても演技をする時、自分がうまくいけば、確かにそのようなイメージを忘れてくれるだろうと考えた。しかし、最近に入って演技をするときは、その俳優が普段どのような感じを持っているかが重要なようだった。だから、今回の映画が私には大きな挑戦である。
Q.アイドルは、ファンが作ってくれる。ファンの立場ではMBLAQのイ·ジュンが一度でなく、4回のベッドシーンを持つうえに、それも強制的なベッドシーンをするの嫌がるだろうと考えはしなかったのか。
▶いつまでアイドルをすることはできない。いつまでも綺麗で明るいことはできない。僕はたばこが好きでこの作品でも吸った。僕が本当に好きで幸せな仕事をすることを、ファンたちが好きではないことだとは思わない。
Q.一瞬にして頂点に上がったが墜落する役目を引き受けたのは。
▶一発で上がって一発で墜落する。その変化の瞬間を見せたかった。昨日成功し、今日の失敗する姿を感じさせてくれと思った。
Q.事実芸能界にいると、周りでそのような姿を見ることもあるのではないか。
▶皆さんが考えているほどあまり知らない。ただ僕はだから、常に行動を注意するようにしている。SNSもわざわざしない。私は大きな成功を納めるのではなく、無難に長くやっていこうという主義だ。僕が考える成功は、好きなことを長くやっていくことである。俳優は、長い間の夢だった。
Q.なぜ演技がしたかったのか。
▶子供たちは大統領が将来の夢と同じように、そのように子供の頃から俳優を夢見た。いくつかの理由があるのではなく、ある瞬間から僕がやっていきたいことだと思った。(つづく) →次頁
前頁へ 《スターニュースより》
MBLAQイ·ジュン 「アイドルがベッドシーン?心配はしなかった。演技だから」(スターニュースインタビューより)(1/3)
MBLAQイ·ジュン 「アイドルがベッドシーン?心配はしなかった。演技だから」(スターニュースインタビューより)(2/3)
MBLAQイ·ジュン 「アイドルがベッドシーン?心配はしなかった。演技だから」(スターニュースインタビューより)(3/3)

人気記事 おすすめ記事